シングルス

「ただ粘るだけじゃ、試合に勝てない!」相手からミスを誘うシングルスの試合での粘り方5つ

シングルスの試合、ミスの少ないテニスでの粘りは必要。

何度も書いてきましたが、「でもただ返球し続けるだけじゃ、勝てないのでは・・・?」という質問も、多く頂きました。

確かに、本物の格上相手では普通に粘っていても攻撃されて粘り切れない。

ポイントは、いかに「相手からミスをもらうか」です。

シングルスの試合で改めて、この問題について考えてみましょう!


1.シングルスの試合も、基本はセンターセオリー

苦しいときには、センターに深く返球、が基本です。

真ん中の深い位置からは、相手も角度を付けた攻撃がし辛い。

無理してミスしてくれるような可能性が高くなる、ので有効です。

センターからの攻撃には、きっと耐えることが出来る。

困ったとき、とにかく左右に走らされたときには、相手コートの奥深くセンターを狙って返球しておきましょう。

→YouTube公式チャンネルへの登録はコチラ



2.バックハンドの浅い箇所を狙う

バックハンドの少し浅い箇所、は狙い目です。

なぜなら、フォアハンドで無理して周り込んでくれる可能性が高いから。

無理した回り込み、で浅いボールなので打点も低い・・・ので、実はミスを誘える球種になりやすい。

出来ればアナタがスライス回転のショットを打って、打点を下げさせることが出来ると良いでしょう。

相手が両手バックハンドの使い手、であればきっと有効です。



3.緩いファーストサーブでリターンミスを誘う

意外と有効なのが、緩いファーストサーブ。

そう、ファーストサーブを少し遅めに打つポイントを作ると、相手はタイミングがずれてリターンミスをしてくれる可能性がある。

合わせるリターンが上手い選手、ファーストサーブも厳しく攻撃されているようなときには、こういう緩いボールも積極的に使っていきましょう。

思った以上に、効果的だと思いますよ。



4.当てて返球、で粘るのではなく回転はしっかりかける

粘れない選手のストロークは、回転量が足りない。

ボールに合わせて返球しているだけだと、相手は打ち込みやすい。

粘るにせよしっかりラケットは振り切る、回転をかけることはストロークで絶対に意識を強く持ちましょう。

その為には、まず準備を速く。

そしてアウトになっても良い、くらいのつもりでしっかりラケットは振り切ること。

バウンド後も伸びるボールを打ってこそ、相手はミスしてくれるのがテニスです。



5.粘る中でもどこかで「ネットプレー」を入れる

ただ粘っている相手、はやっぱり怖く無い。

だって攻撃してくる雰囲気が無い、と相手は精神的に楽。

「この相手は、攻撃はしてこないな・・・」と思わせておいて、実は試合の中盤から急にネットに出てみる。

と、相手は急に焦り出してミスも増えるでしょう。

精神的な揺さぶりをかけるからこそ、相手はミスをしてくれる。

待っているのではなく、ミスは積極的にもらいにいきましょう。



粘っている中でも、しっかり工夫をして相手の出方を伺う。

細かい変化、見逃してはいけません。

小さい発見が、アナタの勝利の種になるはずです。

ピックアップ記事

  1. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  2. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  3. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  4. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  5. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう

関連記事

  1. テニス フットワーク

    シングルス

    レベルの高いシングルスの試合では試してみたい、「ドロップボレー誘導作戦」とは?

    ネットに出て行ってドロップボレーをよく使う。どういう時にドロッ…

  2. テニス 調子

    シングルス

    全仏オープン男子決勝で改めて感じた、「ムーンボールの活用」はシングルスの試合で絶対必要!

    全仏オープン男子決勝はジョコビッチ選手が制して、生涯グランドスラムを達…

  3. テニス ガスケ

    シングルス

    シングルスのネットダッシュは、必ず1フェイント入れよう

    シングルスのネットプレー、みなさんにキーワードを一つ。華麗に前…

  4. テニス シングルス

    シングルス

    アナタのシングルスの試合を勝利に導く、30のポイント

    シングルスの試合、自分一人の孤独の戦い。だからこそ、勝っても負…

  5. シングルス

    シングルスでネットに出るのが、怖い方に

    シングルスでも、ネットに出ましょう!と、言い続けて来ましたが、…

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「緊張感の中で・・・」テニスの試合で実力を発揮する為に、必要なイメージとは?
  2. テニス メンタル

    その他

    今すぐに「カッコイイ、可愛い髪型」になるには、どうすれば良い?
  3. テニス 疲れ

    メンタル

    みんな誰しもが、試合5分前になると「現実主義者」になるのがテニスです
  4. テニス サーブ

    メンタル

    テニスの試合、ここぞの場面で強い選手になるには「プレッシャーの中での自分のプレー…
  5. ストローク

    フォアハンドストロークの回り込みを、「丸く回り込んでる」人はもったいない!その理…
PAGE TOP