テニス スライス

シングルス

シングルスに強くなりたければ、まず〇〇から意識しよう!

強い選手と、シングルスで戦う。

怖いようで、でもテニスの一番の醍醐味でもある。

強い相手、格上の相手ほど大事なのは、この意識。

テニスならでは、かも知れませんね。

 

シングルスに強くなりたければ、まず〇〇から意識しよう!

 


 

1.同じ失点でも、触って終わるのか?触れないで終わるのか?

これは実は、大違い。

やっぱり、触れないで終わったポイントは相手を乗せてしまう。

ただでさえ強い相手に、調子まで上げられたら試合にならない・・・でしょう。

いかに、厳しいサーブやショットを「触っておく」かどうか。

これは、技術や予測ももちろん大事ですが、「触っておけば、きっとプレッシャーになる!」と自分をプッシュすること。

これがまず、シングルスの試合は大事になります。

 

2.ポジショニングが肝になる、ことを意識しよう

テニスの試合、シングルスでも大事なのはポジショニング。

どんなにナイスショットでも、しっかり守るべき場所にいれば、触れないショットは少ないはず。

相手が打って来る、コースとコースの間にしっかり自分がいるのかどうか。

足の速さ、技術以上に、しっかり守れる場所にいるかどうかを、自分なりに意識してみましょう。

そうすれば、相手のエースで終わるような「フリーポイント」は減らせるはずです。

 

3.強い相手でも、「触って来る相手」は絶対に嫌なもの

アナタ自身、自分より弱い相手と戦うときのことを、考えて欲しい。

気持ち良く試合をしたいのに・・・しぶとく触ってくる。

「なんだよ!」と思って、もっと厳しいコースを狙いだして・・・いつの間にか、泥試合。

そんな経験、ありますよね。

ぜひ、シングルスの試合で格上相手に挑むときには、思い出して欲しい。

触って触って、フリーポイントを無くして相手に無理させよう、と。

 

粘るのは嫌だし、性に合わない・・・という人も、いるでしょう。

攻撃は大事、ですがまず相手の「調子を崩す、調子に乗せない」ことから入るのも、シングルスでは大事。

格上相手、攻撃的にいくのは試合の後半。

序盤はいかに、相手を調子に乗せないかを意識しておいて損は無い、です。

ピックアップ記事

  1. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  2. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  3. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  4. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  5. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品

関連記事

  1. シングルス

    シングルスの試合も、やっぱりクロスラリーが基本になる

    シングルスの試合、コートは広いようで意外と打つコースは限られている。…

  2. シングルス

    テニスのシングルスの試合の中で、「苦しいときほど、相手とラリーをしよう」と考えられると強い

    テニスの試合、シングルスは特に・・・ですが、アナタが苦しければ、同じく…

  3. テニス 調子

    シングルス

    全仏オープン男子決勝で改めて感じた、「ムーンボールの活用」はシングルスの試合で絶対必要!

    全仏オープン男子決勝はジョコビッチ選手が制して、生涯グランドスラムを達…

  4. テニス ストローク

    シングルス

    初中級相手のシングルスの試合なら、「バックの浅いスペースにスライス」を徹底して打ってみよう

    テニスを始めて間もない、またはソフトテニスから移行してすぐの初中級プレ…

  5. テニス フットワーク

    シングルス

    シングルスの試合、徹底して同じコースを狙ってみない?

    シングルスの試合で、有効な作戦。シンプルですが、私はいつもこの…

  6. シングルス

    「シングルスが好きです」テニスの試合は基本的に粘りが重要、その中で・・・

    シングルスとダブルス、どっちが好きか・・・と言われると、「う~ん・・・…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「自分を盛り上げてくれるのは自分しかいない」のです
  2. テニス ダブルス

    メンタル

    テニスの練習中に、「何気無く2バウンドで返球する」癖は、絶対に直しましょう
  3. テニス サーブ

    サーブ

    セカンドサーブが入って、「安心する一瞬の隙」を無くしていこう
  4. メンタル

    悔しい気持ちを、誤魔化してはいけない
  5. テニス サーブ

    メンタル

    「自分はメンタルが弱い」と思っているなら、「メンタルの強さ」が求められる場面を作…
PAGE TOP