テニス サーブ

サーブ

サーブ&ボレーが上手くいかない人は、2段階のあのコツがお勧め!

サーブ&ボレーに挑戦したいけど、難しいと感じている方へ。

難しくしているのは、もしかしたら「一気に前に出る」ことを意識し過ぎかも知れません。

慌てないでも、大丈夫。

私たち一般プレイヤーの脚力、それから相手のリターンを考えると、必要なのは「2段階」の意識です。

 

サーブ&ボレーが上手くいかない人は、2段階のあのコツがお勧め!

 


 

1.しっかり止まる、ことが大事

私も試合で意識していますが、まずは止まること。

相手がリターンする瞬間には、しっかり止まって待たないと反応出来ません。

そこから、歩きながらボレーするようなイメージ。

激しく前に詰めることは、サーブの後は難しい。

だって、ベースラインより前からはサーブを打てないですからね。

一足飛びに前に出る、そんな無理はしない。

2段階、で良いんです。

 

2.2段階で、サービスラインの内側に

並行陣の後衛のポジションには、2段階で入る。

つまり、サーブ&ボレーのこの「ボレー」の時にはまだ後ろで良い。

ファーストボレーの位置は、結構後ろでも良いと思いますよ。

そうすることで、しっかり余裕を持って前に入れるし、サーブの後のダッシュも短くて済む。

ファーストボレーを打った後、に良いポジションに入ればそれで良い。

これくらいゆったりした感じ、で私は良いと思います。

参考の動画、ぜひ見てみて下さい。

ゆったりと前に出る感じ、でサーブ&ボレーは充分です。

 

3.ネットに詰めないと、こんな利点が!

まず、相手の前衛も良く見えます。

もしかしたら捕まるかも知れませんが、それでもポジションが後ろですから慌てないで良い。

相手の前衛が動いて来るようなら、ストレートにも流せるし、ロブも打てる。

それもこれも、しっかり止まっているから出来ることなんですよね。

並行陣を作るのは、ファーストボレーの後で良い。

長めのボレーを打つ準備だけして、サーブをまずはしっかり打つ。

これに集中していきましょう!

 

4.良いサーブ、があってこそのサーブ&ボレー

まず、これですよ。

コントロールされたサーブがあるから、ボレーでも押していける。

何となく雑に打って前に出る、ような人多くないですか?

結局、サーブもボレーも中途半端、になっているとリターンの餌食になりますから。

しっかり、相手を見ながら止まって構える。

少しセンター寄りに立って、センターを空けないように注意しておく。

サーブ&ボレーの意識改革、一緒にやっていきましょう!

 

一見派手に見えるようなダブルスでも、実は動きはゆったりしている。

女子ダブルスの方も、大事なポイントです。

ファーストボレーを打ちながら、良いポジションに入ること。

ぜひ、練習から意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  2. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  3. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  4. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  5. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」

関連記事

  1. サーブ

    5-4でのサービスゲーム、は本当に難しい

    サービスゲーム、あと1ゲームで勝ち。サービングフォーザマッチ、…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合で勝つには、「サービング・フォー・ザ・セット」を乗り越えないといけない

    あと1ゲーム、キープすれば試合は終わり。サービング・フォー・ザ…

  3. テニス ダブルス

    サーブ

    センターへのサーブは、「曲げて入れる」ことで安定する

    サーブはセンターに。テニスの試合に出ていると、いかにこれが有効…

  4. サーブ

    「サーブのトスを低くしてみる」ことで、アナタは劇的に変わるかも知れません

    各選手の特徴を観ていて、面白いと思うのがサーブ。これだけ指導法…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    サーブでビビってしまう人は、トスを自分から打ちにいくこと!

    試合でサーブにビビッてしまうこと、ありますよね。これは、ビビッ…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    ファーストサーブ、セカンドサーブ関係無く「同じサーブを2回打つ」という作戦について考えてみる

    テニスの試合にたくさん出ていると、こういう相手と対戦する機会もあります…

特集記事

  1. 戦術

    ドロップ好きの相手からは、とにかく離れるな!
  2. 練習メニュー

    「ミスばっかだと、練習になんねぇよっ!」と、テニスの練習でアナタは言えますか?
  3. テニス セルフジャッジ

    その他

    テニスの試合中に、「熱中症かも知れない・・・」と気付くべきシグナルは、必ず知って…
  4. テニス アクセス

    その他

    2016年も残りわずか・・・ということで、「人気だった記事TOP10」を公開しま…
  5. テニス メンタル

    サーブ

    サーブを打つ前の構えから、既に力んでない?
PAGE TOP