シングルス

「ただ粘るだけじゃ、試合に勝てない!」相手からミスを誘うシングルスの試合での粘り方5つ

シングルスの試合、ミスの少ないテニスでの粘りは必要。

何度も書いてきましたが、「でもただ返球し続けるだけじゃ、勝てないのでは・・・?」という質問も、多く頂きました。

確かに、本物の格上相手では普通に粘っていても攻撃されて粘り切れない。

ポイントは、いかに「相手からミスをもらうか」です。

シングルスの試合で改めて、この問題について考えてみましょう!


1.シングルスの試合も、基本はセンターセオリー

苦しいときには、センターに深く返球、が基本です。

真ん中の深い位置からは、相手も角度を付けた攻撃がし辛い。

無理してミスしてくれるような可能性が高くなる、ので有効です。

センターからの攻撃には、きっと耐えることが出来る。

困ったとき、とにかく左右に走らされたときには、相手コートの奥深くセンターを狙って返球しておきましょう。

→YouTube公式チャンネルへの登録はコチラ



2.バックハンドの浅い箇所を狙う

バックハンドの少し浅い箇所、は狙い目です。

なぜなら、フォアハンドで無理して周り込んでくれる可能性が高いから。

無理した回り込み、で浅いボールなので打点も低い・・・ので、実はミスを誘える球種になりやすい。

出来ればアナタがスライス回転のショットを打って、打点を下げさせることが出来ると良いでしょう。

相手が両手バックハンドの使い手、であればきっと有効です。



3.緩いファーストサーブでリターンミスを誘う

意外と有効なのが、緩いファーストサーブ。

そう、ファーストサーブを少し遅めに打つポイントを作ると、相手はタイミングがずれてリターンミスをしてくれる可能性がある。

合わせるリターンが上手い選手、ファーストサーブも厳しく攻撃されているようなときには、こういう緩いボールも積極的に使っていきましょう。

思った以上に、効果的だと思いますよ。



4.当てて返球、で粘るのではなく回転はしっかりかける

粘れない選手のストロークは、回転量が足りない。

ボールに合わせて返球しているだけだと、相手は打ち込みやすい。

粘るにせよしっかりラケットは振り切る、回転をかけることはストロークで絶対に意識を強く持ちましょう。

その為には、まず準備を速く。

そしてアウトになっても良い、くらいのつもりでしっかりラケットは振り切ること。

バウンド後も伸びるボールを打ってこそ、相手はミスしてくれるのがテニスです。



5.粘る中でもどこかで「ネットプレー」を入れる

ただ粘っている相手、はやっぱり怖く無い。

だって攻撃してくる雰囲気が無い、と相手は精神的に楽。

「この相手は、攻撃はしてこないな・・・」と思わせておいて、実は試合の中盤から急にネットに出てみる。

と、相手は急に焦り出してミスも増えるでしょう。

精神的な揺さぶりをかけるからこそ、相手はミスをしてくれる。

待っているのではなく、ミスは積極的にもらいにいきましょう。



粘っている中でも、しっかり工夫をして相手の出方を伺う。

細かい変化、見逃してはいけません。

小さい発見が、アナタの勝利の種になるはずです。

ピックアップ記事

  1. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  2. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  3. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  4. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  5. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう

関連記事

  1. シングルス

    テニスの試合、我慢こそ運を呼ぶきっかけになる

    テニスの試合、最後に勝てる人は我慢が出来る。序盤にしっかり、…

  2. テニス ストローク

    シングルス

    「アプローチショットを深く&ドロップショット」は、黄金パターン

    シングルスの試合、まず一つ攻撃のパターンが欲しいと思ったとき。…

  3. テニス サーブ

    シングルス

    シングルスに強い選手が、ネットプレーで考えていること

    シングルスに強い選手が、ネットプレーで考えていること。これは、…

  4. シングルス

    「シングルスが好きです」テニスの試合は基本的に粘りが重要、その中で・・・

    シングルスとダブルス、どっちが好きか・・・と言われると、「う~ん・・・…

  5. シングルス

    テニスの試合では、「前のスペースを潰す」ことにもっと神経質になろう

    テニスの試合では、意外と見落とされているけど大事な要素がある。…

  6. シングルス

    シコラーを攻め切るには、シングルスでこの作戦!

    シングルスの試合、粘り強い相手との試合。それだけで、ちょっと気…

特集記事

  1. ストローク

    深いボールも、慌てなくて良い理由とは?
  2. ロブ

    風が強い中でのロブ、どうやって使おう?
  3. テニス サーブ

    サーブ

    「サーブが入らなくて、負けた」という言い訳、何回目?
  4. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーになると「呼吸を止めてしまう」人は多い
  5. テニス サーブ

    サーブ

    初心者でも簡単に試合で使える、山なりで深いサーブを身に付けるには、「椅子に座って…
PAGE TOP