ダブルス

サーブ&ボレーが上手くいかない人は、2段階のあのコツがお勧め!

サーブ&ボレーに挑戦したいけど、難しいと感じている方へ。

難しくしているのは、もしかしたら「一気に前に出る」ことを意識し過ぎかも知れません。

慌てないでも、大丈夫。

私たち一般プレイヤーの脚力、それから相手のリターンを考えると、必要なのは「2段階」の意識です。

 

サーブ&ボレーが上手くいかない人は、2段階のあのコツがお勧め!

 


 

1.しっかり止まる、ことが大事

私も試合で意識していますが、まずは止まること。

相手がリターンする瞬間には、しっかり止まって待たないと反応出来ません。

そこから、歩きながらボレーするようなイメージ。

激しく前に詰めることは、サーブの後は難しい。

だって、ベースラインより前からはサーブを打てないですからね。

一足飛びに前に出る、そんな無理はしない。

2段階、で良いんです。

 

2.2段階で、サービスラインの内側に

並行陣の後衛のポジションには、2段階で入る。

つまり、サーブ&ボレーのこの「ボレー」の時にはまだ後ろで良い。

ファーストボレーの位置は、結構後ろでも良いと思いますよ。

そうすることで、しっかり余裕を持って前に入れるし、サーブの後のダッシュも短くて済む。

ファーストボレーを打った後、に良いポジションに入ればそれで良い。

これくらいゆったりした感じ、で私は良いと思います。

参考の動画、ぜひ見てみて下さい。

ゆったりと前に出る感じ、でサーブ&ボレーは充分です。

相手の厳しいリターンも、返しやすくなるはずです。

まずはサーブに集中、が大事ですからね。

早めに止まって、相手のリターンを受け止めること。

その後、ワンバウンドのアプローチショットを打つようなイメージです。

この場合は、スライスですね。

それで充分、相手を追い込めるでしょう!

T-PRESS YouTube公式チャンネルはコチラ

 

3.ネットに詰めないと、こんな利点が!

まず、相手の前衛も良く見えます。

もしかしたら捕まるかも知れませんが、それでもポジションが後ろですから慌てないで良い。

相手の前衛が動いて来るようなら、ストレートにも流せるし、ロブも打てる。

それもこれも、しっかり止まっているから出来ることなんですよね。

並行陣を作るのは、ファーストボレーの後で良い。

長めのボレーを打つ準備だけして、サーブをまずはしっかり打つ。

これに集中していきましょう!



4.良いサーブ、があってこそのサーブ&ボレー

まず、これですよ。

コントロールされたサーブがあるから、ボレーでも押していける。

何となく雑に打って前に出る、ような人多くないですか?

結局、サーブもボレーも中途半端、になっているとリターンの餌食になりますから。

しっかり、相手を見ながら止まって構える。

少しセンター寄りに立って、センターを空けないように注意しておく。

サーブ&ボレーの意識改革、一緒にやっていきましょう!

 

一見派手に見えるようなダブルスでも、実は動きはゆったりしている。

女子ダブルスの方も、大事なポイントです。

ファーストボレーを打ちながら、良いポジションに入ること。

ぜひ、練習から意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  2. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  3. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  4. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  5. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ

関連記事

  1. ダブルス

    ストレートロブを抜かれた後、抜いた後のダブルスの戦術について

    ダブルスの試合で、よくあるストレートロブを抜かれた後の展開。後…

  2. ダブルス

    もしもテニスに「3人制のトリプル」という種目があったら‥と考えてみる

    テニスはシングルスかダブルス。戦う人数は1人か2人、なスポーツ…

  3. ダブルス

    「ダブルスボレーの仕事」を把握すれば、テニスのダブルスの試合は勝てるようになる!

    先日、明学東村山高校の男子テニス部へボランティアレッスンで行ってきた。…

  4. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「2人で同時にボールを追ってしまう」形になったときには・・・・?

    どんなに練習を積んだペアでも、ミスは起きる。テニスの試合では、…

  5. テニス ボレー

    ダブルス

    「ひたすらストロークで粘るダブルス」に負けない為に、前衛がトライしたい作戦とは?

    ダブルスの雁行陣で、ひたすらストロークをつないで粘るペア、戦った経験が…

  6. テニス ミス

    ダブルス

    ミックスダブルスの試合では、「女性側に上げるロブの精度」に実力差が最も現れます

    ミックスダブルスで、まず狙われるのは女性の頭上。これはどのレベ…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    ボレー

    こねればこねる程、ボレーは点でしか合わせられなくなる
  2. テニス フットワーク

    メンタル

    試合に勝てるようになりたい、なら今すぐ試合に出よう
  3. テニス 目

    戦術

    テニスの試合では、前傾姿勢よりも胸を張って視野を広げていこう
  4. テニス ストローク

    ストローク

    フォアハンドストロークの基本、テイクバックの状態の形を確認しよう
  5. フットワーク

    「ナイス反応!」にはポイントがある!テニスの試合で必要な反応における大原則
PAGE TOP