テニス サーブ

サーブ

テニスの試合で、「サーブのコースがバレてしまう!」ときは、大抵がトスアップの位置が原因です

サーブのコースの打ち分け、皆さんはどの程度意識しているでしょうか?

「トスを変えれば」ある程度打ち分けられる・・・という人、多いと思います。

初中級レベルなら「トスの位置を変えて、サーブのコースや球種を変える」ということも有効ですが、中級以上だと・・・やっぱりバレてしまうので危険。

今回は、トスアップから読み解くサーブの原則、を確認しておきましょう。

 

テニスの試合で、「サーブのコースがバレてしまう!」ときは、大抵がトスアップの位置が原因です

 


 

■身体の横、低いトスからはスライスサーブが打ちやすい

皆さんも経験あると思います。

スライスサーブは少し打点の高さを落として、自分の横の位置にトスアップする形が打ちやすい。

相手からすると結構気付きやすいサーブでもあります。

ですので上手い選手は、このスライスサーブをクイックで打ったりして工夫してくる。

「スライスだ!」と思った瞬間にはもう打たれていて、リターンの準備が遅れる・・・なんてことも、特にベテランの方の試合では多いです。

 

■スピンサーブは頭の上、打点は前でサーバーがコートに入ってくる

スピン系のサーブはトスアップはほぼ、頭の位置。

前後の差はリターンの位置からだと見えにくいですが、しっかりスピンサーブを打ってくる人は結構前で打っているはず。

コートの中に入ってくるくらい、はっきり前、にトスが上がったときにはスピンサーブを警戒しましょう。

厄介なのは、フラット系サーブとの見分けがつき辛いところ。

フラット系のサーブもほぼ、同じようなトスから打つことが出来る。

なかなか見分けるのが難しいですが、もし男性でファーストサーブにガッツリしたフラットが来るようなまずはそのサーブをケア。

そしてスピンが来たら引き付けてリターンする、くらいの意識で待ってみましょう。

 

■サーブのコースがバレバレ、にならないためには・・・?

まずはトスアップをしっかり前、にして前述したスライスサーブのようにあまりトスが横に流れないように。

スライスサーブも、スピンサーブのトスアップでラケットワークから打ち分けられるようにすると最高です。

なかなか、難しい技術ですので練習が必要。

コツとしては、ボールの「どの位置にラケットを当てるのか?」を自分なりに工夫してみて下さい。

たくさん雑誌や本にも打ち分け方法は載っていますが、まずはトスアップを同じ、で打ち分けたいという強い意志が大事。

最初は難しくても、ゆっくりコースを狙っていきましょう!

 

打ち分け、はテニスにおいて大事な要素。

特にサーブから試合は始まりますので、コースが自分でコントロール出来ないと厳しい。

レベルが上がればコースは読み合い。

バレバレになってしまっていると・・・どんどんリターンをフォアハンドで回り込まれる、なんてことにも成りかねない。

危機感を持って、同じトスアップから打てるように、意識してみましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  2. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  3. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  4. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  5. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ

関連記事

  1. テニス ダブルス
  2. テニス ストローク

    サーブ

    速いサーブを打つパートナーなら、リターンの球筋は割れていく

    速いサーブを打って、相手がリターンする。その時のリターンって、…

  3. テニス メンタル

    サーブ

    テニスの試合では、「低いトスでのサーブ」を身に付けると、風が強い日でも安定する!

    サーブに悩んでいる人で、フォームについてはあれこれ考えるけど、トスの高…

  4. サーブ

    試合で使える「センターへのキックサーブ」を身に付ける為の、身体の使い方について

    安定感があって攻撃的なサーブ、理想ですよね。まずイメージするの…

  5. テニス 準備

    サーブ

    回転系のサーブが効果的な相手って、どんな相手?

    皆さんはサーブを打つ時に、相手の弱点について考えたりしてますか・・・?…

  6. テニス フットワーク

    サーブ

    サービスゲームの基本、「サーブを打つ前に、相手リターンの位置」は必ず確認しよう

    安定してサービスゲームをキープ出来ない。そんな悩みを胸に、日々…

特集記事

  1. テニス ボレー

    戦術

    試合の現場では、「狙ったコースにサーブが入らなくても」慌てないことが一番
  2. ボレー

    シングルスの試合でのネットプレーは、逆を突かれて全然OK
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    そもそもダブルスの前衛に必要なモノって、何だろう?
  4. テニス ボレー

    ボレー

    ハイボレーは外から、ローボレーは内側からラケットを入れていこう
  5. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合で、技術はあってもそれを「使える」人は意外と少ない
PAGE TOP