テニス 構え

サーブ

ダブルスの試合、サービスがしっかり相手のボディを突けたときには「しっかり前衛はポーチ」に動いていこう!

サーブと前衛とのコンビネーション。

この基本がなかなか実践出来ないダブルスペアは、しっかり基本から実践したい。

サーブで相手のボディを突いて、前衛が動く。

このコンビネーションは、基本中の基本です。

 

ダブルスの試合、サービスがしっかり相手のボディを突けたときには「しっかり前衛はポーチ」に動いていこう!

 


 

■ボディサーブは、難しくない!

ダブルスの試合、サーブでコースを突いて前衛がポーチ。

が理想ですが、まずはもっとシンプルに、リターンのボディを突いてリターンを乱したい。

いや、乱すと言うか「普通のリターン」にしてクロスへ返球させる。

ここで前衛がしっかりポーチに出ること、がオーソドックスで効き目がある作戦になる。

ボディへのサーブは、さほど難しくないですよね。

無理にワイドやセンターに打とうとして、フォルトするのはもったいない。

ボディへのサーブでクロスへのリターンを引き出す、だけで充分です。

 

■ボディへのサーブは、相手の気持ちを引かせる

リターンを相手にして厄介なのは、踏み込んでくるとき。

踏み込ませなければ、前衛もポーチに出やすい。

ボディへのサーブは、相手の気持ちを引かせる、不思議な力がある。

一瞬気持ちが引いてくれれば、普通にクロスへのリターンが来る確率は高くなる。

しっかりサーバーのペアと示し合わせて、相手のボディを突いて前衛はセンターストラップ付近で待ちかまえましょう。

これで立派な作戦、の感性です。

 

■ボディへのサーブの価値は、見落とされている

サーブは必ず、両端に打たないといけない・・・という幻想、捨てませんか?

プロ選手だって、しっかりコーナーに打ち分けるのにはリスクが大きい。

だからこそ、ボディへのサーブを混ぜていくのです。

ボディへのサーブを混ぜていくからこそ、両端へのサーブも活きて来る。

この基本をぜひ、覚えておいてダブルスで実践してみて下さい。

 

ボディへのサーブ、は難しくない。

初心者の方でも、対象となる目標物があるからこそ、しっかり振り切れる。

それを信じて、前衛は動ける。

ダブルスに慣れていないペア、初心者の方でも、まずこの作戦なら実践出来るでしょう。

きっとペアとして、勢い付きますよ!

ピックアップ記事

  1. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  2. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  3. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  4. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  5. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    「ゲームカウント4-5、30-40で打つセカンドサーブ」こそ、実力が問われる

    テニスの試合って、辛い・・・。そう感じるときって、どんなときですか…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    スピンサーブに必要な身体の反りは、打つ前に戻さないと意味が無い

    スピンサーブに必要な、身体の使い方。男性でも、結構頑張って胸を…

  3. サーブ

    今、急成長中の日本男子選手、「西岡良仁選手の強さ」をサーブの観点から考えてみる

    今年、全豪オープンを予選から突破し本戦入りを果たした西岡選手。…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    サーブ&ボレー、セカンドサーブの方が前に出られる

    サーブ&ボレーで、意識したいこと。それは、自分がどの程度前に入…

  5. サーブ

    ポイントをリードした時には、サーブを苦手コースにも打って散らしておくこと

    サーブが上手い選手って、みなさんどんなイメージですか?強く速い…

特集記事

  1. ダブルス

    ダブルスの試合では、相手が自信を持っているボールを前衛が潰せば勝てる
  2. スマッシュ

    「スマッシュが苦手な人のほとんどは、振り出しが遅い」試合で有効なスマッシュにする…
  3. テニス ボレー

    ボレー

    ダブルスの試合で本当に強い前衛は、ポーチボレーの後にも全く隙が無い
  4. その他

    「君はパワーポジション、を知っているか?」テニスの基本となる姿勢を覚えよう!
  5. 練習メニュー

    日々の練習を、大切に出来る人はこういう人
PAGE TOP