テニス メンタル

シングルス

シングルスの試合で、「自分がサーブのとき、0-40になってしまった・・・」ときに必要な考えとは?

試合のシチュエーションを考えながら、日々練習をすることはとても大切。

分かってはいるけど、実際に試合になってみて「あぁ・・・こんな場面の為に、練習しとけばよかった・・・」となってしまうこと、ありますよね。

私の経験上、0-40のときにサーブを打つ時に、「もっとしっかり、練習しておけば良かった・・・」と考えてしまうことが多かったです。

そう、こんなピンチの場面、テニスの試合ではたくさん乗り越えていかないといけません。

今回は、0-40で自分のサーブの場面、さてどうする?

を一つのケースとして、考えてみたいと思います。

 

シングルスの試合で、「自分がサーブのとき、0-40になってしまった・・・」ときに必要な考えとは?

 


 

1.「0-40」からはまず1ポイント、しっかり手堅くプレーする

まずは手堅く、1ポイントを返したいところ。

ファーストサーブを入れて、そしてラリーに持ち込んで自分からはミスしない。

高い軌道のストローク、自分が安定して打てる範囲で相手をジワジワ追い込んでいく。

この形でまず15-40にする、というのが大切だと思います。

 

2.「15-40」になったら、相手のミスを誘いたい

相手も、まだまだ余裕があるかも知れません。

この場面、15-40の1ポイントが、このゲームでは一番重要だと私は思います!

一般の大会では、サーブ側が圧倒的に有利というシチュエーションも少ないはず。

であればその相手の余裕=心の隙が、ミスに繋がってくれるように密かに誘導したい。

耐えて耐えて、ポイントをもぎ取ることが出来れば、アナタのチャンスは広がります。

アナタ自身のミスは少なくしたい、そして相手に攻撃されても慌てないことが大事です。

 

3.「30-40」までくれば、実は心理的には五分五分

30-40までポイントを戻すことが出来れば、もう心理的な部分は五分五分と見て良いでしょう。

むしろ、リードしているリターン側が焦ってきている可能性は大。

ここで意識したいのは、アナタの得意のパターンでしっかり「攻撃」していくこと。

今までの2パターンは粘りをしっかり見せることを意識していましたので、ここぞという場面で、攻撃に転じたい。

相手もきっと、驚いて焦ってくれて崩れてくれるはず。

例え失敗してブレイクされたとしても、ゲームはアナタ自身が支配しているので問題は無いでしょう。

きっと次のゲームにも、良い流れを繋げていけるはずです。

 

「色々書いてあるけど、結局粘れってことか・・・」と、期待外れに感じた方もいるでしょう。

そうです、粘るのが基本なんです。

負けているとき、ポイントを先行されたときには、まずこの意識が大事だということは覚えておいて下さい。

今回紹介した流れは、あくまで私がシングルスを戦うときに考えているパターンです。

ぜひ、アナタ自身の流れも作ってみてください。

これは想像で良いので、まずはテニスノートに文字で書いてみること。

きっと試合でのイメージも膨らむはず。

ぜひ、試してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  2. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  3. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  4. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  5. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①

関連記事

  1. シングルス

    「シングルスの戦い方」はテニスの試合ではシンプルに考えて実践!

    シングルスの時、どういう作戦でプレーする?相手によって変わって…

  2. テニス メンタル

    シングルス

    格上相手に、なぜ序盤が大事なのか?

    格上相手の選手との試合、厳しくなるのは・・・アナタ次第。序盤を…

  3. テニス ストローク

    シングルス

    相手のミス待ちの選手から、試合を動かせる選手に変わっていくには、何が必要?

    今、試合に出ながら「壁」にぶつかっている方。特にシングルスで、…

  4. テニス ストローク
  5. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合、パッシングショットの使い方の大原則とは?

    パッシングショット、シングルスで打つ場面を考えてみて下さい。き…

  6. テニス サーブ

    シングルス

    シングルスの試合では、「相手は簡単にミスしない」の精神で試合に入ること

    私は何度も、「相手からミスをもらうこと」の重要性を書いて来ました。…

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    格上の上位選手に対して、「このまま勝ってしまって良いのか?」という問いかけに、打…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    「さぁ、チャンスボールだ!・・・どうする?」テニスの試合では打つコースをどう隠す…
  3. テニス スポーツ

    戦術

    負けている時は、焦るな、もがくな
  4. 戦術

    ダブルスの試合で有効な、「2球連続前衛攻撃」とは?
  5. テニス ダブルス

    練習メニュー

    テニスにおいて「雁行陣の弱点」をケアする為の練習メニュー
PAGE TOP