サーブ

試合で使える「センターへのキックサーブ」を身に付ける為の、身体の使い方について

安定感があって攻撃的なサーブ、理想ですよね。

まずイメージするのは、プロ選手も多く使うセンターへの高い軌道のキックサーブではないでしょうか?

屈強な男性しか打てない・・・というイメージ、あるかも知れません。

しかしながら、テニスに不可能はありません。

しっかりポイントを押さえれば、女性でもきっと効果的なサーブに仕上げられるはずです。

 

試合で使える「センターへのキックサーブ」を身に付ける為の、身体の使い方について

 


 

■基本のフォームは、「相手の方向に自分の背中」を向けるようにトスアップ

最初の基本となる部分が、実は一番難しい。

打つ宝庫うに対して、背中を向けるようにしっかりと肩を入れてトスアップする。

上体を捻ってラケットを持つ効き腕を少し下げて、上にしっかり振り抜いていきます。

大前提となるのが、コンチネタルグリップ。

薄いグリップでなければ、この打ち方で相手コートの方向にボールを飛ばすことは難しいので注意しましょう。

 

■トスは必ず前に!背中側で擦っても飛ばない

よくキックサーブやスピンサーブは「トスを後ろに」と勘違いしている方がいますが、あくまで打点は前。

コートの内側30cmくらいに落ちるようなトスを上げましょう。

力が伝わり辛い後ろ側で擦っても、ボールに力は伝わりません。

しっかり軸足でコートをキックして、身体全体でボールに力を伝えましょう。

 

■ラケットが動く方向、ボールが飛ぶ方向

キックサーブをイメージするときに最も難しいのが、ラケットを振り出していく方向とボールが飛ぶ方向とが異なること。

言葉で書いてみても、ん?という方、多いと思います。

よーくプロ選手のサーブを動画でチェックしてみて下さい。

ラケットは右斜め前に動かしているのに、ボールは左斜め前に飛んでいく。

これは、薄いグリップでプロネーション動作と呼ばれる手のひらを返していく動きがあるから、できることなのです。

難しいと思いますが、まずはイメージしながら練習してみましょう。

 

サーブ練習は、積み重ねと工夫が重要。

試合で使えるにはセンターにしっかり高い軌道で、サービスライン内側50cmに入れたいところ。

ただ、書かせて頂いたような打ち方を覚えることができれば、きっとそれは窮屈な打ち方に感じられるはず。

この窮屈さが、慣れてくると身体の動きを制限する安定感に繋がります。

これを読んだだけでは、難しいのは百も承知です。

長いスパンで、磨いていきましょう。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  2. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  3. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  4. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  5. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう

関連記事

  1. サーブ

    サーブを打つ前に、次でフォアに回り込む覚悟を!

    自分のサービスゲームをキープしたい、リズム良く進めていきたい。…

  2. テニス サーブ
  3. テニス サーブ

    サーブ

    シングルスにおけるサーブ、「相手から浅いボールを引き出す」ことを合格点に

    不思議なことに、テニスの大会に出ると「ファーストサーブは、リターンが返…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    「膝の沈み込み」を使えば、テニスのサーブはもっと楽に打てて安定する!

    試合でなかなかサーブが安定しない・・・と、悩んでいる方は多いんじゃない…

  5. テニス メンタル

    サーブ

    何度でも言いますが「サーブを見直さない限り」、アナタに未来は開けない

    一番難しい、だけど一番試合で使うサーブ。これって、一つの技術と…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    明日からサーブのコントロールを良く出来る、一瞬の瞑想の儀式とは?

    サーブを打つ前に、不安になってそのままフォルトしてしまう。毎回…

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    試合を動かしているのは、「もう一人の自分」という意識を持てると全体を俯瞰して見れ…
  2. ストローク

    「バウンドする頃には・・・」構えてももう遅い!テニスのストロークでは致命的なこの…
  3. テニス トレーニング

    日々の雑記

    大事なことは、何度でも書きます
  4. ダブルス

    サーブ&ボレーの相手に、スライスでチップ&チャージ!
  5. 戦術

    綺麗でないポイントにこそ、本質がある
PAGE TOP