テニス メンタル

ダブルス

ダブルスの試合で、「自分ばかり狙われて辛い」人はどうすれば良い?

目次

誰にでも、一度や二度は経験あることだと思います。

ダブルスの試合で、自分の調子が上がらずに狙われて辛い。

そうなると、もう頭が真っ白になって、より悪循環ではまっていく。

これを抜け出す、防ぐヒントは何か無いものか、考えてみませんか?

ダブルスの試合で、「自分ばかり狙われて辛い」人はどうすれば良い?

1.ボレーのミスが多い時に、狙われがち

私も試合で、これはやります。

相手を見て、ボレーが苦手そうな選手には、どんどん触らせる。

前衛でネット近くにいるときには、あえて参加してもらってミスを誘う。

ボレーのミスって、精神的に痛いし重い。

だからこそ、狙われるんですよね。

落ち込んでいる相手、が分かりやすいですから。

本気で狙われているなら、まずこのボレーミスを無くすこと、が大事ですね。

2.前衛は無理に作らなくても良い

試合では、前衛は前にいないといけない、みたいなルールはありません。

すごく極端かもしれませんが、サーブを打つ時の前衛、別にベースラインまで下がっても良い。

ボレーでミスが嫌なら、これくらい思い切った策も良いと思いますよ。

2人でベースライン、からチャンスを伺う。

ラリーの中から、ネットに出る方がリズムが出ますしね。

実際に、リターンゲームでは2バック、というペアも多いですが、サービスゲームでも一緒。

前衛で狙われてボレーミスが目立つなら、下がるのは一つの選択肢です。

3.明らかに変える、ことが試合では大事

下がってもストロークミス、が止まらないかもしれない。

こういう時には、スピン系のショットからスライスに変える、くらいしていかないと。

中途半端に、自信無く打つショットが、調子をますます乱していきますからね。

ショットのバリエーションが無いと、狙われると辛いんですよ。

そもそも、狙いやすい相手って球種が限られている相手、ですからね。

計算出来る人、になったら試合では勝てない。

普段の練習から、スピンとスライスは両方使えるように、しっかり意識しておかないとダメです。

4.「これがダメでも、アレがある」のアレが大事

みなさん、アレ、はありますか?

自分の調子が悪い、狙われている時に、どうやって何かを変えるのか。

「アレ」が全くないと、もう手詰まりになってしまって、試合にならない。

自分の中でも、融通が利かないことを知っているから、辛い。

普段の練習で、アレ、を増やしておかないと狙われますからね。

ボレーがダメなら下がる、下がってもダメならスライスにする、何でも考えられると思います。

ぜひ、自分の中で準備しておいて下さいね。

相手を恨んでも、仕方ない。

ダブルスにおける一人狙いは、常套手段ですから。

調子が悪い方を狙うのは、しごく当然の話。

だからこそ、しっかり心も技術も、準備しておくことが大事です。

ピックアップ記事

  1. 【初開催】5/29(水)~30(木) T-PRESS プレミアムキャンプ in千…
  2. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  3. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  4. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  5. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…

関連記事

  1. ダブルス

    並行陣を潰すには、リターン側の前衛の動きにかかっている

    ダブルスの試合で、強い並行陣を相手にした時に必要な意識。私は、主役…

  2. テニス ドロップショット

    ダブルス

    ダブルスの試合では、積極的に自分が「オトリになる」意識を持ってパートナーを活かそう!

    他の競技を観ていると、「オトリ」になるような作戦は結構ありますよね。…

  3. ダブルス

    もしもテニスに「3人制のトリプル」という種目があったら‥と考えてみる

    テニスはシングルスかダブルス。戦う人数は1人か2人、なスポーツ…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    対並行陣の武器、はどう使っていけば良い?

    ダブルスの試合で、相手の並行陣をどう崩していくのか。これは、上…

  5. ダブルス

    「ダブルスの試合で相手前衛にポーチされまくり・・・」アナタのテニスを助ける技術とは?

    ダブルスの試合で、「相手の前衛がとにかく邪魔!」と感じたことはありませ…

  6. ダブルス

    ダブルスペアに自信を持たせること、がアナタには何より重要です

    何だか、この人と組むと試合がしやすい。勝てない相手でも勝ってし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス

    テニススクール

    テニススクール生がセンターケア出来ない、本当の理由
  2. ボレー

    勝てるダブルスのポーチコースは、逆クロスじゃない
  3. 戦術

    自分にとって良い攻撃が出来る場所、はどこだろう?
  4. テニス シューズ

    テニス知識

    【保存版】テニス選手ならしっかり選びたい「テニスシューズの選び方」について
  5. テニス ダブルス

    メンタル

    テニス選手の中でも、「モチベーションのコントロールが上手い人、下手な人」の違いは…
PAGE TOP