テニス メンタル

ダブルス

ダブルスの試合で、「自分ばかり狙われて辛い」人はどうすれば良い?

誰にでも、一度や二度は経験あることだと思います。

ダブルスの試合で、自分の調子が上がらずに狙われて辛い。

そうなると、もう頭が真っ白になって、より悪循環ではまっていく。

これを抜け出す、防ぐヒントは何か無いものか、考えてみませんか?

ダブルスの試合で、「自分ばかり狙われて辛い」人はどうすれば良い?

1.ボレーのミスが多い時に、狙われがち

私も試合で、これはやります。

相手を見て、ボレーが苦手そうな選手には、どんどん触らせる。

前衛でネット近くにいるときには、あえて参加してもらってミスを誘う。

ボレーのミスって、精神的に痛いし重い。

だからこそ、狙われるんですよね。

落ち込んでいる相手、が分かりやすいですから。

本気で狙われているなら、まずこのボレーミスを無くすこと、が大事ですね。

2.前衛は無理に作らなくても良い

試合では、前衛は前にいないといけない、みたいなルールはありません。

すごく極端かもしれませんが、サーブを打つ時の前衛、別にベースラインまで下がっても良い。

ボレーでミスが嫌なら、これくらい思い切った策も良いと思いますよ。

2人でベースライン、からチャンスを伺う。

ラリーの中から、ネットに出る方がリズムが出ますしね。

実際に、リターンゲームでは2バック、というペアも多いですが、サービスゲームでも一緒。

前衛で狙われてボレーミスが目立つなら、下がるのは一つの選択肢です。

3.明らかに変える、ことが試合では大事

下がってもストロークミス、が止まらないかもしれない。

こういう時には、スピン系のショットからスライスに変える、くらいしていかないと。

中途半端に、自信無く打つショットが、調子をますます乱していきますからね。

ショットのバリエーションが無いと、狙われると辛いんですよ。

そもそも、狙いやすい相手って球種が限られている相手、ですからね。

計算出来る人、になったら試合では勝てない。

普段の練習から、スピンとスライスは両方使えるように、しっかり意識しておかないとダメです。

4.「これがダメでも、アレがある」のアレが大事

みなさん、アレ、はありますか?

自分の調子が悪い、狙われている時に、どうやって何かを変えるのか。

「アレ」が全くないと、もう手詰まりになってしまって、試合にならない。

自分の中でも、融通が利かないことを知っているから、辛い。

普段の練習で、アレ、を増やしておかないと狙われますからね。

ボレーがダメなら下がる、下がってもダメならスライスにする、何でも考えられると思います。

ぜひ、自分の中で準備しておいて下さいね。

相手を恨んでも、仕方ない。

ダブルスにおける一人狙いは、常套手段ですから。

調子が悪い方を狙うのは、しごく当然の話。

だからこそ、しっかり心も技術も、準備しておくことが大事です。

ピックアップ記事

  1. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  2. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  3. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  4. 【初開催・先着順です!】T-PRESS 12月 インドアコート テニスキャンプを…
  5. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…

関連記事

  1. ダブルス

    ダブルスのペアと考えたい、「自分はデュースサイド、アドバンテージサイド、どっちが向いている?」という…

    テニスにはシングルスでもダブルスでも、サイドはデュースサイドかアドバン…

  2. ダブルス

    パートナーに伝えることで、自分の迷いも捨てられる

    「次のサーブは、センターに打つね」この声掛けだけ、で良いんです…

  3. テニス ダブルス
  4. ダブルス

    テニスのダブルスの試合で「リターンダッシュが得意」な相手への有効な対策5つ

    ダブルスの試合でサーブ&ボレーをしていると、リターンの上手い相…

  5. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの試合、「とにかく速くて深いサーブ」は迷わずロブでの応戦に徹しよう

    試合でのロブの重要性について、何度か書いてきました。しかし実際…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    そもそもダブルスの前衛に必要なモノって、何だろう?

    よく頂くご相談の中に、「前衛の心構えって、何ですか?」というご質問を頂…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 雨

    練習メニュー

    「あと1本」を絞り出せる選手が、テニスコートでは勝者になっていく
  2. テニス ボレー

    フットワーク

    速く動けば余裕が出来る、のがテニスのフットワーク
  3. テニス スマッシュ

    リターン

    セカンドリターン、という発想がすごく楽にさせてくれる
  4. テニス グッズ

    テニス知識

    最近のテニスで、私が役立っている&欲しいモノ5選
  5. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークに必要な懐の深さは、後ろ足の軸足の使い方次第
PAGE TOP