その他

YouTubeをやると分かる、一生懸命の大切さ

最近また、色々なところでYouTubeに関して声をかけて頂けるようになりました。

「観てます!」と言われるだけでも本当に嬉しい限りですが、それ以上に嬉しいのが「役に立ってます」と言われること。

T-PRESSの動画が、誰かの役に立っているということ。

これが私自身の全てだと思っています。

一生懸命動画を更新して、良かったなと。

そう、当たり前のようですがこの一生懸命さが大事なんだ、と。

それは、同じようにテニスのYouTubeチャンネルを運営する方にお会いすると、よく分かるんですよね。

一生懸命、良い動画を作る

もちろん、全てのみなさんを満足させることは出来ません。

私たちのチャンネルを観て、不快に感じる方もいるでしょう。

役に立たないと思う方も、多いはずです。

でも、私たちなりに一生懸命、作っている。

それだけで良いと思うんです。

あとは、視聴者の皆さんが評価すること、ですから。

大事なのは、一生懸命に取り組んでいるかどうか、視聴者のみなさんを想像しながら作れているかどうか、です。

「そんなの、当たり前じゃない?」と思うと思います。

でもこの一生懸命、なかなか継続するのが難しいんです。

周りに伝えるのも、恥ずかしいものなんです。

「片手間でやってますから」

こういう声をYouTubeのチャンネル運営者から聞くと、こう思います。

「このチャンネルは、伸びないな」と。

もしかしたら、本気で取り組んでいるのを恥ずかしがっているのかも知れませんが。

一生懸命やっていることを、自分で言葉に出来ない人は空しい。

そして、結果は出ないんです。

視聴者にも絶対に伝わりますから。

逆に今は実力が無くとも、結果が出ていなくとも、「一生懸命やっています」と言える人は強いですよ。

その一言が言える人は、周りを巻き込んでいける。

私だって、協力したいと思います。

でもほとんどのテニス系のYouTubeチャンネルの運営者は、こう言います。

「片手間でやってますから」と。

一生懸命の失敗は、必ず誰かが見ている

不思議なもの、なんですよね。

一生懸命やった結果の失敗は、必ず誰かが見ている。

そして、「大丈夫、次がある」とチャンスをくれるんです。

みなさんも、思い出してみて下さい。

一生懸命やって失敗した人を、責めたいと思いますか?

その人は、どんな眼をしてましたか?

人の心を動かすのは、いつだって人の力です。

「こんな世の中になって欲しいな」という想いです。

私はいつでも、迷ったらココに立ち戻るように意識しています。

「自分は、T-PRESSは、テニスを通じてどんな社会を作りたいんだ?」と。

その為の失敗なら、何にも怖くないんですよね。

だって、視聴者のみなさんはきっと理解してくれている。

勝手にそう信じて、これからもひたすら一生懸命、動画や記事を更新していきます。

ピックアップ記事

  1. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  2. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…
  3. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  4. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  5. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと

関連記事

  1. その他

    「上級生について行けば良い」という考えは止めよう

    アナタ自身がもし一年生なら、練習メニューは上級生が決める?その…

  2. テニス サイト

    その他

    テニスの試合が確実に強くなる!「スマートフォンの活用方法」5つ

    皆さんが普段使っているスマートフォン。せっかく多機能ですので、…

  3. テニス セルフジャッジ

    その他

    セルフジャッジの試合では、「相手に聞こえる声でコールする」のが基本ルールです

    セルフジャッジで揉めるケース、色々ありますよね。ジャッジで入っ…

  4. テニス 錦織圭

    その他

    「とりあえず上手い人を真似てみて、型から入る」ことが出来る人は、テニスの上達が早い

    テニスの上達が早い人には、共通点がある。体格や経験、運動神経じ…

  5. テニス メンタル

    その他

    【保存版】「テニスノートを活用して試合に勝つ!」ために必読な10記事

    今回は、テニスノートに関する記事を人気アクセス順にまとめてみました。…

  6. テニス 雨

    その他

    所属で人を判断してしまうのは、ただそれが楽だから

    テニスの大会、個人戦を見るとほとんどの試合が「個人名(所属)」の形で、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 試合

    練習メニュー

    意図のあるミス、を出来ない人に成長無し
  2. テニス ウェア

    フットワーク

    「身体が勝手に反応してくれた」ときの感覚は、テニスで大事にして欲しい
  3. テニス ストローク

    ストローク

    身長が低い人に対して、高いバウンドを使わない手は無い
  4. テニス 準備

    サーブ

    セカンドサーブ、上に振り抜けば大抵は入る
  5. ストローク

    伸びてくるストローク、返し方の基本
PAGE TOP