テニス サーブ

サーブ

「サーブを打つポジション」で実力がある程度分かってしまう、その理由とは?

「今日の相手の実力は、どの程度だろう・・・?」と考えながら、試合に入っていく。

試合の前の、ウォーミングアップもありますね。

どんなに短くとも、サーブ4本くらいは最低打てるでしょう。

テニスの試合では、相手の実力やタイプに応じて、自分のテニスや戦術も変えていかないといけない。

まず把握すべきは、相手のテニスの実力。

サーブを打ってくる位置を確認するだけで、まずはおおよその予測を立てることが出来る。

さぁ、どんなポイントをチェックするのか、一緒に考えていきましょう。

 

「サーブを打つポジション」で実力がある程度分かってしまう、その理由とは?

 


 

1.強い選手はセンター寄りからサーブを打ってくる

シングルスでもダブルスでも、強い選手はセンター寄りからサーブを打ってくる。

センター寄りから、ワイドへも鋭いサーブが打てる。

プロ選手の試合を観ていても、やはりセンターマークから左右に1メートル前後動いたポジションからサーブを打つ選手がほとんど。

ダブルスの試合でも、というのもミソです。

ダブルスの試合ではついワイド寄りから打ちたくなりますが・・・センター寄りから打つには、強い選手が必要とするシンプルな理由があります。

試合の序盤で相手の実力を測るには、まずはサーブのポジションです。

 

2.センターへのサーブは、キープにおける生命線

センターに近い位置からは、センターへのサーブが打ちやすい。

あのT字の角に鋭いサーブが打てれば、ダブルスでも前衛を活かしやすくなります。

「でもそれって、ワイドのポジションからは打てないの?」

「ワイドのポジションからは、ワイドに打ちやすいからそっちの方が良いのでは?」

という声もあるでしょう。

しかし、結論から言えば「ワイドのポジションから、センターへ良いサーブ」は打つのが難しいのです。

また出来るだけ速く相手コートまで到達する、最短距離で打ちたいと考えれば、センターからセンターへが最短の距離。

そしてネットの高さも最も低い位置なので、鋭い角度も付けやすいというメリットがあります。

これらを理解しているから、センター寄りのポジションは有効なのです。

 

3.「この相手は、強い」と覚悟を決めたらすべきこと

センター寄りからしっかりセンターにサーブを打ってくる、強い相手だと分かったら、何をすべきでしょうか?

まずはこの「センターへのサーブ」をしっかりケアして、ワイドに打たせるように意識してみましょう。

ワイドへのサーブは、センター寄りからも打てますが、そこまで厳しいコースには飛んでこないはず。

そして、チェックすべきは「トスの位置」が変わらないかどうか

もしかすると、トスが少し横に流れてスライスサーブになる、そんな変化が発見できるかも知れません。

見つけることが出来れば、しめたもの。

コースを読めることさえ出来れば、どんなにビッグサーバーでも怖くはありません。

ぜひリターンから揺さぶってみて、強い相手でも崩していくイメージを持てるようにしましょう!

 

「サーブが良いな・・・」と感じるのは、試合において出来るだけ早いほうが良い。

それを最初に感じ取れるのは、やっぱり打ち始めるポジション。

この部分の観察に、敏感になりましょう。

きっと強い相手を倒す経験を積むことで、その観察眼の精度も上がるはずです。

サーブが良い相手を倒してこその、テニス。

リターンの技術と共に、意識していきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  2. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  3. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  4. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  5. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」

関連記事

  1. サーブ

    サーブ&ボレー用のサーブ、に必要な5つのコツ

    サーブ&ボレーに、必要なサーブって何か。これを考えたときに、…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    気付いてますか?「ファーストサーブが入らない」だけで、ダブルスの前衛は萎えていくことに

    「最近、どうもダブルスペアと上手くいかない」「ポーチに全然、出…

  3. テニス 客観視

    サーブ

    ネットの高さより、審判台の高さを狙うのがナイススピンサーブ

    スピンサーブの軌道の高さ。これは、きっとアナタ自身が思っている…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    シングルスにおけるサーブ、「相手から浅いボールを引き出す」ことを合格点に

    不思議なことに、テニスの大会に出ると「ファーストサーブは、リターンが返…

  5. サーブ

    どんなに速い強烈なサーブでも、「軌道は山なりだから安定して入る」ことを再確認しておこう

    速いサーブを安定して入れることが出来る人、はどんなことを意識しているの…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    15-40からデュースにもっていく、その力があるか?

    試合の現場で、みなさんにこの力があるかどうか。この力がある、あ…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスのストレートリターンは、精度よりもタイミングと駆け引き重視で
  2. テニス リターン

    その他

    真剣にテニスに取り組んでいれば、「理由無く人から嫌われることだってある」ことを覚…
  3. ボレー

    ファーストボレーのコツは、視界の中に相手を何となく入れること
  4. テニス フットワーク

    ボレー

    身体の正面のボレーを、バックボレーで返球する為の必要な意識4つ
  5. テニス 粘り

    その他

    テニスの試合で、相手に攻撃される!と感じたら慌てずに、「逃げのコース」をイメージ…
PAGE TOP