テニス ダブルス

ダブルス

ダブルスの攻撃の型は、「どちらか1人を崩して決める」がほとんど

ダブルスの試合、みなさんが得点する時。

ほとんどが、こういう形だと思います。

一人狙い、と言えばちょっと言い方が悪いですが、ダブルスは2人を相手にしつつもどちらか1人を崩せば良い。

こういう考えを持っておくと、すごく楽ですよ。

 

ダブルスの攻撃の型は、「どちらか1人を崩して決める」がほとんど

 

1.2人を相手にする、という考えは必要無い

私はいつも、こう考えています。

どちらか一人を、崩して得点すれば良い。

まんべんなく2人を相手にしようとするから、体力も気力も使って疲れてしまう。

2人を相手にすると、自分の余裕も無くなりますしね。

ダブルスとは言いつつも、基本は局地戦。

私は、徹底的に一人を狙う。

そして、もう一人についてはある「タイミング」を待って狙います。

 

2.仲間を助けに来るタイミング、は狙い目!

よく、ミックスダブルスだとあるじゃないですか。

女性のカバーをしようと、頑張る男性。

こういう男性、実はカバーに走っているようで自分のテリトリー、担当範囲がおなざりになっているケースが多い。

仲間を助けようとして、自分がやられてしまうパターンですね。

ダブルスの試合で、かなりあるパターンだと思います。

一人を狙いつつ、仲間が助けに来るようならそっちの空いたスペースを狙う。

ダブルスが上手い人って、基本これだと思いますよ。

 

3.1人狙いのターゲットは、ペアで設定しよう

ダブルスですから、ここを揃えておきたい。

どっちを基本、狙っていくのか。

実力差もそうですが、何となくボレーが苦手そうな人を狙うのがオススメです。

前にいるときはボレーさせて、後ろにいる時にはどんどん前に引っ張り出す。

良いんです、もし想定が外れたらやり直せば良い。

ただ漠然と2人を相手にしていく、ようなダブルスの試合は危ないですから。

何となく進んで、何となく負ける。

そういう試合を避ける意味でも、どちらかに絞って攻撃は基本です。

 

4.もし、アナタが狙われる立場だったら・・・

試合ですから、こういうケースもありますよね。

もし、アナタが相手から一人狙いされるようになったら・・・どうでしょう。

まずは、冷静さを失わないことが一番です。

そして、パートナーも、見守る。

安易に助けに走ったら、それこそ相手の思うツボ、ですから。

守備に徹して、粘ることがまず大事。

狙われている、ということは、それだけ粘ればチャンスがあるということ。

ほとんどの人が、「やばい!狙われてる!」と焦ってしまって自滅するだけですから。

ダブルスは、基本一人狙いが多い、だからこそ狙われることもある。

そう考えておけば、きっと試合でも落ち着いてプレー出来ますよ。

 

2人を倒して、ダブルスの試合を勝つ。

そんな試合、少ないでしょう。

大抵はどちらかを崩して、試合を制する。

それを当然、強いペアはさせてくれないんですけどね・・・。

まずはアナタ自身、ペアで相手の崩し方を考えておくこと。

それから、相手に狙われても冷静に対応出来るように、しっかり準備しておくこと。

このあたり、意識してやっていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  2. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  3. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  4. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  5. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの並行陣、「ストレートロブを落としてしまうペア」は、前にいる意味が無いのでは?

    ダブルスの試合で、2人でネットプレーに挑む並行陣。なかなか学生…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合では、「低いリターンを打っている」限りは、相手ポーチを怖がる必要は無い!

    現在、有明テニスの森公園で開催されている全日本大学対抗テニス王座決定試…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「しまった・・・出れた・・・」と思った相手前衛の顔を見逃すな!

    ダブルスの試合、強い選手はストレートアタックが上手い。相手がポ…

  4. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスのパートナー選びは、実力より信用に尽きる

    ダブルスのパートナー、みなさんはどんな人と組んでますか?そのき…

  5. テニス メンタル

    ダブルス

    「ローボレーがどうしても苦手・・・」な人は、ダブルスでは変則陣形で挑むのも有り!

    テニスの数ある技術の中でも、最も難しい部類に入るのが低い位置のボレー、…

  6. ダブルス

    前衛が動ける雁行陣は、やっぱり試合でも強い

    ダブルスの試合で、いつ前衛がポーチに動くのか。そして、動きやす…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 環境

    ボレー

    ネットプレーで、「攻撃している時に視野が狭くなる」自分に気付ければ強くなれる
  2. テニス フットワーク

    シングルス

    レベルの高いシングルスの試合では試してみたい、「ドロップボレー誘導作戦」とは?
  3. テニス ダブルス

    リターン

    ターンして戻さない、が速いサーブをリターンするコツ
  4. テニス ダブルス

    ストローク

    いわゆるテニスの「普通のストローク」とは、全て打点が低いと自覚しよう
  5. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの攻撃力を高めたいなら、相手が打つ直前にポジションを微調整出来るようになろ…
PAGE TOP