ダブルス

サーブ&ボレーが上手くいかない人は、2段階のあのコツがお勧め!

サーブ&ボレーに挑戦したいけど、難しいと感じている方へ。

難しくしているのは、もしかしたら「一気に前に出る」ことを意識し過ぎかも知れません。

慌てないでも、大丈夫。

私たち一般プレイヤーの脚力、それから相手のリターンを考えると、必要なのは「2段階」の意識です。

 

サーブ&ボレーが上手くいかない人は、2段階のあのコツがお勧め!

 


 

1.しっかり止まる、ことが大事

私も試合で意識していますが、まずは止まること。

相手がリターンする瞬間には、しっかり止まって待たないと反応出来ません。

そこから、歩きながらボレーするようなイメージ。

激しく前に詰めることは、サーブの後は難しい。

だって、ベースラインより前からはサーブを打てないですからね。

一足飛びに前に出る、そんな無理はしない。

2段階、で良いんです。

 

2.2段階で、サービスラインの内側に

並行陣の後衛のポジションには、2段階で入る。

つまり、サーブ&ボレーのこの「ボレー」の時にはまだ後ろで良い。

ファーストボレーの位置は、結構後ろでも良いと思いますよ。

そうすることで、しっかり余裕を持って前に入れるし、サーブの後のダッシュも短くて済む。

ファーストボレーを打った後、に良いポジションに入ればそれで良い。

これくらいゆったりした感じ、で私は良いと思います。

参考の動画、ぜひ見てみて下さい。

ゆったりと前に出る感じ、でサーブ&ボレーは充分です。

相手の厳しいリターンも、返しやすくなるはずです。

まずはサーブに集中、が大事ですからね。

早めに止まって、相手のリターンを受け止めること。

その後、ワンバウンドのアプローチショットを打つようなイメージです。

この場合は、スライスですね。

それで充分、相手を追い込めるでしょう!

T-PRESS YouTube公式チャンネルはコチラ

 

3.ネットに詰めないと、こんな利点が!

まず、相手の前衛も良く見えます。

もしかしたら捕まるかも知れませんが、それでもポジションが後ろですから慌てないで良い。

相手の前衛が動いて来るようなら、ストレートにも流せるし、ロブも打てる。

それもこれも、しっかり止まっているから出来ることなんですよね。

並行陣を作るのは、ファーストボレーの後で良い。

長めのボレーを打つ準備だけして、サーブをまずはしっかり打つ。

これに集中していきましょう!



4.良いサーブ、があってこそのサーブ&ボレー

まず、これですよ。

コントロールされたサーブがあるから、ボレーでも押していける。

何となく雑に打って前に出る、ような人多くないですか?

結局、サーブもボレーも中途半端、になっているとリターンの餌食になりますから。

しっかり、相手を見ながら止まって構える。

少しセンター寄りに立って、センターを空けないように注意しておく。

サーブ&ボレーの意識改革、一緒にやっていきましょう!

 

一見派手に見えるようなダブルスでも、実は動きはゆったりしている。

女子ダブルスの方も、大事なポイントです。

ファーストボレーを打ちながら、良いポジションに入ること。

ぜひ、練習から意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  2. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  3. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  4. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  5. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」

関連記事

  1. テニス 部活

    ダブルス

    ダブルス初心者の方が意識したい、3つの基本戦術

    初めて試合に出るけど、どうせなら良い試合をしたい。ダブルスの…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合を勝ち抜くために、ペアで連動すべきポイントはどこか?

    ダブルスのコンビネーション、何となく分かるような、分からないような・・…

  3. ダブルス

    「ダブルスの連携術」はテニスの試合の中での優先権の確認から!

    ダブルスで大事なことは、パートナーとの連携。その連携プレーを利…

  4. ダブルス

    ポーチに出られないコツは、シンプルに〇〇

    ダブルスの試合で、相手の前衛に捕まってしまう。こういうポイン…

  5. テニス ボレー

    ダブルス

    リターンした相手の逆を突く、ポーチボレーはコース勝負でいこう!

    ダブルスの試合、ポーチで触ってもなかなか決まらない。前衛でのプ…

  6. ダブルス

    「ナイスプレッシャー!」の一声で、前衛は救われる

    ダブルスの試合、前衛は孤独そのもの。ミスすればチャンスを決めら…

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    ポイント後の感情を、一度リセットすることが試合では大事
  2. テニス ストローク

    ストローク

    アナタのストロークに迫力が足りないのは、「テイクバックの高さ」が足りないから
  3. テニス ボレー

    ボレー

    ハイボレーでの踏み込み足は、上げていこう
  4. ボレー

    バックボレーのメリットは、ポジションがずれないこと
  5. ストローク

    なぜ、ほとんどの人がストロークで「身体が開いてしまう」のかを解き明かす5つの理由…
PAGE TOP