サーブ

甘いサーブだと、サーブ&ボレー出来ない?

目次

これから、サーブ&ボレーにトライしたい。

そう考えているみなさんに、私のスタンスとしている部分を、まとめてみます。

サーブが良くないと、前に出るのは危ない。

そう考えてサーブだけの強化に勤しむのは、危険です。

サーブ&ボレー、勝負はあくまでネットプレー。

そして、相手との駆け引きです。

 
 

サーブが良いと、リターンも良くなる

実は、テニスってこういう法則があります。

試合に強い選手ほど、適応力がある、試合の中で合わせて来る。

サーブが良いと、リターンも集中力を増して、調子を上げて来る。

みなさんも、経験無いですか?

逆にサーブが遅い、イマイチな選手ほど、試合で合わせるのが難しい。

サーブが良いだけで、サーブ&ボレーの成功は保証される訳ではない。

むしろ、相手の良さも引き出しやすい、という要素も持っている。

こういう準備、大事です。



何より大事なのは、コントロール

サーブ&ボレー、はサーブがアプローチショットのようなもの。

相手に近付いていくショット、になる訳です。

だから、しっかり打った方向に自分が近付いていく意識、が大事になりますよね。

威力、スピードよりも、コントロール精度が何より大事。

コントロールが悪いと、大きな空きスペースが出来て、リターンで狙われやすい。

それに、自分のメンタルもやられてしまいますよ。

打ってみないと、自分のサーブがどこに飛んでいくのか分からない、なんてショットになりますからね。

あくまで、コントロールにこだわること、だけは忘れないで下さい。



良い悪い、は相手が決めること

サーブ&ボレー、リターンの相手が何を考えているのか。

これは、相手主体で考えましょう。

サーブが良いのか、悪いのか、アナタ自身が勝手に判断してしまうのは、すごく危険。

特に、男性のみなさんですね。

「今日のサーブ、良い感じだな・・・」と思っている人に限って、相手も「合わせやすいサーブだな・・・」と思っている可能性も高い。

相手の反応を見ながら、サーブ&ボレーのボレーと併せて「やりにくそう」にしているかどうか。

ぜひ、意識して取り組んでみて下さい。



上を目指していくなら・・・

私は、球種を増やすことをお勧めします。

スピン、スライスの2種類は欲しい。

なぜなら、リターンの打点の高さを変えることが出来るから。

一定の高さ、でリターンを打たれると相手も慣れて来ます。

スピンで肩くらいの高さの打点、スライスで膝くらいの高さの打点、で打たせていく。

そうすれば相手も的を絞れない。

良いサーブ=フラットで速いサーブがコーナーにドン!

だけだと勝てないですし、サーブ&ボレーに向かないですよ。

   

お勧めの練習法

サーブからのリターン、でのクロスラリー。

しっかり球種とコントロールを意識して、サーブから前に出る。

そして、ファーストボレーまではしっかりリターン側に返すこと、に集中しましょう。

良いサーブを打つ、ことに意識を使い過ぎないように。

コントロール性を重視して、速さを求め過ぎない。

それだけで、サーブ&ボレーはより試合向き、な武器になります。



しっかりと、自分の武器に育てていく。

シングルスでも、ダブルスでも、自分の球出しからアプローチショットを打てるのがサーブ&ボレー、という意識で良いでしょう。

ダブルスなら、前衛のポーチも使えますからね。

全てをキープにつなげていくために、準備しておきましょう。

ピックアップ記事

  1. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  2. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  3. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  4. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  5. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    あるレベルを超えると、「試合の流れを断ち切るサービスエース」が打てる選手が増える

    テニスの試合、しっかり勝てる人は、こういう雰囲気を持っている。…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    テニスで「ダブルフォルト連発病」が治るかも知れない5つの改善策

    「2度あることは、3度ある」ということわざがあります。これはも…

  3. テニス 走力
  4. テニス サーブ

    サーブ

    男性でサーブが安定しない人は、「無意識のうちに上半身が前に突っ込んでいる」人がほとんどです

    サーブでトスアップはしっかり前に上げる。この重要性は何度かお伝…

  5. サーブ

    良いサーブの後に、人はなぜ力んでしまうのか

    「ナイスサーブ!」だけど、その後が・・・。バン!と打って、せっ…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    「浅いスライスサーブ」が試合では必要な理由

    サーブをしっかり返球して来る、粘り強い相手。シングルスでは、結…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. 戦術

    テニスの立体化改革、2020年
  2. テニス 不器用

    メンタル

    「試合慣れしていない人」とは、いつも同じ景色しか見慣れていない人
  3. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーでいつも「アウトボールを触ってしまう」のは、自分の膝が伸び切っているから
  4. テニス 気付き

    練習メニュー

    振り回し練習では、「相手が頑張って触れる場所」を狙う癖を付けよう
  5. その他

    テニスの試合では、「ショット一発の威力」に頼っていると、打った後に隙だらけになり…
PAGE TOP