戦術

優勢になってこそ、攻める

最近私自身が試合をしていて、いや練習から、大事だなと思うこと。

これ、なかなか出来るようで出来ないんですよね…。

自分が良い状態になった時、リードした時こそ、逆に怖いのが勝負の世界。

みなさんもご経験、あると思います。

優勢になってからが、本当の勝負。

分かっちゃいるけど…というみなさん、一緒に意識から変えていきましょう!

そもそも、大して優勢でもない

という話、なんです。

私も試合をしていて、「これは良い感じで押せているぞ…」と思ったら、逆転負けをしてしまう。

「いやー優勢だったんですけどね…」みたいな話をした時に、相手の方に言われたんですよ。

「それは、自分で思っているだけかも知れませんよ」と。

これだけ聞くとすごく嫌な相手みたいですが、私がすごく信頼して尊敬しているテニス仲間なんです。

そうか、そうなのか、と。

相手は全然慌てていないし、むしろどっしり構えている。

勝手に優勢だと思い込んで、安全な手を選んでいた自分が恥ずかしくなる。

テニスはラリーの中でも、試合全体の中でも、いつでも優勢は覆っていく競技なんだと。

本当に、考えを改めないといけないと感じました。

リードしている時に、変化する

試合の中で、自分がリードしたら…どうしましょう。

それを守るのではなく、リードを活かす為に自分が変化する。

分かりやすく言えば、相手はより安全策を取ろうとしますから、そこを潰しにかかる。

負けているのに危ないコースを狙うのは、誰だって嫌ですよね。

これをやらないで自分が安全策ばかり取っている、ポーチに出ない、ストレートに打たない、サーブのコースや球種を変えない…のは本当に危険。

これは、技術がある、無しの問題ではありません。

そう、駆け引きの問題。

先日の女子ダブルスのレッスンイベントでも、土居コーチのこの言葉がとても印象的でした。

駆け引きで負けているだけなのに、「優勢な状況から負けたのは、技術力不足」と決めつけてもダメ。

しっかりと、本質と向き合うことを意識したいですね。

見えない「恥」に気付こう

「優勢なのに、手を緩めずにガンガン攻める」

これ、ややもすれば周りから「容赦ない人」に見えるかも知れません。

あそこまで、徹底して勝ちにこだわるのか、と。

いや、これが大事なんですよ。

そうしないと、いつでも手負いの相手から反撃を喰らうのがスポーツであり、ゲームですから。

相手が嫌がることをしない、というのはおかしな話。

優勢になってから、リードを奪ってから作戦を変える、自分を変えるのは当然のことだと思います。

どこかに、自分が恥ずかしい…と感じているなら。

それはただ、周りの目を気にして逃げているだけでしょう。

見えない恥、自分が気付いていない恥ずかしがっている部分に、気付けるかどうか。

勝負の世界で勝ちたいなら、まずココを乗り越えていきたいですね。

大丈夫です、ちゃんと見てる人は見てますから。

何か言って来る人は、無視しておけば良いんです。

ピックアップ記事

  1. 【重要です:視聴者アンケート】ご協力のお願い
  2. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  3. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  4. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  5. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム

関連記事

  1. テニス 評価

    戦術

    テニスの試合の中で、「こういう時は、こうする」と決めているプレー、いくつありますか?

    皆さんが試合の中で、「決めていること」いくつあるでしょうか?気…

  2. テニス マナー

    戦術

    「初心者」という意識を捨てた人から、テニス選手として巣立っていく

    無意識にでも、自分の心の中に潜んでいるもの。それは間違いなく行…

  3. テニス ボレー

    戦術

    あえて言います、40-40の1本勝負では、強気でいきましょう!

    これは、最近の私のテーマでもあります。今までは、ダブルスの試合…

  4. テニス ボレー

    戦術

    「つなぐだけなら、誰でも出来る?」出来ないって、本当に

    粘るスタイルの選手のみなさん、はいつも誤解されがち。「あのス…

  5. テニス メンタル

    戦術

    試合で「複数の選択肢」が浮かぶ、ときはきっと自分の調子が良い時

    自分の調子が良い、と感じる時。これって、良いことばかりではあり…

  6. 戦術

    かわすだけ、では試合で勝てない

    みなさんも試合の中で、上手く相手を「かわす」という機会は多いと思いま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    ボレー

    「せっかく作ったチャンスを・・・」テニスのハイボレーをふかしてしまう人へ贈る5つ…
  2. テニス メンタル

    ストローク

    「実はこれが究極のショット」テニスの試合の勝敗は、バウンド後の軌道が肝!
  3. ボレー

    前へ押す力は、全てに通ずる
  4. テニス ボレー

    ボレー

    ポーチボレーのコントロールは、「先にラケット面を作ってから動く」に限る
  5. 練習メニュー

    出来ない頃は、楽しかったよね
PAGE TOP