ダブルス

ダブルスのペアと考えたい、「自分はデュースサイド、アドバンテージサイド、どっちが向いている?」という問題について

テニスにはシングルスでもダブルスでも、サイドはデュースサイドかアドバンテージサイド、このどちらかしかありません。

当然ポイントは交互にサイドを変えながら進めていきますが、ダブルスでは担当のリターンサイドは選ぶことができる。

逆に言えば、硬式テニスではどちらかのサイドで「後衛」をやらないといけない。

ペアでどちらを担当するか・・・一度真剣に考えてみるのは有りかも知れません。

今回はその判断材料になればと思い、ダブルスのサイドにおける基本的な考え方をリターンの視点から見ていきます。

 

ダブルスのペアと考えたい、「自分はデュースサイド、アドバンテージサイド、どっちが向いている?」という問題について

 


 

■「デュースサイド」がゲームメーカーとして試合を引っ張る

私の主観ですが、デュースサイドのリターンの選手がゲームを作るペアが多い。

必ず最初にリターンをするポジションですし、15-15、30-30のようなオールのポイントで優位に立つには手堅いプレーのほうが有効だったりします。

後は、センターへのサーブがバックハンドになるので、ここをしっかりリターンできる技術も必要。

前衛を活かすことができる、オールラウンドで、様々な技術の引き出しが多くて安定感のある選手が向いているでしょう。

 

■アドバンテージサイドの選手には、「爆発力」が欲しい

逆にアドバンテージサイドの選手はどうか?

リターンのときに、ブレイクポイントやゲームポイントが回ってきやすいのがこちらのサイド。

思い切ったプレーで相手の意表を突いたり、フォアハンドで回り込んでストレートを打ったりと、メリハリのあるプレーが出来るほうが良い。

大事なポイントが多いので、むしろ手堅い方が良いのでは?という考え方もあるでしょう。

あえて私は、その安定感よりも爆発力を取りたい。

それくらい、ダブルスのアドバンテージサイドでは「何か思い切ったこと」をやることが求められます。

 

■お互いの特徴をペアで確認して共通認識を持つ

リターンでサイドを選ぶのと同じように、サーブの順番も大事ですね。

どちらの選手から、先に打ち始めるのかが重要です。

「そんなの、サーブが得意な人から打てば良いじゃん?」と思った方は、まだまだ視野が狭い。

サーバーだけでなく、「前衛が得意な選手を、先に前衛でプレーさせる」という視点だってあります。

私はこのタイプで、最初は絶対に前衛からプレーしたい、動いて相手にプレッシャーをかけたいタイプです。

 

こういった作戦、準備、どこか「フワッと」決めてしまっていませんか?

私が見ていてまずいと思うのは、「自分はどっちでも良い」と相手任せにしてしまっている選手。

日本の学生の皆さん、社会人の皆さん、ほとんどがこれです。

はっきり言って、テニスは成長しません、そんな考えでは。

しっかり自分の意見を持って、相手に伝えて「試合に勝つ為に」何がベストかを考える。

こういった習慣は、日々意識を強く持って欲しいと思います。

ピックアップ記事

  1. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  2. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  3. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  4. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  5. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…

関連記事

  1. ダブルス

    「自分よりかなりテニスが上手い選手とダブルスを組むことに・・・」アナタが意識するべきこととは?

    部活やサークルで、「この人、自分より全然上手いなー」と感じている人と、…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    初対面の人とペアを組むときに、意識したいコミュニケーション4つ

    社会人の方やスクールで頑張る皆さん、の中には、初対面の方とダブルスペア…

  3. テニス メンタル

    ダブルス

    ポジションを上手く移動出来れば、相手は勝手に自滅してくれる

    色々なスポーツには、「フェイント」という技術がある。サッカーや…

  4. テニス サーブ

    ダブルス

    ポーチのコースの打ち分けは、センターラインを超えるかどうかで決める

    ダブルスの試合で、私自身が前衛で意識していること。もちろん、基…

  5. ダブルス

    「ダブルスの連携術」はテニスの試合の中での優先権の確認から!

    ダブルスで大事なことは、パートナーとの連携。その連携プレーを利…

  6. テニス ストローク

    ダブルス

    困ったときのロブ頼みの癖を直さないと!

    ダブルスの試合、一般やベテランの皆さんの試合を観ていると感じること。…

特集記事

  1. テニス フットワーク

    リターン

    ダブルスの試合でリターンのコースをギリギリまで隠して打ち分ける、ある裏ワザを考え…
  2. テニス サーブ

    サーブ

    テニスにおいて、「サーブはスピードよりもリターナーの位置を確認」するだけで、エー…
  3. テニス サーブ

    サーブ

    「速いけど確率が悪いサーブ」を変えていくなら、ラケットとボールが当たる表面積を変…
  4. テニス 感覚

    メンタル

    テニスの試合で負けたとき、それは対戦相手からのメッセージだと受け止めよう
  5. テニス ボレー

    ボレー

    ハイボレーで顔を残すことが出来れば、打てるコースは自然に拡がる
PAGE TOP