テニス サーブ

サーブ

「2回連続は、絶対にダメ!」ダブルフォルトを繰り返さない為に、切り替えるコツ4つ

ダブルフォルト、皆さんは試合の中で最大何回くらい経験ありますか?

私は1セットマッチだと・・・シングルスで8回くらいでしょうか。。

すぐに負けてしまったので、ほぼダブルフォルトでの失点が半分くらい、だったように思います。

大事なのは、0にする努力よりも「連続させない」工夫。

繰り返しさえしなければ、きっとまたリズムは戻ってくるはずです。

今回は発想から考え方、具体的なアイデアまで、あくまで私の経験を元にですがまとめてみたいと思います。

 

「2回連続は、絶対にダメ!」ダブルフォルトを繰り返さない為に、切り替えるコツ4つ

 


 

1.違うサイドから打てると思ってリフレッシュする

サーブは交互に打つサイドが変わる。

サイドが変われば景色も変わるし、また新しい気持ちで打てる。

そう思い込むことで、結構ダブルフォルトは減ると思います。

実際に、私はデュースサイドのサーブは得意だったので、アドサイドからはダブルフォルトしても気にしない。

しっかり得意なサイド、デュースサイドでは取り返すぞ、くらいの気持ちも大事です。

 

2.セカンドサーブ前に、しっかり時間を空ける

セカンドサーブ前に、しっかり時間を空けましょう。

自分の間で、ボールを下に突いて、相手を見て。

普段の練習から、意識してセカンドサーブの前の動作や間を、自分のものに出来るように反復練習しておくこと。

ダブルフォルトして、次もファーストが入らない・・・ときこそ、一度しっかり深呼吸することが大事です。

 

3.トスアップを練習する

ダブルフォルトの要因、皆さんはしっかり分析出来ていますか?

意外と見落とされがちなのが、トスの乱れ。

これを修正出来ないときに、繰り返してしまうんです。

私はダブルフォルトした瞬間に、次のポイント前にしっかりトスアップを何度か練習する。

これは一つのルーティーンになっていて、冷静さを取り戻すパターンになって

 

4.ラケットを振り切ることだけに集中する

ダブルフォルトの後は、ラケットが振れなくなる。

その意識が強くなる前に、しっかり振り切ることだけに集中すると良いでしょう。

私も経験がありますが、振り切って終わったのなら、最悪またダブルフォルトでもOK。

なぜなら、しっかり振り切れていれば修正が出来るからです。

中途半端に置きにいって、そして入らない・・・ときに、きっと絶望感に押しつぶされそうになる。

これだけは避けないといけないと、私は思います。

 

ダブルフォルトは、繰り返さないことが大事。

ダブルフォルトを繰り返すと、試合の流れが大きく動くのがテニス。

サービスゲームで自分を助けてくれるのは、自分しかいない。

特にシングルスの試合は、そうですね。

常に練習のときから、ダブルフォルトした後にどんなサーブが打てるのか、を考えておきましょう。

きっとアナタのレベルアップの種が、そこにはあります。

ピックアップ記事

  1. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  2. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  3. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  4. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  5. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    実は、右利きのサーブだって強力なんです

    サーブは左利きが有利。それって、誰が決めたことでしょう?…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合でのサーブ、ファーストもセカンドも、「スウィングスピードは同じ」だからサーブは安定する

    ファーストサーブとセカンドサーブ、アナタはどんな「差」を付けていますか…

  3. サーブ

    強敵相手に、セカンドサーブになったら…?

    試合の中で、相手が強敵だと感じたら。そして、その相手にセカン…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    「ファーストサーブはスーパーセカンドサーブ」テニスの試合、サービスゲームで意識したいポイント

    試合中、ストロークが入らなくなったらどうする?原因は色々考えら…

  5. テニス 攻撃
  6. テニス サーブ

    サーブ

    重たいサーブを打ちたければ、相手に背中を向けてトスアップしてみよう

    サーブのレベルアップをしたい、しかも安定感もそのままに。こう考…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    バウンド地点を瞬時に判断、出来るようにトレーニングしましょう
  2. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスの試合、厳しいリターンこそストレートに展開していこう
  3. テニス グリップテープ

    その他

    「ここだけの話、グリップテープが上手く巻けない・・・」と悩んでいる方に、ちょっと…
  4. テニス メンタル

    戦術

    「遠くのボールを追う気配が無い選手」に対しては、ライン際のショットは必要無い
  5. テニス 走力

    サーブ

    テニスの試合で、「身長が低いけど、とにかく足が速い選手」を相手にしたときに、有効…
PAGE TOP