テニス スライス

シングルス

シングルスに強くなりたければ、まず〇〇から意識しよう!

強い選手と、シングルスで戦う。

怖いようで、でもテニスの一番の醍醐味でもある。

強い相手、格上の相手ほど大事なのは、この意識。

テニスならでは、かも知れませんね。

 

シングルスに強くなりたければ、まず〇〇から意識しよう!

 


 

1.同じ失点でも、触って終わるのか?触れないで終わるのか?

これは実は、大違い。

やっぱり、触れないで終わったポイントは相手を乗せてしまう。

ただでさえ強い相手に、調子まで上げられたら試合にならない・・・でしょう。

いかに、厳しいサーブやショットを「触っておく」かどうか。

これは、技術や予測ももちろん大事ですが、「触っておけば、きっとプレッシャーになる!」と自分をプッシュすること。

これがまず、シングルスの試合は大事になります。

 

2.ポジショニングが肝になる、ことを意識しよう

テニスの試合、シングルスでも大事なのはポジショニング。

どんなにナイスショットでも、しっかり守るべき場所にいれば、触れないショットは少ないはず。

相手が打って来る、コースとコースの間にしっかり自分がいるのかどうか。

足の速さ、技術以上に、しっかり守れる場所にいるかどうかを、自分なりに意識してみましょう。

そうすれば、相手のエースで終わるような「フリーポイント」は減らせるはずです。

 

3.強い相手でも、「触って来る相手」は絶対に嫌なもの

アナタ自身、自分より弱い相手と戦うときのことを、考えて欲しい。

気持ち良く試合をしたいのに・・・しぶとく触ってくる。

「なんだよ!」と思って、もっと厳しいコースを狙いだして・・・いつの間にか、泥試合。

そんな経験、ありますよね。

ぜひ、シングルスの試合で格上相手に挑むときには、思い出して欲しい。

触って触って、フリーポイントを無くして相手に無理させよう、と。

 

粘るのは嫌だし、性に合わない・・・という人も、いるでしょう。

攻撃は大事、ですがまず相手の「調子を崩す、調子に乗せない」ことから入るのも、シングルスでは大事。

格上相手、攻撃的にいくのは試合の後半。

序盤はいかに、相手を調子に乗せないかを意識しておいて損は無い、です。

ピックアップ記事

  1. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  2. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  3. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  4. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  5. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…

関連記事

  1. シングルス

    シングルスの試合で、深いストロークが打てない方へ

    シングルスの試合に出ているけど、ストロークに深さが出ない。すぐ…

  2. シングルス

    「ただ粘るだけじゃ、試合に勝てない!」相手からミスを誘うシングルスの試合での粘り方5つ

    シングルスの試合、ミスの少ないテニスでの粘りは必要。何度も書…

  3. テニス 準備

    シングルス

    パッシングショットを、ランニングショットで打たせよう

    シングルスの試合で、相手を走らせる。これだけだと、なかなかポイ…

  4. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合で、「自分がサーブのとき、0-40になってしまった・・・」ときに必要な考えとは?

    試合のシチュエーションを考えながら、日々練習をすることはとても大切。…

  5. テニス 練習
  6. シングルス

    シングルスの試合で「相手を後ろに下げるストローク」が打てたときには、迷わず前に詰めていこう!

    シングルスの試合で、有効にネットプレーを入れていくには基本が大事。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス

    ボレー

    ボレーのときに身体が開く人は、胸から突っ込んでいるケースが多い
  2. テニス 観察

    戦術

    スローボールを混ぜるだけで、アナタの最速球速は上がり続ける
  3. テニス テニスボール

    メンタル

    与えられた課題をこなすだけなら、試合に必要なメンタルが育つ訳が無い
  4. テニス ダブルス

    フットワーク

    最後のネットイン、まで信じて走れる選手になれてるだろうか?
  5. テニス サーブ

    シングルス

    初めてのシングルスの試合で、準備したい4つの基本戦術
PAGE TOP