テニス メンタル

メンタル

テニスの神様がいるのなら、アナタ自身は「テニスコート上でいつも試されている」という覚悟を持とう

テニスの試合、って辛いことばかり。

試合の中で苦しいときも、シングルスであればだれも助けてくれない。

ダブルスだってペアでいつも盛り上げよう・・・と思っても、負けているときに自分たちを鼓舞するのも楽じゃない。

「神様にでも、すがりたい・・・」と思うこと、私もあります。

ですが、神様がいるんだったら、自分はいつも試されているはず。

そう考えて、日々過ごしてみるとテニスが強くなると思うんです。

 

テニスの神様がいるのなら、アナタ自身は「テニスコート上でいつも試されている」という覚悟を持とう

 


 

■勝負のカギは、いつでも「細部」に宿っている

細かい部分にこそ、勝負の分かれ目となるポイントは潜んでいる。

ちょっとした態度、準備不足、が相手に隙を見せる形になって、試合の中で苦労することになる。

いつでも、問題を創り出しているのは自分、という意識が呈す選手には必要。

テニスの神様は、きっと細かい部分を観てどちらに味方をしようか、決めているんだと私は思います。

 

■いつでも自分は試されている、という意識は大事

長い人生、いつだって自分は試されている。

テニスだけじゃないですよね。

勉強では受験、仕事では成果、いつでも他人に評価されるような場面、オーディションの連続。

テニスの試合も、その一部。

辛いですが、しっかり向き合って全力を出す、ことが出来ればきっとアナタ自身の成長につながるはずです。

そして細かい部分をしっかり頑張れていれば、最後に神様が味方してくれるのです。

 

■きっとコードボールへの意識も、変わるでしょう

コードボールがぽとっと、自分のコート上に落ちる。

「何だよーついてないな・・・」と思うのか、「きっと神様がもっと頑張れと、言ってるんだ」と思えるか。

たかが気持ちの問題、と思うかも知れませんが、テニスコートの上では自分で自分を励ますしかない。

神様と会話して、味方してもらえるように頑張るしかない。

と、私は思うようになってから、試合の中で自分をコントロールできるようになった気がします。

 

細部にこそ、勝負のカギが宿る。

この言葉はたくさんのスポーツで、名監督の皆さんが口を揃えて言う言葉。

私自身、この言葉の意味が分かるようになってきたのは、30歳を超えてからです。

普段の生活こそ、テニスコート上でのメンタルトレーニング。

しっかり自信を持って望めれば、自分の実力を出せる。

コート上のテニスの神様、しっかり味方にしていきましょう。

ピックアップ記事

  1. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  2. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  3. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  4. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  5. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について

関連記事

  1. テニス スポーツ

    メンタル

    自分を持ってさえいれば、どんな試合の結果でも受け入れることが出来る

    テニス、もう辞めようかな・・・。そう考えるきっかけって、人それ…

  2. テニス 雑記

    メンタル

    「読み返して意味があるテニスノート」を作る為に、意識したい5つのポイント

    このサイトでも何度か紹介しているテニスノート。皆さん、練習の後…

  3. テニス ミス

    メンタル

    「1本集中!」ばかり口癖にしていては、狼少年になる

    試合会場を見ていると、この声がいつも響き渡る。「1本集中!」…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    人がプレッシャーに負けるとき、それは大抵「自分のイメージを守りたい」と考えるときです

    皆さんは試合の中で、プレッシャーに押しつぶされそうになった経験、ありま…

  5. テニス センス

    メンタル

    「テニスの悔しさは、テニスでしか埋められない」ことの現実を、しっかり理解しておこう

    テニスの試合、負けた悔しさは誰もが味わうこと。その悔しさを、ど…

  6. メンタル

    競争があるから人は努力し、頑張った人が最期は勝つ

    テニスの試合がどうも苦手、踏み切れないという方。その理由の大き…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合、ハンデ戦はこうやれば盛り上がる!
  2. テニス 駆け引き

    戦術

    自分の武器を活かすなら、相手の対応パターンを熟知しておこう
  3. テニス ダブルス

    ボレー

    「サービスダッシュとも言うけれど・・・」テニスで自分を変えたければ、時には思い切…
  4. テニス ストローク

    ストローク

    テイクバックが大きい相手選手には、「準備不足」に陥れよう
  5. テニス リターン

    ダブルス

    クロスのストロークの打ち合いで負けないメンタル、必要
PAGE TOP