テニス ストローク

ストローク

スライスのストロークの返球が苦手な人は、「膝の落とす位置」が高い

スライスのストローク、を打たれると急に崩れる人。

男性のスライスを女性が受ける、ミックスダブルスのような戦いもありますよね。

低く滑って来るスライス、苦手意識がると延々に打たれて失点する。

だからこそ、しっかり具体策で準備、練習しておきたいのです。

 

スライスのストロークの返球が苦手な人は、「膝の落とす位置」が高い

 


 

■スライスの返球は、なぜ難しいのか?

ストロークで相手がスライスを打って来る。

「嫌だなぁ・・・」と思っていると、まず出足が遅くなります。

さらにスピン系のショットより「遅い」から、時間はあるけど追い込まれていくような圧迫感がある。

そして何より、バウンド後に滑ってくるから打点が低くなる。

この打点の低さとバウンド後の変化が、一番の難点でしょう。

 

■スライスは、相手が打つ前から基本的には分かる

スライスを打って来る相手は、テイクバックの構えから異なるケースが多い。

テイクバックを確認して、まずしっかり「スライスの準備」をする。

テイクバックを早くすること、と同時に低い態勢を作る必要があるのです。

膝を落とす、しっかりコートに自分の膝が当たるくらい、落として準備する。

打点が低くなるのに、膝が伸びきっていては打てない。

スライスの返球をする、というのはこれくらい危機感を持って臨まないといけないのです。

 

■目線を落とせば、低い打点のストロークも安定する

スライスのストロークは、バウンド後に滑ってくるので準備を早くしないといけない。

ボールがバウンドするくらい、のタイミングでラケットを振り出すくらいの意識でちょうど良いでしょう。

目線を落とす、ところまでを早くする。

膝を意識出来れば、自然と低い態勢も作れるでしょう。

遅いから簡単に返球出来る・・・と思っていると、スライスにやられ続けますよ。

 

まず、仲間の中でどんどんスライスを打ってもらう。

いきなり試合、ではなく、練習の中でスライスも普段から混ざったストローク、ボレー、という環境に変えていきましょう。

高校生の方の中には、周りはスピンだけ、という方も多いはず。

良い機会ですから、スライスを打てるようにアナタが成長していくのも、悪くないですよね。

試合では、色々なタイプの相手がいる。

それだけは、忘れないで下さい。

ピックアップ記事

  1. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  2. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  3. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  4. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  5. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①

関連記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    「使ってない軸足ありませんか?」テニスのストロークで意識したい自分のスタンスについて

    テニスのプレーにおいて、軸足の使い方はかなり重要である。右足と…

  2. テニス メンタル

    ストローク

    苦し紛れのドロップショットは、結構相手にバレバレです

    試合の中で、私は何度も「ドロップを使おう!」と書いて来ました。…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    「バックハンドストロークがしっかり当たらない・・・」人が見直したい4つのポイント

    フォアハンドは得意だけど、バックハンドがどうも・・・当たらない。…

  4. テニス 準備

    ストローク

    テニスにおいてストロークで「低く滑るスライス」を沈めて返球するには、かなりの技術が必要です

    私が考える、テニスにおいて最も難しい技術の一つが「低く滑るスライス」を…

  5. テニス スマッシュ

    ストローク

    テニスのフォアハンドで身体が回り過ぎてしまう人は「ラケットを持たない手で止める」ことでコンパクトに打…

    フォアハンドが安定している人は、しっかり良いボールを打っているのにとて…

  6. ストローク

    「侮るなスライス」テニスの試合で、相手にプレッシャーをかけ続ける粘りを取り入れよう!

    スライスとトップスピン。試合中、君のストロークはどっちをよく使…

特集記事

  1. テニス 攻撃

    ボレー

    フワッと浮いたボールを詰めてボレー、足から合わせていけばミスが減る
  2. テニス ダブルス

    ボレー

    ダブルスの前衛は、「相手の視界に入って動く」から意味があることを再確認しよう!
  3. スマッシュ

    「高い軌道のロブは、落ち着いてワンバウンド」させてグランドスマッシュで打ち抜く為…
  4. 戦術

    「相手の動きを止める3つの方法」テニスの試合で有効な攻撃パターンを考えてみる
  5. テニス ミス

    その他

    テニスの試合に出場するとき、「会場に着いたら、まずやるべきこと」を5つ挙げてみた…
PAGE TOP