テニス メンタル

ダブルス

ダブルスの試合で、「自分ばかり狙われて辛い」人はどうすれば良い?

誰にでも、一度や二度は経験あることだと思います。

ダブルスの試合で、自分の調子が上がらずに狙われて辛い。

そうなると、もう頭が真っ白になって、より悪循環ではまっていく。

これを抜け出す、防ぐヒントは何か無いものか、考えてみませんか?

ダブルスの試合で、「自分ばかり狙われて辛い」人はどうすれば良い?

1.ボレーのミスが多い時に、狙われがち

私も試合で、これはやります。

相手を見て、ボレーが苦手そうな選手には、どんどん触らせる。

前衛でネット近くにいるときには、あえて参加してもらってミスを誘う。

ボレーのミスって、精神的に痛いし重い。

だからこそ、狙われるんですよね。

落ち込んでいる相手、が分かりやすいですから。

本気で狙われているなら、まずこのボレーミスを無くすこと、が大事ですね。

2.前衛は無理に作らなくても良い

試合では、前衛は前にいないといけない、みたいなルールはありません。

すごく極端かもしれませんが、サーブを打つ時の前衛、別にベースラインまで下がっても良い。

ボレーでミスが嫌なら、これくらい思い切った策も良いと思いますよ。

2人でベースライン、からチャンスを伺う。

ラリーの中から、ネットに出る方がリズムが出ますしね。

実際に、リターンゲームでは2バック、というペアも多いですが、サービスゲームでも一緒。

前衛で狙われてボレーミスが目立つなら、下がるのは一つの選択肢です。

3.明らかに変える、ことが試合では大事

下がってもストロークミス、が止まらないかもしれない。

こういう時には、スピン系のショットからスライスに変える、くらいしていかないと。

中途半端に、自信無く打つショットが、調子をますます乱していきますからね。

ショットのバリエーションが無いと、狙われると辛いんですよ。

そもそも、狙いやすい相手って球種が限られている相手、ですからね。

計算出来る人、になったら試合では勝てない。

普段の練習から、スピンとスライスは両方使えるように、しっかり意識しておかないとダメです。

4.「これがダメでも、アレがある」のアレが大事

みなさん、アレ、はありますか?

自分の調子が悪い、狙われている時に、どうやって何かを変えるのか。

「アレ」が全くないと、もう手詰まりになってしまって、試合にならない。

自分の中でも、融通が利かないことを知っているから、辛い。

普段の練習で、アレ、を増やしておかないと狙われますからね。

ボレーがダメなら下がる、下がってもダメならスライスにする、何でも考えられると思います。

ぜひ、自分の中で準備しておいて下さいね。

相手を恨んでも、仕方ない。

ダブルスにおける一人狙いは、常套手段ですから。

調子が悪い方を狙うのは、しごく当然の話。

だからこそ、しっかり心も技術も、準備しておくことが大事です。

ピックアップ記事

  1. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  2. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  3. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  4. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  5. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム

関連記事

  1. テニス ストローク

    ダブルス

    初めてペアを組んでの試合なら、この3つだけは確認しておこう

    初めて組む人と、試合に出る。なかなか難しいシチュエーションです…

  2. テニス ダブルス
  3. テニス 団体戦

    ダブルス

    ダブルスの試合、ペアで会話するなら対戦相手についてが基本

    ダブルスをどう戦うのか、についてペアと相談する。ポイント間でも…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合、パートナーのミスを「自分の責任」と考えられる人は少ない

    ダブルスペアとしての一体感。これは、ある場面を見ればすぐに分か…

  5. テニス リーダー

    ダブルス

    団体戦のダブルスに、必要な要素とは?

    団体戦を、チームとして勝ち抜いていきたい。そう考えるときに、肝…

  6. ダブルス

    後衛同士のラリーが速くて、「ポーチに出れない・・・」という方へ

    ダブルスの試合で、後衛同士のラリーが速いとき。「これは、邪魔出…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合では、「序盤でIフォーメーション」を入れるとすごく効果的で…
  2. サーブ

    ボディに食い込むスライスサーブ、を覚えよう
  3. テニス ダブルス

    練習メニュー

    前衛がラケットで触れば勝ち、のゲーム形式をやってみよう!
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    実力で劣る後輩を引っ張るダブルス、に必要な要素4つ
  5. テニス サーブ

    サーブ

    ダブルフォルト病が重症な人は・・・どうしよう?
PAGE TOP