テニス ストローク

ストローク

スライスのストロークの返球が苦手な人は、「膝の落とす位置」が高い

スライスのストローク、を打たれると急に崩れる人。

男性のスライスを女性が受ける、ミックスダブルスのような戦いもありますよね。

低く滑って来るスライス、苦手意識がると延々に打たれて失点する。

だからこそ、しっかり具体策で準備、練習しておきたいのです。

 

スライスのストロークの返球が苦手な人は、「膝の落とす位置」が高い

 


 

■スライスの返球は、なぜ難しいのか?

ストロークで相手がスライスを打って来る。

「嫌だなぁ・・・」と思っていると、まず出足が遅くなります。

さらにスピン系のショットより「遅い」から、時間はあるけど追い込まれていくような圧迫感がある。

そして何より、バウンド後に滑ってくるから打点が低くなる。

この打点の低さとバウンド後の変化が、一番の難点でしょう。

 

■スライスは、相手が打つ前から基本的には分かる

スライスを打って来る相手は、テイクバックの構えから異なるケースが多い。

テイクバックを確認して、まずしっかり「スライスの準備」をする。

テイクバックを早くすること、と同時に低い態勢を作る必要があるのです。

膝を落とす、しっかりコートに自分の膝が当たるくらい、落として準備する。

打点が低くなるのに、膝が伸びきっていては打てない。

スライスの返球をする、というのはこれくらい危機感を持って臨まないといけないのです。

 

■目線を落とせば、低い打点のストロークも安定する

スライスのストロークは、バウンド後に滑ってくるので準備を早くしないといけない。

ボールがバウンドするくらい、のタイミングでラケットを振り出すくらいの意識でちょうど良いでしょう。

目線を落とす、ところまでを早くする。

膝を意識出来れば、自然と低い態勢も作れるでしょう。

遅いから簡単に返球出来る・・・と思っていると、スライスにやられ続けますよ。

 

まず、仲間の中でどんどんスライスを打ってもらう。

いきなり試合、ではなく、練習の中でスライスも普段から混ざったストローク、ボレー、という環境に変えていきましょう。

高校生の方の中には、周りはスピンだけ、という方も多いはず。

良い機会ですから、スライスを打てるようにアナタが成長していくのも、悪くないですよね。

試合では、色々なタイプの相手がいる。

それだけは、忘れないで下さい。

ピックアップ記事

  1. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  2. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  3. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  4. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  5. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう

関連記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    「相手の速いストロークに対抗する守備力」を養うには、空間を大きく使う意識が大事です

    相手のストロークが速く、深いときに、どんな対応ができるのか。し…

  2. ストローク

    相手は必ず、ラリー中に隙を見せる

    強い相手になかなか勝てない。そう感じているみなさん、もっと相…

  3. テニス 楽天

    ストローク

    テニスの試合に勝てる選手は、「ラリーの中で、プレーとプレーを繋げる攻撃」が上手いから勝てる!

    試合に勝てる選手は、「ポイントを作るのが上手い」とよく言われます。…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    並行陣相手でも怖がらずに、ショートクロスのときこそラケットを振り切っていこう

    ダブルスの試合で、相手が並行陣になると急に手詰まり、になってしまう方。…

  5. テニス メンタル

    ストローク

    フォアハンドが打てない、グリップも分からない症候群に陥ったみなさんへ

    テニスを続けていると、必ずこれは経験します。始めたばかりのころ…

  6. テニス 予測

    ストローク

    自分のテニスの調子が「良いとき、悪いとき」には、試合中にどうやって調整すれば良い?

    試合の中で、調子が悪いと感じるのはどんな時か?きっとコントロー…

特集記事

  1. サーブ

    「ダブルスでのサーブ&ボレーはステップで決まる!」試合で意識したい4つのポイント…
  2. テニス 守備

    シングルス

    シングルスの試合で有効な練習メニュー、「半面対全面のラリー形式」で、徹底したバッ…
  3. テニス サーブ

    日々の雑記

    誰もが出来ることを、誰も出来ないくらい続けるということ
  4. テニス ストローク

    テニススクール

    覚えることより、使えることを増やしていこう
  5. テニス リターン

    ストローク

    「繋ぎショットをマスターせよ!」テニスの試合に必須の技術のポイントは3つ
PAGE TOP