テニス メンタル

サーブ

ダブルフォルトが止まらないときは、自分の作戦が決まっていない

ダブルフォルトに悩む人、試合では多い。

試合に勝てない以前に、サーブが入らないと自信が持てないし・・・勝つイメージが湧きませんよね。

でも、ダブルフォルトって続いていくから怖い。

根本的な対策を練っておかないといけないのですが、まずこの意識、皆さんどうでしょうか。

ちょっとした心の隙が、アナタをダブリ地獄に引きずり込んで来るでしょう。

 

ダブルフォルトが止まらないときは、自分の作戦が決まっていない

 


 

■ダブルフォルト、以前の問題がアナタにはある

結論から言いましょう。

ハッキリと試合の中でやること、作戦、決まっていない選手がダブルフォルトを繰り返す。

ダブルフォルトの原因は、打つ前から実は潜んでいて、アナタ自身気付いていない。

これは、テニス以外のスポーツでも同じです。

卓球やバレーボール、サーブから始まるスポーツは、作戦を決めてサーブを打ち始めないとおかしなことになる。

試合の中で、冷静に頭の中を整理する。

打って返球されたボールからの展開、まではしっかり決めておくことが大事です。

 

■迷ったときにオススメなのは、「サーブ&ボレー」

これは、あくまで私の作戦です。

とにかく、ダブルフォルトが続きそうなときには作戦を「ハッキリ」させること。

前にダッシュしていく、とハッキリさせておけば、サーブに迷いがなくなる。

むしろ、入れてからが勝負、しっかりボレーまでいくと自分で決めておくことが大事。

この決意が、迷いを拭い去ってくれる。

小さいことですが、試合前からしっかり確認しておけば、試合の中でパニックになることも無いでしょう。

 

■アナタなりの「迷いなき攻撃作戦」を決めておこう

どんなパターンでも良い。

サービスゲームで、攻撃的に迷いなくいけるパターンを決めておく。

そして、サーブの調子が悪いときにこそ、その作戦を繰り出していくようにしましょう。

そもそも、「サーブの調子が悪いときは守備的にいく」という作戦、私はあまりお勧めしません。

サーブが調子悪いなら、攻撃からリズムを作っていかないと、時間とスコアだけどんどん進行していく。

アナタなりに、何が迷い無く攻撃出来るかを考えてみて下さい。

 

ダブルフォルトの原因、根源は迷い。

迷いが無い状態・・・なんて試合ではなかなか、無い、だから具体的にどうするのか。

ポイントごとに、自分と会話して結論を出す。

その結論を出した結果、上手くいかなくても良いじゃないですか。

ズルズル迷いながら負けていくより、ダブルフォルトの改善につながるはずです。

ピックアップ記事

  1. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  2. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  3. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  4. ご質問頂いた件につきまして
  5. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    明日からサーブのコントロールを良く出来る、一瞬の瞑想の儀式とは?

    サーブを打つ前に、不安になってそのままフォルトしてしまう。毎回…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    サーブの安定感をアップさせるには、一瞬苦しいと感じるくらいの身体の使い方で良い

    サーブの安定感に悩んでいる方、多いと思います。何を隠そう、私自…

  3. テニス メンタル

    サーブ

    本当にサーブが強い選手とは、1発がある選手じゃなくて「ファーストサーブが崩れない」選手

    サーブが上手い、キープ率が高い選手。は、試合でもゲームが計算し…

  4. テニス メンタル

    サーブ

    試合で効果的なボディへのサーブは、「自分のサーブの曲がり具合」を見てコースを逆算しよう

    相手のボディ、正面のサーブは試合で有効。ですが・・・意外と、…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    相手リターンのポジションに、自分のサーブを惑わされてはいけない

    試合中、結構前でリターンしてくる相手、いますよね。特にダブルス…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    フラットサーブに必要な、リストワーク4つ

    フラットサーブ、をしっかりファーストサーブで打っていくこと。こ…

特集記事

  1. ダブルス

    横軸で見ると、ダブルスの穴は3か所ある
  2. テニス ダブルス

    フットワーク

    最後のネットイン、まで信じて走れる選手になれてるだろうか?
  3. テニス メンタル

    その他

    「考える」ことは誰でも出来るけど、「考え抜く」ことは一握りの人しか出来ない
  4. テニス ダブルス

    戦術

    テニスの試合では、「あえてコースを空けて待っている相手選手の罠」に、気を付けろ!…
  5. テニス フットワーク

    戦術

    「自分から先に仕掛ける」意識を強く持たない限り、強い選手には勝てない
PAGE TOP