テニス サーブ

サーブ

「2回連続は、絶対にダメ!」ダブルフォルトを繰り返さない為に、切り替えるコツ4つ

ダブルフォルト、皆さんは試合の中で最大何回くらい経験ありますか?

私は1セットマッチだと・・・シングルスで8回くらいでしょうか。。

すぐに負けてしまったので、ほぼダブルフォルトでの失点が半分くらい、だったように思います。

大事なのは、0にする努力よりも「連続させない」工夫。

繰り返しさえしなければ、きっとまたリズムは戻ってくるはずです。

今回は発想から考え方、具体的なアイデアまで、あくまで私の経験を元にですがまとめてみたいと思います。

 

「2回連続は、絶対にダメ!」ダブルフォルトを繰り返さない為に、切り替えるコツ4つ

 


 

1.違うサイドから打てると思ってリフレッシュする

サーブは交互に打つサイドが変わる。

サイドが変われば景色も変わるし、また新しい気持ちで打てる。

そう思い込むことで、結構ダブルフォルトは減ると思います。

実際に、私はデュースサイドのサーブは得意だったので、アドサイドからはダブルフォルトしても気にしない。

しっかり得意なサイド、デュースサイドでは取り返すぞ、くらいの気持ちも大事です。

 

2.セカンドサーブ前に、しっかり時間を空ける

セカンドサーブ前に、しっかり時間を空けましょう。

自分の間で、ボールを下に突いて、相手を見て。

普段の練習から、意識してセカンドサーブの前の動作や間を、自分のものに出来るように反復練習しておくこと。

ダブルフォルトして、次もファーストが入らない・・・ときこそ、一度しっかり深呼吸することが大事です。

 

3.トスアップを練習する

ダブルフォルトの要因、皆さんはしっかり分析出来ていますか?

意外と見落とされがちなのが、トスの乱れ。

これを修正出来ないときに、繰り返してしまうんです。

私はダブルフォルトした瞬間に、次のポイント前にしっかりトスアップを何度か練習する。

これは一つのルーティーンになっていて、冷静さを取り戻すパターンになって

 

4.ラケットを振り切ることだけに集中する

ダブルフォルトの後は、ラケットが振れなくなる。

その意識が強くなる前に、しっかり振り切ることだけに集中すると良いでしょう。

私も経験がありますが、振り切って終わったのなら、最悪またダブルフォルトでもOK。

なぜなら、しっかり振り切れていれば修正が出来るからです。

中途半端に置きにいって、そして入らない・・・ときに、きっと絶望感に押しつぶされそうになる。

これだけは避けないといけないと、私は思います。

 

ダブルフォルトは、繰り返さないことが大事。

ダブルフォルトを繰り返すと、試合の流れが大きく動くのがテニス。

サービスゲームで自分を助けてくれるのは、自分しかいない。

特にシングルスの試合は、そうですね。

常に練習のときから、ダブルフォルトした後にどんなサーブが打てるのか、を考えておきましょう。

きっとアナタのレベルアップの種が、そこにはあります。

ピックアップ記事

  1. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  2. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  3. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  4. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  5. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?

関連記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    「遅くても良いからコースをしっかり狙えるテニスのサーブ」を身に付ける5つのポイント

    トーナメントに出て試合をしている皆さんの中には、「速いサーブ」よりも「…

  2. サーブ

    自分のナイスサーブを得点につなげる5つの法則

    試合の中で良いサーブが入る。でも、そこからどうするのかで得点…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    「発想の整理」だけで、人は自信が持てるようになるはず

    リターンゲームの方が、サーブを打つより気楽で良いな・・・。と、…

  4. サーブ

    ボディに食い込むスライスサーブ、を覚えよう

    渋いけど、試合で使えるサーブ。私は結構、このサーブを使います…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    今年こそ「サーブ改革元年」、試合に勝てるサーブの考え方とは?

    皆さんに、提案があります。今年こそ、「サーブ改革元年」に一緒に…

  6. テニス サーブ

特集記事

  1. テニス 練習

    練習メニュー

    練習での球出しが上手い選手は、間違いなくテニス自体も上手い4つの理由
  2. サーブ

    どういうサーブを打ちたいか、よりも、どういうリターンが欲しいのか
  3. テニス 部活

    メンタル

    テニスの試合で「すぐに格上選手相手に諦めてしまう・・・」人は、もっと弱点を貪欲に…
  4. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレイヤー相手には、「まず足元に打って前にチャージ」していけば、勝手にミス…
  5. テニス メンタル

    練習メニュー

    いつものテニスの練習で、「試合で使えるイメージが沸かない」のであれば、まだ工夫が…
PAGE TOP