ストローク

テニスの試合で、「相手のストロークのボールが浅くなる!」ことに気付く為に確認すべき5つのポイント

シングルスでもダブルスでも、「どのタイミングで攻撃して良いのか分からない」という方が多い。

テニスでは大前提として、ボールが短くなる、ときに攻撃していきやすい。

ネットに近い位置でアナタが打てる、方がより攻撃的にプレー出来ますよね。

試合に勝てない、攻撃力が弱い人は、まず「浅いボール」に気付くのが遅い。

この反応力の差が、そのまま実力差になっているのに早く気付いて欲しいと思うのです。

 

テニスの試合で、「相手のストロークのボールが浅くなる!」ことに気付く為に確認すべき5つのポイント

 


 

1.自分のボールが深いとき

自分が相手に対してどんなボールを打っているのか、もっと神経質になりましょう。

毎回自分が打っているボールが違うのに、自分の準備、対応は同じになってはいませんか?

しっかり深いボールを打ったときには、1歩前に入って浅いボールに備える。

深いストロークのボールは当然、相手からの返球が浅くなりやすいのです。

 

2.相手の打点が低い

ストロークの打点が低いと、浅くなる可能性も高くなります。

または、ぽわーんとつないでくるだけ、という場合もありますよね。

いずれにしても、次にアナタにとってのチャンスになる可能性が高い。

低い打点からのストロークは、テニス選手にとって特徴が出やすい。

特にバックハンドは、浅くなる選手が多いのでしっかり狙ってチャンスを待ちましょう。

 

3.相手の逆を突いたとき

ストロークのラリーをしていて、「相手の逆を突けた!」とき、ありますよね。

その返球は、きっと中途半端で浅くなる。

こういうときに、後ろで待っていてはダメ。

相手が打ってからの反応、でも全然遅いんです。

しっかり自分から「浅い!」雰囲気を早く感じ取って、攻撃していく姿勢を持ちましょう。

 

4.態勢が乱れているとき

イレギュラーバウンドなど、相手の態勢が崩れているときも、浅くなる。

こういう細かい変化に、身体が瞬時に反応出来るように、ハンターのような意識を持って下さい。

願っても無いチャンス、を逃していては試合で勝てない。

リズムが良い相手でも、転びそうになったり何が起きるか分からないのがテニス。

意識を高く持って、浅いボールへの反応速度を磨きましょう!

 

5.相手の当たり損ないのとき

ラケットの打球音が違う、または4.のように態勢が乱れて相手が当たり損ないになる、ことに気付けるかどうか。

当たり損ないでドロップショットになってしまう、なんて練習でもよくありませんか?

これって、アナタの失点です。

試合では、大事な場面でこういうことが起こり得るのが怖いところ。

相手の当たり損ないは、アナタが浅いボールをケアしてこそ、やっとアナタの得点になるのです。

 

チャンスは待っていても来ない。

いや、来たとしてもチャンスなんて一瞬です。

浅いボールは、反応が遅いと相手のナイスドロップショットになる。

これって、悔しいし得点が失点になる、最悪ですよね。

危機感を持って、浅いボールへの反応を磨いていきましょう!

ピックアップ記事

  1. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  2. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  3. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  4. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  5. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    フォアハンドストロークで回り込みが甘い人は、「ストレートにも打てるという雰囲気」が足りない

    ストロークを得意としている選手は、ほぼ全員「フォアハンドの回り込み」を…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    「フラットなストロークは、安定しない?」打点の高さで微調整すれば、フラットショットも大事な武器になり…

    フラット系のストロークが主体の選手、ジュニアの女子選手を中心にたくさん…

  3. テニス ボレー

    ストローク

    ストロークラリーで走らされているときには、「スライスのグリップで走り続ける」覚悟を持とう

    試合に強い人と、弱い人。上手い人はたくさんいるけど、なかなか試…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    「1、2のストローク」のタイミングで打てるようになると、アナタのテニスは変わる!

    高校の頃、素振りをやらされた。皆で一緒にやって、その時に掛け声…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークでスピン回転がかからない人は、ボールに合わせてスウィングを調整し過ぎ

    ストロークでスピンがしっかりかからない。スピン系のショットが安…

  6. テニス ポジショニング

    ストローク

    試合で効果的なアプローチショットは、「難しく打たずに、ポジショニングで精度を上げる」ことでポイントに…

    試合の中で浅いボールが来て、アプローチショットを相手に打ち込んでいく。…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    前衛で動きまくった後は、「動かないこと」が最高のフェイントになる
  2. テニス メンタル

    練習メニュー

    テニスでも何でも、「分かったつもり」が成長を止める
  3. テニス リターン

    リターン

    ダブルスの試合でのリターン、勝負どころでは「相手の前衛は、いない」ものと考えよう…
  4. テニス 部活

    ダブルス

    ダブルス初心者の方が意識したい、3つの基本戦術
  5. 戦術

    一番最初に、4番バッターをもってくる方が勝てる
PAGE TOP