テニス 試合

メンタル

テニスの試合で「自分の緊張感をコントロールする」お勧めの方法5つ

大事な試合、団体戦の2-2での1本、マッチポイントを握られた時・・・テニスの試合では、緊張の連続です。

いつも通りに!と思えば思うほど、負の連鎖にはまってしまった経験、ありませんか?

今回は、難しいかも知れませんがこの「緊張感」のコントロールを目指して、具体案を準備したいと考えてみました。

あくまでトライですので、皆さんもぜひ一緒に考えてみて下さい。

 

テニスの試合で「自分の緊張感をコントロールする」お勧めの方法5つ

 


 

1.試合中に「相手と会話する」イメージを持つ

対戦相手と、ラリーを通じて「会話」が出来るとリラックスできます。

「バックハンドは苦手かな?」

「ネットプレーは?」

「サーブは得意なんだねー」

という感じで、実際に話す訳ではありませんが、漠然と打ち合っていては大事な場面で緊張してしまいがち。

相手も同じ大会に出ている人間、どんなに強い相手でも必ず付入る隙はあります。

 

2.自分のリズムを作る、相手より後にポジションに入る

テニスの試合では、2人で呼吸を合わせてポイントを開始します。

早いテンポで試合をしたがる選手もいますが、アナタが合わせる必要はありません。

自分のペースで、心を静めて作戦を考えて、セットポジションに入るようにしてみましょう。

焦りは緊張を生みます。

迷いが焦りを生む最大の要因ですので、迷いを無くしてポイントを始める習慣を付けていきましょう。

 

3.相手も緊張していると思い込む

試合では実際、自分以上に相手も緊張しているケースが多いです。

特に相手のマッチポイントのとき。

緊張しているのは、間違いなく相手のほうです。

そう考えると、気持ち的に少し楽になりませんか?

 

4.緊張感を感じたら、1ポイントだけ思い切り攻撃的にプレーしてみる

緊張感が高まって身体が動かなくなっていると感じたら、1ポイントは思い切ってラケットを振ってみましょう。

またはネットプレーに出る、というのも有りですね。

とにかく「身体を思い切り動かす」ことで、緊張感が解けて吹っ切れることができるケースもあります。

そのポイントは落としても気にしない。

大局を考えた試合の中での一部として捉えましょう。

 

5.自分の強みを思い出して戦う

緊張感は、自分の自信を失いかけたときに急激に襲ってきます。

その波を止めるには、自分自身を信じてあげることしかありません。

積み重ねてきたことや、練習を思い出しましょう。

そして自分の得意な型、パターンに配球をもっていくことが大切です。

 

どんなに大切な試合も、結果は勝ちか負けしかありません。

残酷ですが、テニスの試合は辛く厳しいもの。

それでも、極端な話かも知れませんが、負けて命を取られる訳ではありません。

試合を楽しむ気持ちを、どこかで持てるよう工夫しましょう。

今回ご紹介したポイントも、少しでも楽しんでテニスの試合ができるような工夫にすぎません。

アナタ自身でも、緊張感のコントロール方法、ぜひオリジナルで考えてみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  2. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  3. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  4. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  5. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について

関連記事

  1. テニス スポーツ

    メンタル

    だた何となく「返球しているだけのテニス」で、勝とうと思うから難しいのです

    みなさん試合の中で、こういうポイントどれくらいあるでしょう?自…

  2. テニス 練習

    メンタル

    テニスの試合で、「ミスが少ない人は何が違うのか?」を失点の種類で考えてみる

    試合に負ける選手のミス、には共通点がある。本人は気付いていない…

  3. テニス ミス
  4. 戦術

    メンタル

    フワッと試合に入る人、が多過ぎるのが草トー大会

    私が見ていて、感じること。試合会場で、当然勝負の世界なのですが…

  5. テニス 仲良し

    メンタル

    「ノリが良い選手」に、試合で運は味方する

    みなさんの周りで、「ノリ」が良い人はいませんか?少なからず、い…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    「力を出し切れていない」自分こそ、自分の実力である

    「やれば出来る子」この言葉、最近またCMや色々な場面で聞きます…

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    あるレベルを超えると、「試合の流れを断ち切るサービスエース」が打てる選手が増える…
  2. テニス 練習

    ボレー

    「ボレーを個人練習で磨きたい!」という方にお勧めのペアで出来る簡単練習5つ
  3. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーでいつも「アウトボールを触ってしまう」のは、自分の膝が伸び切っているから
  4. テニス 目

    戦術

    相手が打つ前に、「良い態勢なのかどうか?」は必ずチェック!
  5. テニス 練習

    ストローク

    せっかく走って追い付いたのに、何で無謀なショットを打つの?
PAGE TOP