テニス サーブ

ダブルス

ダブルスの試合、「とにかく速くて深いサーブ」は迷わずロブでの応戦に徹しよう

試合でのロブの重要性について、何度か書いてきました。

しかし実際、試合の中でロブを使ってプレー出来ている人は少ない。

スマッシュを打たれそう、どこか逃げているような感じが嫌、など理由はあるでしょうが、ダブルスでビッグサーブを持っている相手との対戦では必ず必要になります。

そう、勝ちたいのであれば・・・です。

 

ダブルスの試合、「とにかく速くて深いサーブ」は迷わずロブでの応戦に徹しよう

 


 

■ロブを意識させることで、相手は必ず折れてくれる

速くて深いサーブ、はリターンが本当に難しい。

相手もリスクを冒してきている訳ですから、アナタ自身がリスクで応戦するのは無意味です。

無意味・・・というか、もったいないですよね。

そこで無理してリターンが返球出来なくて、相手のポイントになるなんて。

相手が無理しているのであれば、ロブを活用してどんどん無理してもらって自滅を促しましょう。

 

■前衛に触らせるロブであれば、気持ち的に楽に打てる

ロブを打つのに億劫になるのは、「スマッシュを打たれるとまずい!」と思うから。

でも実際、どうでしょう?

前衛にの上に上げて、キレイにスマッシュを打たれるポイント、どの程度ありますか?

きっと思った以上に少ないはずです。

触らせてOK、バックハンド側に上げることが出来れば大成功、くらいで試合では有効。

まずいのは深く、深く・・・と考えてアウトしてしまうことなのです。

 

■試合の序盤にロブをバンバン使うことを、超絶オススメします

私はいつも、試合の序盤でロブを使う。

とにかく使いまくる。

これで相手を意識させると、サーブ&ボレーの出足が鈍くなっていくんですよね。

「またロブかも・・・前衛のフォローに走らなきゃ・・・」と考えさせることが出来れば、序盤の作戦としては大成功!

これくらいの意識だと、ダブルスでもロブを有効に使ってみよう・・・という気持ちになりませんか?

 

抜こう抜こう、と考えるからロブを使いにくくなる。

ダブルスは2人でコートを守れますし、もっとゆったり積極的に使いましょう。

リターンでブロック、出来れば速くて深いサーブも怖く無い。

むしろ、ロブを上げるのには打ちやすいくらいになってくるかも知れません。

そうなると、きっとダブルスのリターンは楽しいですよ。

リターンが返らないと精神的にも落ちていってしまいますので、このロブリターンは必須で使えるようにしておきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  2. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  3. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  4. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  5. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう

関連記事

  1. テニス 雪

    ダブルス

    良い夫婦の日に考えたい、夫婦で挑むミックスダブルスについて

    今日は、11月22日。読んで字のごとく、良い夫婦の日だそうです…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    「相手が2人いるから、第3の手段」が選択肢として必要

    ダブルスの試合、皆さんはどの程度「選択肢」を持てていますか?強…

  3. ダブルス

    シングルスの楽しみを、ダブルスに求めては勝てない

    シングルスとダブルス、両方試合に出ている方も多いと思います。特…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合で「試合中に雰囲気がすぐ悪くなるペア」の特徴4つ

    ダブルスの醍醐味はコンビネーション。長くペアを組んでいるペアは…

  5. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスにおいて前衛は、「攻撃の優先権がある」ことをまず認識しましょう

    ダブルスにも、色々な作戦があります。雁行陣に並行陣、後ろで2人…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスでフラット系のストローカーと対戦するなら・・・?

    「並行陣なんて、別に必要無いです」そんなご意見を、最近頂きまし…

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    ワイドへ厳しいコースのサーブでも、「センターに近いところ」を通過している
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    対並行陣の武器、はどう使っていけば良い?
  3. テニス 客観視

    その他

    嫌なことは早く終わらせたい感、全部外に出てますよ
  4. メンタル

    動画を見て、その絶望を超えていけ
  5. テニス フットワーク

    フットワーク

    実戦的なスプリットステップは、「スタンス広めで沈み込む」のが基本です
PAGE TOP