テニス サーブ

その他

ラリー戦の中で冷静さを失いやすい人は、「コントロールされたボールで相手を動かしている」意識を持ちましょう

試合に勝てない人の特徴、一つはラリーが続かないこと。

なぜ続かないかと言えば、ラリーがつながっていく中で、冷静さを失ってしまうから。

3往復以上すると、気持ちが高ぶって「決めたい、ポイントを終わらせたい」となってしまう。

だんだんとフォームが崩れていくこと、アナタは気付いていますか?

 

ラリー戦の中で冷静さを失いやすい人は、「コントロールされたボールで相手を動かしている」意識を持ちましょう

 


 

■試合の中でラリーがつながっても、「普通」でいること

ラリーがつながる、試合で緊張した場面、長いポイントになる。

ことに慣れていない人は、試合で勝つのが難しい。

メンタルが弱い、と言う言葉で片づけたくは無いこの問題、アナタ自身冷静になって考えてみて下さい。

長いラリーになったときに、いつも通りにプレーが出来ますか?

あくまで普通でいること、をしっかり自分の中で考えてみて下さい。

 

■コントロールされたボールで、あくまで相手を動かすこと

テニスはコントロール勝負。

その配球で、相手を崩していくことが試合の中での「ラリー」なのです。

1ポイントの時間が長くなればなるほど、力は入ってしまうのはどこかで「自信」が無いから。

オープンコートを狙うのが早いのは、特にシングルスでは致命的です。

自信を養うには、練習も含めた「準備」しか無いのです。

相手を走らせる、その結果でポイントが決まる。

長いポイントでも、やることはいつもと変わらないのが強い選手、です。

 

■コントロールされたボール、であれば簡単にミスしない

試合に勝てない、ラリーの中で冷静さを失っている人は、どんな練習をしているのか。

きっと、まずラリーが続いていないと思うんですよね。

球出し練習でも、ネットミス、アウトミスが多いし気にしない。

だから試合になると、急に不安になる。

強い人、試合で結果を出している人に、聞いてみると良いですよ。

どんな練習を、どんな意識でしているのか・・・。

アナタとの違い、どこかにきっとあるはずです。

 

コントロール力を磨く、試合で使えるようにする、冷静さを保つ。

それって、技量以上に考え方の問題です。

初心者?関係無いと思いますよ。

上級者の人でも、試合に勝てない人はいっぱいいる。

今一度、練習から何から、試合から逆算して見直して欲しい。

そう、試合で結果を出すために・・・。

ピックアップ記事

  1. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  2. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  3. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  4. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  5. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを

関連記事

  1. その他

    テニスの草トー大会ほど、残酷なものは無い

    私は普段、テニス以外の競技も試合を観戦する機会が多い。それこ…

  2. テニス 試合

    その他

    テニスというスポーツは、アナタに何を求めているのだろう?

    一生懸命頑張っているのに、なかなかテニスが上達しない。そう悩ん…

  3. その他

    「甘ったれるな!トレーニングしろよ!」テニスのトーナメントを勝ち抜くには持久力は絶対必要!

    テニスを頑張っている皆、トレーニングはやっているだろうか?そう…

  4. テニス ミス

    その他

    テニスの試合でオムニコートに潜む罠、「ベースラインからストロークエース狙い」には要注意です

    オムニコートの特性、日本にいるとつい麻痺してしまいます。その是…

  5. テニス 粘り

    その他

    テニスの試合で、相手に攻撃される!と感じたら慌てずに、「逃げのコース」をイメージしておくこと

    相手の攻撃を、どう凌ぐか。テニスはネットを挟んで打ち合うスポー…

  6. その他

    テニス選手だったら、「テニス語」を使って海外の人とも仲良くなろう!

    昨日、久し振りに英語を話した。ちょっとした会話程度だったから、…

特集記事

  1. テニス 練習

    テニス知識

    テニスの試合、大会に必要な危機管理項目7つ
  2. テニス メンタル

    スマッシュ

    スマッシュのラケットセットは、スロートに沿えた手のひら主導で!
  3. その他

    「あなたの労力数値、どれくらい?」テニスの試合を勝ち進むには、労力管理能力が問わ…
  4. テニス 戦術

    ストローク

    打つ前に想像しないと、良いショットは生まれない
  5. テニス メンタル

    メンタル

    「負け癖」が付いている選手は、何かを変えることが出来ない人
PAGE TOP