テニス スポーツ

メンタル

「自分は運動神経が悪い・・・」と思っている人でも、テニスは上手くなれると思う理由4つ

テニスに運動神経、って必要だと思いますか?

運動神経って聞くとすごく抽象的ですが・・・「スポーツが得意」と感じている人、果たして必ずテニスも上手くなるかと言うとそうでも無い。

むしろ、不器用で運動は苦手・・・という人ほど、コツコツ上達していくことも多いのが、テニスというスポーツ。

考え方次第では、思い込みはそれだけ自己分析が進んでいるということ。

劣等感をパワーに変える人ほど、成長が速いのです。

 

「自分は運動神経が悪い・・・」と思っている人でも、テニスは上手くなれると思う理由4つ

 


 

1.足の速さや体力はポジションでカバーできる

自分で「運動ができない、スポーツが苦手」という感じですと、どこか身体を動かすことにもおっくうになりがち。

そうなると体力も落ちてしまいがちですが、テニスには工夫次第でその体力を補うこともできます。

「よーいドン!」でかけっこをする訳では無いのです。

フライングしたって良い、とにかく相手コートにボールをしっかり返球できればそれで良い。

上手いポジショニングを身に付けることは、運動神経とは関係なく身に付く技術です。

 

2.丁寧にプレーすることが出来る

運動神経が悪い・・・と、どこか自信が無い人は、その分丁寧にプレーが出来る。

良い意味で、欲を出さない、周りの眼を気にして恰好を付けないテニスが出来る。

そういう辛抱強さが、テニスの上達には不可欠なのです。

反復した動作がテニスには必要なので、器用では無いということが成長するうえで長所になる可能性が高い。

上手くなる人には、しっかりとした自己分析が出来ている。

アナタ自身、「運動神経が悪いかも・・・」というのも、しっかりとした自己分析なのです。

 

3.上達を感じながら、テニスが出来る

私が考える、一番のポイントはココです。

テニスはしっかり練習すれば、必ず上達します。

当然指導してくれる人がいればベストですが、自分で考えながらやっていくことも楽しい。

そして、スポーツが苦手と感じている人ほど、上達を感じながら楽しくテニスを継続できる可能性も秘めているのです。

なまじスポーツが得意で、テニスも出来ると思って始めてみた・・・という人ほど、現実とのギャップに悩んで続かない。

上達を感じるからこそ、また上達していく。

テニスやスポーツの醍醐味が、そこにはあります。

 

4.個人練習が出来るのがテニス

陰で個人練習を積むこと。

これは、テニスの上達において欠かせません。

周りと一緒に練習していくうえで、「何とか付いていきたい」と考えればおのずとテニスをどうしていきたいかが見えてくる。

苦手意識を持っているからこそ、こういった個人練習も一生懸命取り組めるのが、「運動神経が悪いかも・・・」と感じているアナタ自身。

劣等感をパワーに変えると、スポーツは急激に上達していく。

そういう選手は、本当に試合で強く結果を出していくことが出来るのです。

 

思い込みなんて、成功体験でいくらでも変わります。

「スポーツは苦手だった・・・」という人ほど、プロ選手になってから粘り強いテニスができる。

劣等感やコンプレックスは、必ずアナタ自身のパワーに変えていける。

苦手意識を持っていること自体、自分についてよく考えられているということ。

力に変えて、テニスを頑張ってみませんか?

ピックアップ記事

  1. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  2. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  3. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  4. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  5. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①

関連記事

  1. テニス 格上相手

    メンタル

    「強い相手・弱い相手・普通の相手」でテニスの試合を考えてみる

    テニスの試合に出場した時、対戦相手を3種類に分ける事が出来ます。…

  2. テニス 不器用

    メンタル

    「自分はテニスに向いていないかも…」と思ったら、不器用な選手に徹してみても面白い

    テニスに向いている、向いていない。そんなことで悩んだことはあり…

  3. テニス サーブ

    メンタル

    「相手が諦めたな」と思った瞬間から、自分の何かが狂い始めるのがテニスの試合

    テニスの試合で、大逆転が起きる時。それって、無意識のうちにこの…

  4. テニス ダブルス

    メンタル

    試合での対戦相手だって、「ミスをする人間」ですから

    本当に、気持ちの持ちよう一つだと思うんです。テニスの試合で力を…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合の中で「40-0、0-40でリードしても、ゲームを獲り切ることが出来ない・・・」人が意識…

    ポイント差がつくと、安心している訳ではないのにどこか気が抜けてしまう。…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合の中で、「グッドショット・リアクション」を無くしていこう

    試合に強い選手って、どんなショットを打っても基本一定、ですよね。…

特集記事

  1. テニス リターン

    ストローク

    ストロークの打点までは手首を固定して、フィニッシュでリラックスして解放しよう
  2. ダブルス

    発想力が乏しい人はダブルスの前衛で、「ナイスサーブが入る」のを待っている
  3. シングルス

    シングルスでのリターンで、確実に優位に立つには?
  4. テニス メンタル

    メンタル

    精神的に未熟な人は、試合前に「練習をしていない自分」をいつも言い訳にする
  5. メンタル

    例えば「小雨が降る中での練習をダルい」と感じる選手は、同じような環境での試合に絶…
PAGE TOP