テニス 攻撃

ダブルス

ダブルスの試合で、「味方ペアのカバーをしようとして墓穴を掘る」人多数の問題について

ダブルスの試合、どうにも勝てないペアはどこかおかしい。

仲間を助けようとして、自分の守るべき場所を疎かにしていると・・・強いペアは見逃してくれない。

試合に強いペアは、正しい分担が出来ているから強い。

今回はこの視点で、考えてみましょう。

 

ダブルスの試合で、「味方ペアのカバーをしようとして墓穴を掘る」人多数の問題について

 


 

■例えばアナタが後衛で、相手前衛に捕まったとすると・・・

雁行陣で、ありがちなケースですよね。

試合に勝てないペアの選手は、まず後衛が慌てる。

自分のミスを取り返そうとして、味方前衛の後ろに入ってカバーしようと必死になる。

でも相手前衛は、そんなのお見通し。

走るアナタの様子をあざ笑うかのように、逆を突いてポイントをゲット。

これはまずい守備の典型例です。

 

■ダブルスは「カバーし合うこと」が、守備では無い

日本人は、どこかカバーし合うことが好きなように思う。

仲間思いと言えば聞こえは良いですが、それって強いダブルスペアの発想では無い。

むしろ、しっかり自分の持ち場を守る責任感こそ、テニスには大事。

それでも、ダブルスで味方ペアの後ろをカバーしたりするときには・・・大事なのはしっかり「チェンジ」すること。

この基本、意外と見落とされているので注意が必要です。

 

■「カバーに走った瞬間」から、担当は入れ替わる

例えば前衛の後ろ、を後衛がカバーすると、その瞬間からチェンジになる。

担当エリアが変わる、この意識を強く持ちましょう。

チェンジの意識が低いダブルスは、前衛がオロオロして後衛が走り回っているだけ。

担当が変わってしまうこと、をしっかり早く決断して相手の攻撃に備える。

そもそも陣形を崩されている訳ですから、早い判断で相手の攻撃に備えないと対抗できません。

 

ダブルスの試合、基本的に私はあまり「カバーし合う」ことはオススメしない。

前衛であれば、上のボールを簡単に後衛に任せてはダメ。

任せるのであれば、自分はしっかりポーチに出る、など別な責任を果たすこと。

どっちつかず・・・になって、結局メリハリの無いプレーになっている選手が、ほとんどです。

アナタは、どうですか・・・?

ピックアップ記事

  1. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  2. 【女子ダブルス 土居コーチと交流大会】8/17(水) in綾瀬テニスガーデン
  3. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  4. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  5. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと

関連記事

  1. ダブルス

    ダブルスの初中級レベルの相手なら、「前衛のバックボレー狙い」から一気にチャージしよう!

    ダブルスの初中級レベルの試合では、前衛に穴がある。特に女子ダブ…

  2. ダブルス

    前衛のポジション、基本に終始してない?

    佐藤プロとの試合解説動画を作ってみて、気付いたこと。みなさん…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    「ダブルスパートナーとの話し合い」テニスの試合で必要な、情報共有のポイント5つ

    強いダブルス、というと皆さんはどんなイメージを持ちますか?私は…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で鉄壁な並行陣は、「センターの守り方」が優れているから抜かれない!

    この夏こそダブルスで並行陣にトライしたい、または並行陣の強いペアを倒し…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    バックボレーは臆病になるから、ダブルスで狙い目なんです

    ダブルスの試合、バックボレーは狙い目。特に相手に触らせていく、…

  6. テニス ストローク

    ダブルス

    「なぜアナタの前衛のプレーが、サービスキープに繋がらないのか」テニスのダブルスで必要な、リターナーに…

    どうして、自分のパートナーはなかなかサービスをキープできないんだろう。…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合では、「ストロークはラケットを振り切るから回転がかかる」ということを…
  2. ストローク

    バックハンド狙い、を成功させたいなら…?
  3. テニス シングルス

    練習メニュー

    もの凄く集中して、普通のことをするのが良い練習
  4. テニス 客観視

    戦術

    相手の得意ショットを攻略しないと、余裕は無くならない
  5. テニス 夜

    メンタル

    自分自身が、「無能な選手に見られたくない」と思っているから、テニスでも一歩が踏み…
PAGE TOP