ダブルス

ストレートに打たれない前衛は、存在価値無し

ダブルスの試合で、アナタが前衛に立っているとして。

ボールは飛んできますか?

ラリーに参加、出来ていますか?

試合に関われていない、ストレートに打たれていない時点で、正直前衛としては存在価値が無いと思った方が良い。

試合に強くなりたいなら、警戒される前衛にならないと未来は拓けません。

 
 

「打たれない」というのは、悲しいこと

前衛に立っていて、ストレートに相手が打って来ない。

自分としては、何も悪いプレーをしているようには感じないかも知れません。

でも、それではダメ。

ハッキリ言って、ストレートに打たれない前衛は、相手の眼中に無いということ。

クロスに100%の力を注いで、問題無いと思われている。

これはすごく、悲しいことなんです。

ダブルスなのに、2対1が作れない。

もしかしたら、後衛のパートナーは1対2の状況になっているかも知れないのに。

アナタ自身、しっかりと意識しないと上達は無いんです。



事なかれ主義、がアナタを弱くする

前衛にいて、ボールは来ない、触れていない。

事なかれ主義、の人は前衛に立っていて相手にプレッシャーにならないですから。

きっと、普段の生活の中で「事なかれ主義、なんでしょう」。

なるべく周りと関わらない、参加しない、というスタンスの人は、前衛で厳しいですよ。

自分が前衛に立っていて、ボールが飛んで来ないことに危機感を覚えること。

そこから、アナタ自身の前衛としての旅がスタートしていくことになります。



最初のポイントが、大事

アナタ自身が前衛に立っていて、最初のポイントがどうか。

自分がポーチに動いて触るのか、それとも相手にストレートに打たれるのか、それともその両方が無いままに、試合終了になるのか。

相手に最初にストレートに打たれると、厳しいと思いませんか?

そこからずっと後手になる。

それよりも、最後までストレートに打たれもしない前衛、がもっと深刻ですが。

これを打破するには、自分からポーチに動くしかない。

最初のポイントを、自分が動いて触るかどうか。

これで前衛としての印象が、全く変わって来る。

自分で存在価値、を示していかないと何も変わらないです。

   


試合で存在価値が無い人は、結局勝てない

結局勝てない、ですから。

前衛でしっかり相手にプレッシャーをかけることが出来ない人は、勝てません。

相手の後衛が伸び伸び、打って来ますからね。

私からすると、動かない、打たれない前衛って味方のようで味方じゃない。

敵とまでは言わないですけど、常に2対1で劣勢のような感じになりますからね。

本人は、ポイントに関わっていない=可もなく不可も無く、というスタンスかもしれないですけど。

存在価値が、自分にあるのかどうか。

一度、前衛に立っている時に真剣に考えてみませんか?



前衛の存在価値、をしっかり示していく。

それは少し大げさですが、アナタ自身の生き方を変えることに近い。

「そこまで?」と思いますか?

テニスって、そこまでしないと勝てないですよ。

勝者の椅子は、限られている。

アナタ自身、本当に試合に勝ちたいなら。

ストレートに打たれる前衛、になりましょう。

ピックアップ記事

  1. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  2. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  3. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  4. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  5. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う

関連記事

  1. テニス サーブ

    ダブルス

    「テニスのダブルスの試合で、雁行陣から並行陣に移行する」ときに有効なクロスのアプローチショットのポイ…

    テニスのダブルスの試合、初中級から中級レベルになると、一般の大人の方は…

  2. テニス ドロップショット

    ダブルス

    ダブルスの試合では、積極的に自分が「オトリになる」意識を持ってパートナーを活かそう!

    他の競技を観ていると、「オトリ」になるような作戦は結構ありますよね。…

  3. ダブルス

    ダブルスの試合での、連続攻撃の基本について

    ダブルスの試合で、有効な連続攻撃。強いペアは、ここぞというポ…

  4. テニス 前衛

    ダブルス

    テニスの試合に強いダブルスペアは、「勝利の為ならプライドを捨てる」勇気がある

    テニスの試合、第1シードが圧倒的な強さを見せて勝ち上がる。そん…

  5. テニス 前衛

    ダブルス

    ダブルスの試合で相手のリターンを崩していくには?

    ダブルスの試合、前衛の仕事って・・・何でしょう?ボレーでポイン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 評価

    戦術

    どうやって勝ったのか、よりも、どうやって負けたかの方が大事
  2. テニス ボレー

    その他

    「自分を知れば、自分の強みが見えてくる」ために、テニスでは他人の視点が必要です
  3. テニス メンタル

    メンタル

    自分にコミット出来ない人は、裸になれない
  4. ダブルス

    センターセオリーは、なぜ試合で使えるのか?
  5. 戦術

    相手が強気で来る場面は、冷静に「動いてくる逆」を突いていこう
PAGE TOP