戦術

なぜセンターが、重要なのか?

最近のダブルスの動画では、センターセオリーの重要性を説いているケースが多いですよね。

これ、そもそも「なんで?」と思う方が多いと思います。

試合では、もっと相手を追い込まないと逆襲されてしまうんじゃ…。

強い相手には、通じないんじゃ…と思う方も、特に試合に出ている方で、多いと思います。

センターを攻めて、攻めて、とにかく自分たちが苦しい時はセンターに返球して…なぜ、これが必要なのか。

一言で言えば、それは自分たちを自分たちで苦しめない為、なんですよね。

動画はコチラ

ズレても良い!と思えるから楽

私も相手コートの真ん中、センターを狙う時は、この意識が強いです。

一言で言えば、多少ズレても良いんですよね。

ど真ん中、からズレても良い。

ライン際を狙う訳ではないので、精神的にもすごく楽なんです。

ライン際を狙うと、ナイスショットとアウトって紙一重じゃないですか。

だから、自分でもハラハラするし、落ち着かない。

入ったかどうか、どこかで気にしてしまって次の構えや予測が遅れることもある。

でもセンターなら…?

そう、多少ズレてもアウトにはならないし、ゾーンで考えれば大成功!となる訳です。

「ちょっと考えさせて!」が出来る

ダブルスの速い展開の中でも、センターへの返球が有効な理由。

それは、私なりに言えば「ちょっと考えさせて!」と一度相手にボールを渡す。

サッカーで言えば、自分でドリブルをしてキープしている状態に近いと思います。

テニスは必ず相手に打ち返さないと失点になる競技ですから、ドリブルは出来ないんですけど…でも、しっかり自分がキープしている感覚。

相手に優位は渡さない、センターからは相手もそう簡単に一発で決められないですから。

まず相手に返して、でも自分たちの優位は渡さない。

そういう意識で打てると、センターって何て楽なんだろうと思いますよ。

「ごめん!ちょっと考えさせて!」が出来る訳ですから。

もしセンターに打たれる側の立場なら…?

当然、相手も考えます。

苦しい時にはセンターで、まず態勢を立て直そうとする。

これ、打たれる側の立場からすると簡単に「立て直させる」手は潰したいところですよね。

相手のセンターセオリー、どこかでプレッシャーをかけていかないといけない。

ここまでくると、本当に駆け引きの世界になってくると思います。

相手がセンターに逃げて来る、作って来る段階で反撃する。

多少リスクを冒してでも、「簡単には作らせないよ」というメッセージを発信することは重要です。

こういうプレーは、なるべく試合の序盤に入れておきたいですよね。

冒して良いリスク、失敗、これが試合の後半で効いてきます。

強い選手、ダブルスペアほど、センターセオリーで組み立てて来ますから。

ぜひ、この対策も意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  2. ご質問頂いた件につきまして
  3. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  4. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
  5. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    相手を動かすショット、こそテニスの試合で使えるショット

    ビッグなショット、決め切るショット。もちろん、それは大事。…

  2. 戦術

    自分の試合の中で、「ここでテニスのギアを上げたい!」と思ったときに実践出来ること5つ

    錦織選手、見事にリオオリンピックで銅メダルを獲得してくれましたね。…

  3. テニス メンタル

    戦術

    崩して満足、だから試合に勝てない

    テニスは上手そうなのに、試合で結果が出ない人。みなさんの周りで…

  4. テニス 上達

    戦術

    本当に疲れたときに出来るテニス、がきっとアナタの武器になる

    「自分のテニスの武器、特徴が分からない・・・」と、悩んでいる方へ。…

  5. テニス メンタル

    戦術

    「省エネテニス」に必要なテニスの試合でのボールスピード、コースのコントロール術

    テニスの試合って、もつれるとかなり長時間の戦いになる。俺も5時…

  6. テニス メンタル

    戦術

    正確に試合を記憶する、テニスノート術

    テニスの試合を、正確に記録する。それが理想かもしれませんが、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. 戦術

    「相手の動きを止める3つの方法」テニスの試合で有効な攻撃パターンを考えてみる
  2. テニス メンタル

    その他

    格上相手に対して、どう「勝負どころ」を設定するのか?の問題について
  3. テニス ストローク

    戦術

    初心者の方でも5分で覚えられる、テニスの試合で大切な序盤の戦い方
  4. テニス サーブ

    サーブ

    シングルスの試合でのサーブ&ボレーに、ファーストサーブは要らない
  5. テニス ダブルス

    メンタル

    「絶体絶命の場面」をしっかり乗り切れるテニス選手は、頭の中でこう考えている
PAGE TOP