ダブルス

パートナーがダブってばっかり、その時前衛にいるなら…?

目次

「もう…何だよ!」と、心の中で怒っているだけ?ですか?

こういう人は、申し訳ないですがコートから退場です。

味方のパートナーが苦しいのに、それを責めるようなメンタルでは、もう厳しいでしょう。

イライラしても、相手が喜ぶだけ。

大事なのは、目の前の試合に全力を尽くすこと。

だからこそ、私はこんなスタンスで前衛でプレーしてました。

というご紹介、です。

 
 

全ては、確率論で考える

ダブルフォルト、が多いときは?

みなさん、試合でどうでしょうか。

自分が、ダブってばかりだった試合、思い出してみて下さい。

きっと、サーブで精いっぱい、な状況ですよね。

そんな時には、サーブが入っても自分がビックリ、その次の構えなんて不十分。

ストローク戦になっても、自分がミスしてしまって結局失点。

どうでしょう、当たらずとも遠からず、じゃないですかね?

そこで、前衛の出番!

結局、サーブが入っても苦しい。

後衛、つまりはサーブを打った選手が連続でプレーすると、厳しい状況なんです。

だったら、前衛の出番でしょう。

ここで、ポーチに出てサーブを打っている選手を助ける。

前衛が触るのと、後衛のサーブを打っていっぱいいっぱいな選手が触るの、どっちがポイントを取れると思いますか?

私は、圧倒的に前衛が触る方、だと思いますよ。

抜かれても良い、だってサーブで精いっぱいなんだから

私は、この感覚でプレーしていました。

もし自分が抜かれても、それはしょうがない。

クロスへ通過させる方が、失点の可能性は高い。

それくらい、ダブってばかりの選手は精神的に追い込まれているんですよ。

もう、サーブだけで精いっぱい。

だから、確率論で考えた時には、前衛は動くしかない。

強引にでも、自分が触りにいく方が、得点出来る可能性が高い。

ただ、それだけのことです。



「自分たちは、ペアなんだ」という意識で

勇気付けてこそ、パートナー

だと思いませんか?

サーブの調子が悪いのに、それを仲間が責めてどうするよ、と。

誰もダブりたくてダブっている訳じゃない。

だったら、勇気付けてあげましょうよ。

そう、前衛として、そのアグレッシブなプレーで。

口だけの励まし、必要無し!

私は、試合ではこのスタンスです。

「ドンマイ!ドンマイ!」は、言わない。

だって、言えば言うだけ、パートナーは責められているような感じになりませんか?

私が伝えるのは、一つだけ。

「サーブが入ったら、全部出るから」と。

これだけ、伝えます。

だからこそ、何とかサーブだけは入れて欲しい、という想いを伝える。

後は任せろ、と。

全ては、アナタ自身に返って来る

みなさん、絶対に返って来ます。

自分がやったことは、自分に全て返って来る。

パートナーを勇気付けた人は、次の試合は勇気付けられる。

口だけで対応された人は、口だけで対応される。

みなさん、自分がやって欲しいことをやれば良いんです。

そうすれば、自然とペアらしいペア、に成長していけますから。

   

もう一度、前衛の意識改革を!

大事なことは、何度でも書きます

良い時、後衛がナイスショットの時。

こういう時に動けるのは、「当たり前」です。

そうじゃない、と私は何度も書いて来ました。

試合の流れを自分たちで持って来る、強い相手にも挑んでいくには、それだけじゃダメ。

改めて、この基本を再度、みなさんと共有しようと思います。

苦しい時に、動ける前衛に!

なりましょう。

苦しい時、パートナーのサーブが入らないで苦しんでいる時。

ここで動けるかどうか、がアナタ自身の実力なんです。

怖いですよ、正直。

サーブが安定していない時は、リターンが強気に来るのは当たり前。

そこに飛び込んでいくポーチ、怖いですよ。

でも、どっちが相手にとって嫌か、ポイントを取れる確率が高いか…で言えば、分かりますよね。

あとは、アナタ次第です。

クロスに来ますよ、リターンは

ダブってばかりのサーバー、リターンは何を考えるか。

ストレートに打つ、と思いますか?

普通にクロスに強打で、圧力をかけてきますよ。

だから、前衛の腕の見せ所なんです。

サーブが入っていない時は、リターンだって変なこと、変わったことはやり辛い。

クロスに確実に来るところを、狙える前衛になりましょう!



試合では、よくあるパターンです。

パートナーのサーブが入らない、前衛も動けなくなるような場面。

この時に、今日のこの内容を少しだけでも、思い出してみて下さい。

勇気を出せば、運気が味方します。

それがテニス、というスポーツですから。

ピックアップ記事

  1. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  2. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  3. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  4. 7/1(月) 高西コーチ 女子ダブルス レッスン&ゲーム会 in 世田谷…
  5. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利

関連記事

  1. テニス ボレー

    ダブルス

    Iフォーメーションが難しいと感じるなら、「ただポジションを戻すだけ」でも、充分効果はある!

    ダブルスのフォーメーションプレー、やってみたいけど難しい・・・と感じて…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスでは、「前衛にも複数のポジション」がある

    自分がダブルスの前衛のポジションにいるとき、どのくらいの「パターン」を…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合で「試合中に雰囲気がすぐ悪くなるペア」の特徴4つ

    ダブルスの醍醐味はコンビネーション。長くペアを組んでいるペアは…

  4. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルス上級者の戦術は、「動くこと」が目的じゃない

    ダブルスでの色々な戦術、皆さんまずは「実行すること」が大事。こ…

  5. ダブルス

    相手の前衛の影響範囲は、相手によってかなり違うという事実

    ダブルスの試合で、ここをしっかりと意識しておきたい。「前衛」ほ…

  6. テニス ダブルス

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    試合中の絶体絶命の場面で、笑うこと
  2. ストローク

    スライスストロークは、スライスでの返球が基本になる
  3. テニス ストローク

    ストローク

    オープンスタンスのストロークは、打点を近くするとクロス方向にも打てる
  4. 戦術

    アングルの打ち合いになったら、思い切ってネットに詰めよう
  5. 日々の雑記

    サークルDチームとの対抗戦 開催しました
PAGE TOP