サーブ

テニスの試合では、「速くて深いサーブ、意味が無い」ような場面もある

皆さんも、経験無いですか?

相手リターンがすごく後ろに下がっている。

アナタのサーブを警戒している、粘りが得意な選手で多いですよね。

そしてそんな相手には、サーブで良いとされる要素が全く意味をなさない、ようなこともあるのです。

 

テニスの試合では、「速くて深いサーブ、意味が無い」ような場面もある

 


 

■ベースラインから1メートル以上下がった相手のリターンは・・・?

かなり後ろに下がって、アナタのサーブを待っている。

そんな相手に、深くて速いサーブ・・・を打てばどうでしょうか?

間違いなく、打ち頃の良い感じの打点になってしまう。

相手は、速いサーブ、深いサーブでもなんとか返球しようと思って下がっているのです。

それなのに、アナタのサーブにバリエーションが無いと相手の思うツボ。

「サーブは速く、深い方が良い」ということに頭がいっぱいになっていると、いつまで経っても相手に応じたテニスは出来ません。

 

■後ろに下がった相手に、本当に有効なリターンとは?

考えてみて下さい。

相手は後ろに下がっている・・・訳ですから、前は空いている。

「ドロップショットのようなアンダーサーブ!」と思った方、惜しい。

でも、それも有効なんですけどね。

私が一番オススメしたいのは、浅めのスライスサーブ。

特にワイドに打てると、浅いショートクロスのようなサーブになって、下がっている相手は触れない。

速くない、遅いくらいでちょうど良い。

深く打たない分、しっかりスライス回転をかけてネットの上50cmくらいを狙いましょう。

コースよりも「浅さ」をしっかり出せるように。

こういうスライスサーブを、オプションとして持っていることが大事なのです。

 

■打点でバレても良いから、トスアップから変えてみよう

バレないのが理想ですが、打つ前のトスでバレても良い。

トスを少し低めにして、打点も低めでOK。

そして、しっかりボールの横を触ってスライス回転をかけること。

「セカンドサーブくらいの感覚」で打って、ちょうど良い。

これを、ファーストサーブで打つから相手はリズムを乱していく。

ぜひ、実践で試してみて下さい。

 

相手が、何を考えてポジションを変えているのか。

このことに関心を持てると、しっかり戦えるようになれます。

ファーストサーブ、速いサーブが打てるのならそれをもっと、利用する。

目的は、ポイントを獲ること、その確率を上げていくこと、なのですから。

ピックアップ記事

  1. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  2. + POWER CUP について
  3. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  4. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  5. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について

関連記事

  1. テニス 攻撃
  2. テニス メンタル

    サーブ

    アナタのサーブの成長を阻害している一番の要因、それは「虚栄心」です

    サーブって、難しいですよね。テニスにおいて、唯一、自分で好きな…

  3. テニス ダブルス
  4. テニス サーブ

    サーブ

    スピンサーブに必要な身体の反りは、打つ前に戻さないと意味が無い

    スピンサーブに必要な、身体の使い方。男性でも、結構頑張って胸を…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    ダブルスの試合は、「4回に1回は自分のサーブ」だから・・・?

    ダブルスの試合、自分のサービスゲーム。これは、4回に1回、必ず…

  6. テニス メンタル

    サーブ

    チェンジアップサーブは、試合でリードした場面で使っておこう

    チェンジアップサーブ、と私が勝手に名前を付けているサーブがあります。…

特集記事

  1. ボレー

    スライスボレーをネットしてしまう人は、どうすれば良い?
  2. テニス メンタル

    その他

    テニス選手としての洞察力を養うには、「日頃から相手の立場で考える」癖を付けるのが…
  3. テニス フットワーク

    ダブルス

    ミックスダブルス必勝法は、「序盤で女性が相手の男性に向かっていく」ことに尽きる
  4. テニス 壁打ち

    ストローク

    テニスの壁打ち、ペースを上げてやってみよう
  5. ストローク

    ドロップ系のショットを打って、その後にやるべきこと
PAGE TOP