テニス ミス

ボレー

試合で使えるアングルボレーは、ネットと並行に!

「ドロップショットは、ある程度甘くて良い」と、何度も書いて来ました。

ですが、やはり上のレベルになると厳しいコースを突かないと反撃されてしまう。

特に、コート上に2人いるダブルスの試合は、そうですね。

ドロップボレー、これには自分で厳しくなりましょう。

じゃないと成長出来ませんから。

 

試合で使えるアングルボレーは、ネットと並行に!

 


 

1.厳しく狙わないと成長しない

自分で厳しいコースを狙う。

これは、上のレベルで戦いたいなら必要なこと。

自分でその必要性を感じて、厳しいコースを練習出来るかどうか、なんです。

今回のテーマであるアングルボレー。

これ、みなさんが今まで対戦してきた強い相手だと、どうでしょう。

ネットに並行な感じで、まさに角度を付けた良いコース、に打たれた経験は無いですか?

ネットと並行に、アングルボレーを打つ。

そうすれば、当然深い位置にいる相手は触れない。

これを目指さないと、打てるようにはならないです。

 

2.必要な要素は?

まず、ネットに詰めること。

これは絶対に必要ですね。

自分がネットから離れていては、角度を付けてネットを越えるということが出来ない。

ですので、ネットに近い位置で触る、ということは大事になります。

それからもう一つ、しっかりラケット面を作るということですね。

角度を付けるということは、ボールが飛んできた方向から、90度に近いような角度で打ち出していく打球が多い。

しっかりラケット面を作って、ボールを呼び込む。

手先の動きだけ、で打っても上手くいかないですよ。

 

3.ボールの横をスライスでとらえる

ネットと並行にボールを飛ばす。

とうことは、当然ボールの横をラケットで触るということ。

そのためには、ラケットの先を立てて、ボールの横を打つサイドスライスのようなショット、にしていかないと安定しない。

この横回転、のボレーを覚えれば、ネットと並行なアングルボレーはほぼ、完成したようなもの。

バウンドしてもスライス回転がかかっているので滑る、相手から逃げていくような軌道になりますから。

ぜひ、思い切ってボールの横、を触るボレーを打ってみて下さい。

当然、最初は入らなくてOK。

入れようと思うから、甘くなるんです。

 

4.厳しく狙ったミス、を重ねていこう

これは、絶対に必要な失敗です。

ミスではないんですけどね。

ネットと並行な厳しいアングルボレーを打とうとして、ネットを越えない、という練習。

必要です。

ネットを越えよう、と思うと甘くなりますからね。

まず厳しく狙う、だからネットを越えない・・・ような経験、をみなさん重ねていかないと。

厳しく狙うということは、それだけ「厳し過ぎた失敗」が必要だということ。

これが出来る人って、本当に少ないんです。

 

私も、試合でよく「狙い過ぎたミス」をします。

一見もったいないようですが、それをして良い、リードしているポイントでやっている。

それに、強い相手は「そこまで狙うのか」と警戒してくれますからね。

ネットと並行に、本当に厳しいコースに飛ぶアングルボレー。

ぜひ練習して、自分に厳しく磨いていってみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  2. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  3. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  4. 【重要です:視聴者アンケート】ご協力のお願い
  5. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ハイボレーを深くスライスでつなげるようになると、ダブルスの試合で勝てる

    簡単なようで難しい、のがハイボレー。特に試合では、攻撃したいけ…

  2. テニス メンタル
  3. テニス ストローク

    ボレー

    ボレーで身体が開く人は、ラケットを持たない手のひらを使おう!

    ボレーを打つときに、安定感に欠ける人は考えて欲しい問題。きっと…

  4. ボレー

    至近距離でのボレー戦になったら、どんどん上を使おう

    ダブルスの試合で、ボレー同士の打ち合いになる。こういう場面でポ…

  5. ボレー

    ファーストボレーの後に、相手のショットを読み切ろう

    ネットプレーの選手にとって、一番大事なこと。私は、この「予測力…

  6. ボレー

    「どこに打てば決まるのか?」を考えると、ポーチは上手くなる

    ダブルスの試合の前衛、でなかなかポーチに出ることが出来ない人。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. 戦術

    マイルールを作れば、テニスの試合にも強くなる
  2. テニス シングルス

    その他

    テニスの試合で「打つコースがバレバレ」になってしまう人の特徴4つ
  3. テニス 観察眼

    メンタル

    平凡なことを続けていれば、それは非凡になる
  4. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合のパッシングショット、は普通の自分のショットで良い
  5. テニス スライス

    ストローク

    「ベースラインからドロップショットを打ってみたい!」人は、技術よりも大切な「間」…
PAGE TOP