テニス サーブ

サーブ

「2回連続は、絶対にダメ!」ダブルフォルトを繰り返さない為に、切り替えるコツ4つ

ダブルフォルト、皆さんは試合の中で最大何回くらい経験ありますか?

私は1セットマッチだと・・・シングルスで8回くらいでしょうか。。

すぐに負けてしまったので、ほぼダブルフォルトでの失点が半分くらい、だったように思います。

大事なのは、0にする努力よりも「連続させない」工夫。

繰り返しさえしなければ、きっとまたリズムは戻ってくるはずです。

今回は発想から考え方、具体的なアイデアまで、あくまで私の経験を元にですがまとめてみたいと思います。

 

「2回連続は、絶対にダメ!」ダブルフォルトを繰り返さない為に、切り替えるコツ4つ

 


 

1.違うサイドから打てると思ってリフレッシュする

サーブは交互に打つサイドが変わる。

サイドが変われば景色も変わるし、また新しい気持ちで打てる。

そう思い込むことで、結構ダブルフォルトは減ると思います。

実際に、私はデュースサイドのサーブは得意だったので、アドサイドからはダブルフォルトしても気にしない。

しっかり得意なサイド、デュースサイドでは取り返すぞ、くらいの気持ちも大事です。

 

2.セカンドサーブ前に、しっかり時間を空ける

セカンドサーブ前に、しっかり時間を空けましょう。

自分の間で、ボールを下に突いて、相手を見て。

普段の練習から、意識してセカンドサーブの前の動作や間を、自分のものに出来るように反復練習しておくこと。

ダブルフォルトして、次もファーストが入らない・・・ときこそ、一度しっかり深呼吸することが大事です。

 

3.トスアップを練習する

ダブルフォルトの要因、皆さんはしっかり分析出来ていますか?

意外と見落とされがちなのが、トスの乱れ。

これを修正出来ないときに、繰り返してしまうんです。

私はダブルフォルトした瞬間に、次のポイント前にしっかりトスアップを何度か練習する。

これは一つのルーティーンになっていて、冷静さを取り戻すパターンになって

 

4.ラケットを振り切ることだけに集中する

ダブルフォルトの後は、ラケットが振れなくなる。

その意識が強くなる前に、しっかり振り切ることだけに集中すると良いでしょう。

私も経験がありますが、振り切って終わったのなら、最悪またダブルフォルトでもOK。

なぜなら、しっかり振り切れていれば修正が出来るからです。

中途半端に置きにいって、そして入らない・・・ときに、きっと絶望感に押しつぶされそうになる。

これだけは避けないといけないと、私は思います。

 

ダブルフォルトは、繰り返さないことが大事。

ダブルフォルトを繰り返すと、試合の流れが大きく動くのがテニス。

サービスゲームで自分を助けてくれるのは、自分しかいない。

特にシングルスの試合は、そうですね。

常に練習のときから、ダブルフォルトした後にどんなサーブが打てるのか、を考えておきましょう。

きっとアナタのレベルアップの種が、そこにはあります。

ピックアップ記事

  1. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  2. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  3. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  4. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  5. 【重要です:視聴者アンケート】ご協力のお願い

関連記事

  1. テニス サーブ
  2. テニス サーブ

    サーブ

    風が強く吹く中で、「サーブを安定させる」ために必要なコツ4つ

    強風の中での試合、テニスなら多いですよね。これが苦手だと、アナ…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    ファーストで遅いサーブを打つ、勇気を持とう

    試合の中で、速いサーブにリターンで合わせるのが上手い人は多い。…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合で相手の意表を付く「クイックサーブ」を練習して身に付けると、意外なメリットが・・・

    クイックサーブ、と聞いて、アナタはどんなイメージを持ちますか?…

  5. テニス メンタル

    サーブ

    サーブを打つ前に自分の世界に入り過ぎる、人はきっと試合で勝てていない

    試合をしていて、こういう相手いませんか?相手がサーブを打とうと…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ストローク

    攻撃的なフォアハンドは、「打った側の腕の肩を前に出して」打ち終わろう
  2. テニス メンタル

    日々の雑記

    出る杭は打たれるけど、出ない杭は腐っていく
  3. その他

    「しっかりと、熱中症対策を!」テニスでは仲間でケアし合うことが大切
  4. テニス サークル

    練習メニュー

    大学生からサークルでテニスを初めても、どんどん上達していく人の特徴4つ
  5. テニス ボレー

    ダブルス

    「ストレートケアしとくね!」→ストレートに打たれる→ボレーがネットに→「・・・」…
PAGE TOP