ダブルス

ストレートに打たれない前衛は、存在価値無し

ダブルスの試合で、アナタが前衛に立っているとして。

ボールは飛んできますか?

ラリーに参加、出来ていますか?

試合に関われていない、ストレートに打たれていない時点で、正直前衛としては存在価値が無いと思った方が良い。

試合に強くなりたいなら、警戒される前衛にならないと未来は拓けません。

 
 

「打たれない」というのは、悲しいこと

前衛に立っていて、ストレートに相手が打って来ない。

自分としては、何も悪いプレーをしているようには感じないかも知れません。

でも、それではダメ。

ハッキリ言って、ストレートに打たれない前衛は、相手の眼中に無いということ。

クロスに100%の力を注いで、問題無いと思われている。

これはすごく、悲しいことなんです。

ダブルスなのに、2対1が作れない。

もしかしたら、後衛のパートナーは1対2の状況になっているかも知れないのに。

アナタ自身、しっかりと意識しないと上達は無いんです。



事なかれ主義、がアナタを弱くする

前衛にいて、ボールは来ない、触れていない。

事なかれ主義、の人は前衛に立っていて相手にプレッシャーにならないですから。

きっと、普段の生活の中で「事なかれ主義、なんでしょう」。

なるべく周りと関わらない、参加しない、というスタンスの人は、前衛で厳しいですよ。

自分が前衛に立っていて、ボールが飛んで来ないことに危機感を覚えること。

そこから、アナタ自身の前衛としての旅がスタートしていくことになります。



最初のポイントが、大事

アナタ自身が前衛に立っていて、最初のポイントがどうか。

自分がポーチに動いて触るのか、それとも相手にストレートに打たれるのか、それともその両方が無いままに、試合終了になるのか。

相手に最初にストレートに打たれると、厳しいと思いませんか?

そこからずっと後手になる。

それよりも、最後までストレートに打たれもしない前衛、がもっと深刻ですが。

これを打破するには、自分からポーチに動くしかない。

最初のポイントを、自分が動いて触るかどうか。

これで前衛としての印象が、全く変わって来る。

自分で存在価値、を示していかないと何も変わらないです。

   


試合で存在価値が無い人は、結局勝てない

結局勝てない、ですから。

前衛でしっかり相手にプレッシャーをかけることが出来ない人は、勝てません。

相手の後衛が伸び伸び、打って来ますからね。

私からすると、動かない、打たれない前衛って味方のようで味方じゃない。

敵とまでは言わないですけど、常に2対1で劣勢のような感じになりますからね。

本人は、ポイントに関わっていない=可もなく不可も無く、というスタンスかもしれないですけど。

存在価値が、自分にあるのかどうか。

一度、前衛に立っている時に真剣に考えてみませんか?



前衛の存在価値、をしっかり示していく。

それは少し大げさですが、アナタ自身の生き方を変えることに近い。

「そこまで?」と思いますか?

テニスって、そこまでしないと勝てないですよ。

勝者の椅子は、限られている。

アナタ自身、本当に試合に勝ちたいなら。

ストレートに打たれる前衛、になりましょう。

ピックアップ記事

  1. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  2. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  3. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  4. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  5. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…

関連記事

  1. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの試合、「ロブに弱いペア」を見極める5つの視点

    私自身、ダブルスの試合でロブはよく使います。でも、当然それは相…

  2. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合では、「自分で決めるより、パートナーが決める方が嬉しい」と思えるように

    ダブルスの試合が上手い選手は、この感覚を持っている。「パートナ…

  3. テニス メンタル

    ダブルス

    「ペアにタッチされる」のと、「ペアにタッチしにいく」のは大違い

    ダブルスの試合を観ていて、「どっちがペアとして、引っ張っているのか?」…

  4. ダブルス

    ミックスダブルスで、「また組みたい!」と女性に感じてもらうコツ7つ

    ミックスダブルス、で女性ペアを探している男性のみなさんへ。私が…

  5. ダブルス

    勝てない男子ダブルスは、何かに固執し過ぎ

    試合をしている、当の本人にはなかなか分からないこと。でも、周…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの攻撃の型は、「どちらか1人を崩して決める」がほとんど

    ダブルスの試合、みなさんが得点する時。ほとんどが、こういう形だ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス知識

    テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  2. テニス ミス

    その他

    テニスの成長の過程では、「立ち止まっているときにしか見つからないもの」が絶対にあ…
  3. テニス ストローク

    フットワーク

    「かかとから踏みこもう」苦手なテニスのショットも、下半身が使えるようになると変わ…
  4. テニス 言葉

    ボレー

    ローボレー、ハーフボレーを、返せない本当の理由
  5. ダブルス

    横軸で見ると、ダブルスの穴は3か所ある
PAGE TOP