テニス スライス

シングルス

シングルスに強くなりたければ、まず〇〇から意識しよう!

強い選手と、シングルスで戦う。

怖いようで、でもテニスの一番の醍醐味でもある。

強い相手、格上の相手ほど大事なのは、この意識。

テニスならでは、かも知れませんね。

 

シングルスに強くなりたければ、まず〇〇から意識しよう!

 


 

1.同じ失点でも、触って終わるのか?触れないで終わるのか?

これは実は、大違い。

やっぱり、触れないで終わったポイントは相手を乗せてしまう。

ただでさえ強い相手に、調子まで上げられたら試合にならない・・・でしょう。

いかに、厳しいサーブやショットを「触っておく」かどうか。

これは、技術や予測ももちろん大事ですが、「触っておけば、きっとプレッシャーになる!」と自分をプッシュすること。

これがまず、シングルスの試合は大事になります。

 

2.ポジショニングが肝になる、ことを意識しよう

テニスの試合、シングルスでも大事なのはポジショニング。

どんなにナイスショットでも、しっかり守るべき場所にいれば、触れないショットは少ないはず。

相手が打って来る、コースとコースの間にしっかり自分がいるのかどうか。

足の速さ、技術以上に、しっかり守れる場所にいるかどうかを、自分なりに意識してみましょう。

そうすれば、相手のエースで終わるような「フリーポイント」は減らせるはずです。

 

3.強い相手でも、「触って来る相手」は絶対に嫌なもの

アナタ自身、自分より弱い相手と戦うときのことを、考えて欲しい。

気持ち良く試合をしたいのに・・・しぶとく触ってくる。

「なんだよ!」と思って、もっと厳しいコースを狙いだして・・・いつの間にか、泥試合。

そんな経験、ありますよね。

ぜひ、シングルスの試合で格上相手に挑むときには、思い出して欲しい。

触って触って、フリーポイントを無くして相手に無理させよう、と。

 

粘るのは嫌だし、性に合わない・・・という人も、いるでしょう。

攻撃は大事、ですがまず相手の「調子を崩す、調子に乗せない」ことから入るのも、シングルスでは大事。

格上相手、攻撃的にいくのは試合の後半。

序盤はいかに、相手を調子に乗せないかを意識しておいて損は無い、です。

ピックアップ記事

  1. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  2. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  3. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…
  4. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  5. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと

関連記事

  1. テニス スポーツ

    シングルス

    シングルスの試合では「自分の事より相手の事」をしっかり意識して、試合に勝つ

    どんなにたくさん試合経験を積んでも、シングルスの試合はやっぱり緊張しが…

  2. シングルス

    粘り強いシコラー相手には、考える時間を与えてあげれば良い

    シングルスの試合で、ただ弱く返して来るようなタイプの選手。嫌で…

  3. シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「クロスラリーからストレートに展開する有効な」タイミングとは?

    シングルスの拮抗した試合で、ラリーの多くを占めるのはクロスラリー。…

  4. テニス 格上相手

    シングルス

    シングルスの試合で勝てない人は、「ストロークで崩しても前にいない」だけの話かも・・・

    シングルスの試合を観ていると、テニスは本当にポイントを「締める」技術が…

  5. シングルス

    シングルスの試合で使える、左右に走らされた時のボールへの入り方の基本

    シングルスの試合は、どうしても左右への動き、が多くなりますよね。…

  6. テニス フットワーク

    シングルス

    シングルスの試合、遅いボールで相手を動かすことが大事

    良いショットを打っていても、なぜか試合で決まらない。自分の攻め…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス サーブ

    スマッシュ

    意外とスマッシュ時に、横向きが出来ていない人が多い
  2. テニス メンタル

    テニススクール

    テニスコーチに教わっている人は、コーチの本音を引き出そう
  3. ボレー

    低い態勢でポーチに出る、だけで生み出せる5つのメリット
  4. テニス

    テニス知識

    夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  5. テニス ストローク

    ストローク

    フォアハンドの回り込みストロークは、「しっかり高い起動」で大きく打つと相手を押し…
PAGE TOP