ボレー

相手がスライスの構え、ならボレー側は突っ込み要注意

目次

ボレーに苦手意識がある人、こういう方が多いように思います。

速いボールよりも、遅いボールのボレーが難しい。

みなさんも、そうじゃないでしょうか?

試合巧者な相手ほど、スライスでテンポを変えてくるのが得意ですからね。

注意が必要です。

 

相手がスライスの構え、ならボレー側は突っ込み要注意

 


 

1.速いボールには、シンプルに反応出来る

これがボレー、だと思います。

速いボールには、反応出来てしまうんですよね。

それに良い意味で余裕がないので、プレーがシンプルになる。

でも、遅いボール、今回のテーマのようなスライスのボールだと、身体が泳いでしまう人が多いですよね。

拍子抜けしたように、速いタイミングで待ってた身体が頭から突っ込んでしまう。

しかも、ボールがゆっくりなので・・・欲も出てしまいますしね。

 

2.遅いボールは強打で攻撃、それは安易です

相手のショットがスライスで、遅い・・・から、強打?

強打してしまうと、それこそ相手の思うツボですよ。

スライス回転がかかったボールは、なかなか自分の方に飛んで来ないですからね。

待ちきれない、引き付けられないで、我慢できない。

しかも、欲が出る。

これはもう、ボレーにおけるスライス対策、必須だと思いませんか?

 

3.私のお勧めは、スライス系のドロップボレー、です

こういうボールは、強打では攻撃していかない。

むしろ、タッチ系のショットで攻撃していく方が良いでしょう。

遅いボールは、それだけ相手を見る時間もありますので、ドロップ系のショットも打ちやすい。

相手も、強打が来るかも!という感じで、下がって待っているかもしれないですしね。

スライスを打たれたら、スライスのドロップ系にトライしてみる。

きっと、初心者の方でも何となく、感覚はつかめると思いますよ!

 

4.もっと余裕があれば、前に詰めていこう!

最も、時間があれば前に詰める。

そうすれば、相手から時間も奪えますし、アナタ自身のネットミスも減るでしょう。

足が止まって身体が突っ込む、のが一番怖いですから。

足から前に出ていくのは、すごく良いこと。

そもそも、相手がスライスの構えになった段階で、頭をしっかり遅いボールに切り替える。

ロブなのか、足元に沈められるのか。

足元に沈められるようなショットなら、前に詰めることが出来ないか・・・を、瞬時に判断しましょう!

 

遅いボールのボレー、なかなか苦戦しますよね。

速い、遅い、の繰り返しでネットプレーを揺さぶられると、多くの人は崩れていきます。

スライスショットをしっかりボレーで返球していく。

この難しさ、を知って練習した人から、本当に試合で使えるネットプレーが身についていくのです。

ピックアップ記事

  1. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  2. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  3. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  4. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  5. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを

関連記事

  1. テニス スライス

    ボレー

    駆け抜けながらのボレーは、シンプルにラケット面作りだけ

    「こんなの、テニスの基本じゃない」と言いながらも、試合で使える技術。…

  2. ボレー

    テニスの試合で必要な「バックハンドのハイボレー」をしっかり返球するコツ5つ

    ダブルスで前衛にいるときに、心のどこかで思っていませんか?「バ…

  3. ボレー

    「足元ボレー強化法」テニスの試合で求められる即決力をネットプレーで磨くには?

    相手がネットプレーに出てきたらどうする?パッシングで抜いてしま…

  4. テニス ミス

    ボレー

    試合で使えるアングルボレーは、ネットと並行に!

    「ドロップショットは、ある程度甘くて良い」と、何度も書いて来ました。…

  5. テニス リターン

    ボレー

    ボレーの長短の使い分けを、ミス無く打つ方法とは?

    自分が打ってるボレー、長さを上手く調整したい。ドロップボレーも…

  6. ボレー

    テニスの試合で「直線的なロブボレー」を使えると、ダブルスの戦術の幅はグッと拡がります

    テニスの試合、特に若い選手の試合では「ロブ」をあまり見る機会が少ない。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. メンタル

    集中力、なんてものに頼るな
  2. テニス サーブ

    サーブ

    サーブの安定感をアップさせるには、一瞬苦しいと感じるくらいの身体の使い方で良い
  3. テニス リターン

    リターン

    「上級者限定!」ダブルスの試合でリターンするのときに、前衛を足止めする裏ワザ
  4. テニス 練習

    テニス知識

    「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  5. テニス ガット

    テニススクール

    グリップが汚いテニス選手、テニスコーチは、「周りから見られている」という意識が足…
PAGE TOP