テニス ボレー

ボレー

ネットプレイヤー相手には、「まず足元に打って前にチャージ」していけば、勝手にミスしてくれる可能性大

ストローク同士の打ち合い、に慣れ過ぎていると弊害が多い。

その一番典型的な例は、ネットプレイヤーを相手にしたときでしょう。

相手がボレーで返球してくる・・・というだけでプレッシャーに感じてしまう人は、まずは相手の足元に返球する癖を付けましょう。

ボレーでもストロークでも、その癖さえ付けておけば精神が安定します。

 

ネットプレイヤー相手には、「まず足元に打って前にチャージ」していけば、勝手にミスしてくれる可能性大

 


 

■足元のボレーは、強打出来ない

当たり前ですが、足元のボールは攻撃していくのが難しい。

ボレーであればネットが近い、まずそのネットの高さまでボールを上げないといけませんので、速いボールは打てないですよね。

そう考えると、気持ち的にすごく楽になる。

慌てずボレーヤーに対しては足元に打てばOK、という選択肢を持っておくと、試合でもすごく楽に戦えます。

そして打った後はしっかり前に詰めて、ドロップショット系のケアを行うようにしましょう。

前に詰めるフットワークを見せることで、相手はきっとプレッシャーに感じてミスをしてくれるでしょう。

 

■弱く打つ、のではなく回転量でボールの飛びを調整する

足元に打とうとして、スウィング自体が弱くなる人が多くいます。

これだと、試合の緊張した場面では調整が効き辛い。

ラケットはしっかり振る、回転量をしっかり多くして速度を抑えて相手の近くで失速する、ような打球を目指してみましょう。

スライスがとても有効ですので、ぜひ試してみて下さい。

しっかり回転をかけるショットを、まずは打ってみて軌道を確認する。

必ずどこかで失速して、沈んでくれるはずですので、その距離感を養えるように練習していきましょう!

 

■相手が察して前に詰めてきたら・・・?

さすがに相手も、沈められてばかりだと勘付く。

勘付いてネットと自分の距離を縮めてくることも、試合では十分に考えられます。

そんなときにこそ、同じ構えからのロブが有効ですよね。

相手も沈むボールがあるからこそ、ロブをケアし辛い。

この2種類のショットがしっかり使い分けられるようになれば、ネットプレイヤーは恐れることはありません。

 

相手の足元に打つ、ということに普段から慣れておく。

そして打った後の動き、にも慣れておきましょう。

しっかり足元に打つ、のと前に詰める動きをセットで行えるように。

テニスは打った前後、ボールを触っていないときの動きが大事。

ネットプレイヤーを攻略していくイメージ、沸いてきましたか・・・?

ピックアップ記事

  1. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  2. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  3. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  4. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  5. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    スライスボレーを流してストレートに打ちたいなら、ラケットヘッドを下げて良い

    スライスボレーをしっかり打ちたい・・・けど、実戦だとどうでしょう。…

  2. ボレー

    テニスの試合で、「ネットプレーの構えが低く反応が遅い相手」には、フラット系の速いボールでアウトを誘う…

    相手のネットプレーを観察していると、「ん?ここは狙い目かも?」と思うと…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    ダブルスの試合で「2バックの粘るペア」を崩す為に必要なネットプレーの心得え4つ

    学生でも社会人でも、「この相手はサーブが良いな・・・」と感じると、リタ…

  4. テニス ロブ

    ボレー

    ネットにいる相手に向かって、沈めて前に出る勇気を持てる選手は強い

    「あ、この人は試合慣れしているな」と、感じるプレー。みなさんは…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    相手の速いボールが身体の正面に来たときは、「身体を反らせてノーテイクバック」で合わせれば返球できる

    相手の打ったボールが速い、しかも自分の身体の正面に飛んで来た・・・。…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの試合で、「速いボールが怖い!」人は、辛いですがこういう練習が一番効果的です

    テニスのボールスピード、他の競技と比べてどうでしょうか。学生や…

特集記事

  1. テニス センス

    ダブルス

    失点に対する共通認識、がダブルスペアと出来ているか?
  2. テニス メンタル

    戦術

    今対戦している相手は、「また次に対戦するかもしれない」からこそ、完膚なきまで叩い…
  3. ダブルス

    どんな名コンビダブルスでも、2人でボールを打つことは出来ない
  4. テニス テニスノート

    日々の雑記

    歳を取れば、テニスについて本気で叱ってくれる人はいなくなる
  5. メンタル

    テニスの試合、「自分が苦しいときは、相手も苦しい」のだから、乗り越えた選手が勝つ…
PAGE TOP