テニス スポーツ

メンタル

「自分は運動神経が悪い・・・」と思っている人でも、テニスは上手くなれると思う理由4つ

テニスに運動神経、って必要だと思いますか?

運動神経って聞くとすごく抽象的ですが・・・「スポーツが得意」と感じている人、果たして必ずテニスも上手くなるかと言うとそうでも無い。

むしろ、不器用で運動は苦手・・・という人ほど、コツコツ上達していくことも多いのが、テニスというスポーツ。

考え方次第では、思い込みはそれだけ自己分析が進んでいるということ。

劣等感をパワーに変える人ほど、成長が速いのです。

 

「自分は運動神経が悪い・・・」と思っている人でも、テニスは上手くなれると思う理由4つ

 


 

1.足の速さや体力はポジションでカバーできる

自分で「運動ができない、スポーツが苦手」という感じですと、どこか身体を動かすことにもおっくうになりがち。

そうなると体力も落ちてしまいがちですが、テニスには工夫次第でその体力を補うこともできます。

「よーいドン!」でかけっこをする訳では無いのです。

フライングしたって良い、とにかく相手コートにボールをしっかり返球できればそれで良い。

上手いポジショニングを身に付けることは、運動神経とは関係なく身に付く技術です。

 

2.丁寧にプレーすることが出来る

運動神経が悪い・・・と、どこか自信が無い人は、その分丁寧にプレーが出来る。

良い意味で、欲を出さない、周りの眼を気にして恰好を付けないテニスが出来る。

そういう辛抱強さが、テニスの上達には不可欠なのです。

反復した動作がテニスには必要なので、器用では無いということが成長するうえで長所になる可能性が高い。

上手くなる人には、しっかりとした自己分析が出来ている。

アナタ自身、「運動神経が悪いかも・・・」というのも、しっかりとした自己分析なのです。

 

3.上達を感じながら、テニスが出来る

私が考える、一番のポイントはココです。

テニスはしっかり練習すれば、必ず上達します。

当然指導してくれる人がいればベストですが、自分で考えながらやっていくことも楽しい。

そして、スポーツが苦手と感じている人ほど、上達を感じながら楽しくテニスを継続できる可能性も秘めているのです。

なまじスポーツが得意で、テニスも出来ると思って始めてみた・・・という人ほど、現実とのギャップに悩んで続かない。

上達を感じるからこそ、また上達していく。

テニスやスポーツの醍醐味が、そこにはあります。

 

4.個人練習が出来るのがテニス

陰で個人練習を積むこと。

これは、テニスの上達において欠かせません。

周りと一緒に練習していくうえで、「何とか付いていきたい」と考えればおのずとテニスをどうしていきたいかが見えてくる。

苦手意識を持っているからこそ、こういった個人練習も一生懸命取り組めるのが、「運動神経が悪いかも・・・」と感じているアナタ自身。

劣等感をパワーに変えると、スポーツは急激に上達していく。

そういう選手は、本当に試合で強く結果を出していくことが出来るのです。

 

思い込みなんて、成功体験でいくらでも変わります。

「スポーツは苦手だった・・・」という人ほど、プロ選手になってから粘り強いテニスができる。

劣等感やコンプレックスは、必ずアナタ自身のパワーに変えていける。

苦手意識を持っていること自体、自分についてよく考えられているということ。

力に変えて、テニスを頑張ってみませんか?

ピックアップ記事

  1. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  2. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  3. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  4. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  5. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に

関連記事

  1. テニス 時間

    メンタル

    目の前で崩れていく相手に、「自分はそうならない」という強い意志を持てるかどうか

    試合の中で、自分自身を強く持てるかどうか。それは、こういう場面…

  2. メンタル

    悔しい気持ちを、誤魔化してはいけない

    テニスを続けていると、つい麻痺してしまう感覚。試合に負けて悔し…

  3. テニス 練習

    メンタル

    自分のテニスを見つめ直して「変えていく時期」は、多くの失敗を受け入れて我慢する時期です

    テニスは難しいスポーツ。これほど、見た目では簡単に見えて、実際…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    「テニスの試合に勝てない人同士が試合をすると、こうなる」という典型的なパターン例4つ

    テニスの試合では、強い人同士が試合をするのは珍しくない。ですが…

  5. テニス 客観視

    メンタル

    テニスを通じて私たちは、「出会う人全てを、すぐに外枠」で決め付けてはいないか?

    テニスというスポーツは、どこか階級社会の色が強い。毎年開催され…

  6. テニス 戦術

    メンタル

    「俺たちに、簡単に勝てると思うなよ」という気持ち、はすごく大事

    言葉には、力がある。みなさんも、普段からテニスの試合に挑むとき…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス 練習

    練習メニュー

    ラリー練習が、「ミスばかりで全く続かない」チームが意識すべきこととは?
  2. テニス

    戦術

    「0-5からでも活路を見出す」テニスの試合で大切な、諦めない戦い方
  3. 練習メニュー

    テニスの試合では、ミスの質を高めよう
  4. テニス 言葉

    フットワーク

    テニスの試合で流れを変える、「超攻撃的守備」を実現させる為の4つの発想
  5. スマッシュ

    ロブが処理出来ないからチェンジ、の時点でそのポイントは厳しいという事実
PAGE TOP