テニス ストローク

サーブ

強いリターナーにこそ、こちらは2人で向かっていこう

ダブルスの試合、強力なリターンを持つ相手との対戦は避けられないでしょう。

きっと、ビッグサーバー、以上にビッグリターナー、の方が多い。

サーブ&ボレーを試みても、足元にガッツリ沈められる。

下がっていても深く強打される。

そんな相手にこそ、こちらは2人で向かっていくサービスゲーム、に仕上げていかないと勝てません。

 

強いリターナーにこそ、こちらは2人で向かっていこう

 

1.サーバーとリターンの一騎討ち、絶対にダメ

まず、こちらのサービスゲームですから。

リターンの選手が強力なら、必ず2対1を作る。

サーバーとそのパートナーの前衛が協力して、相手のリターンの選手にプレッシャーをかけること、が大事。

サーバーと一騎討ちにするなんて、相手の思うツボですよ。

ミックスダブルスでもそう。

女性がサーブなら、なおさらですね。

プレッシャーをかける、ということはどういうことか。

まずはしっかり、動くということです。

 

2.前に詰めて、ポーチに出るのが第一

まずはしっかり、前衛は前に詰める。

強力なリターン選手に向かっていくのは少し怖いですが、ネットに近付けばアナタのチャンスは拡がる。

相手は、自分に近付いて来るだけでも嫌なものですからね。

そしてそこから、しっかりポーチに動く。

前衛が触る、というポイントを早めに作っておくことが大事。

怖くて、これが出来ない人が多いんですよね。

相手は、そのあたりよく分かっている。

リターンが得意な選手は、「自分を恐れてくれる」相手が大好きですから。

 

3.「恐れない姿勢」こそ、強い相手には必要

相手は、こういう相手がきっと嫌。

自分のリターンに、飛び込んで来る、恐れない姿勢を見せて来る。

サーブを打つ選手を、必死に前衛が助けようと頑張ることで、試合の流れは変わってきます。

ビッグリターンは怖いですけど、本当にナイスショットは仕方ない、とにかくプレッシャーをかけて崩れてくれるように仕向けていく。

これだけで、ダブルスの試合は分からなくなります。

サービスゲーム、ダブルスですからサーバーの調子だけには頼らない。

2人で向かっていく姿勢、こそ今のアナタのダブルスペアに必要なことだと思います。

 

4.大事なのは、当事者意識と責任感

私自身、すごく意識しています。

このリターン選手に、自分のプレッシャーはどれだけ効いているんだろう、と。

サーバーなら、コースの選択や球種は効いているのか?

前衛なら、しっかりポーチのプレッシャーを感じてくれているのか?

この部分、実力よりも意識の問題。

自分の問題、として考えているかどうか、がすごく大事。

当事者意識、責任感が無い人は、いつまでも個人の戦い、サーブとリターンの一騎討ち。

2人で戦う、という意識が低いということは、ダブルスでは致命的。

サーブでムキになるのも、一緒ですよ。

ダブルスらしいサービスゲーム、目指していきませんか?

 

ダブルスのサービスゲーム、厳しい試合も多いですよね。

良いリターンを打って来る人はたくさんいる。

でも、良い前衛の選手って、少ないですよね。

まだまだ、改善すればチャンスはある。

だからこそ、しっかり考えてペアで変えていく。

サービスゲーム、の方がまだまだレベルアップ出来ると思いますよ!

ピックアップ記事

  1. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  2. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  3. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  4. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  5. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著

関連記事

  1. サーブ

    平均的なサーブ、説明出来る?

    自分のサーブを、自分で説明してみる。こういう企画を、最近土居…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    今年こそ「サーブ改革元年」、試合に勝てるサーブの考え方とは?

    皆さんに、提案があります。今年こそ、「サーブ改革元年」に一緒に…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    セカンドサーブは、絶対にファーストサーブより遅く打たないといけない?

    ふと、考えてみる。自分のサーブの調子が良いとき、というのはこう…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    スピンサーブで回転量が足りない人は、「肘の位置を高く打ち終わる」と改善されます!

    スピンサーブの回転量は、そのままサービスキープの安定感に直結する。…

  5. テニス 練習

    サーブ

    「女子選手でも、サービスキープ率を上げていきたい」ときに意識したい、試合で使える4つのポイント

    女子選手は、サーブの力が男性に比べて弱い。プロ選手でもサービス…

  6. テニス メンタル

    サーブ

    「遅くても良いからコースをしっかり狙えるテニスのサーブ」を身に付ける5つのポイント

    トーナメントに出て試合をしている皆さんの中には、「速いサーブ」よりも「…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    「一喜一憂しないこと」が、ダブルスパートナーへの信頼の証
  2. テニス チャンス

    戦術

    試合の緊迫した場面で、「相手が取りに来るポイント」を感じよう
  3. テニス ストローク

    ストローク

    「速いスィングは何の為?」テニスの試合では緩急の使い分けがポイント
  4. テニス ストローク

    ストローク

    バウンド地点を瞬時に判断、出来るようにトレーニングしましょう
  5. ボレー

    相手がスライスの構え、ならボレー側は突っ込み要注意
PAGE TOP