テニス メンタル

ダブルス

ダブルスの並行陣で、実戦で使える得点パターンまとめ5つ

ダブルスの試合、勇んで前に出て並行陣。

でも・・・相手のミス待ち以外に、何が出来る?の問題があるペアのみなさん。

男性でも女性でも、基本は変わりません。

並行陣で、どうやってポイントを取っていくのか、終わらせていくのか。

このパターンをしっかりイメージして、攻撃していきましょう。

 

ダブルスの並行陣で、実戦で使える得点パターンまとめ5つ

 

1.浮いたボールを相手前衛側へ攻撃

サーブ&ボレーで、いきなりリターンが浮いてきたら・・・。

もう、遠慮なく相手前衛に攻撃ですね。

足元、でも有効ですが、出来れば余裕があればしっかり触れないようなところ、アレーを狙いたい。

ハイボレーで、ストレートに展開していくことは、並行陣の典型的な攻撃パターン。

「浮いてから考える」のではなく、「浮いたらここに打つ」というイメージを持って、前に出ていきましょう!

 

2.相手雁行陣の、後衛の前にドロップショット

これも、私自身よく使います。

相手が雁行陣、一人がベースラインなら、その前のスペースが空いている。

ここにしっかり、ドロップボレーを打っていく、ことが並行陣では有効な攻撃パターンになります。

足元に沈められたときに、サッと打てるように「沈められたら、ドロップ」と決めて待ちましょう。

相手前衛に拾われてもOK。

陣形をしっかり崩していく、相手を動かすつもりで前のスペースを使いましょう。

並行陣、ボレーで返球出来る武器は、相手から時間を奪うこと。

この点を、しっかり頭に入れておきましょう。

 

3.深いボレーから、相手のロブケア

これも、何度も記事で書いて来ました。

しっかり並行陣で、深いボレーを打つ、その後が問題です。

ロブをしっかり警戒して、下がり目のポジションで構えること。

そして、2人で連動して仕留める、スマッシュを打ち切る。

この作戦も、並行陣の典型的なパターン。

深いボレーだけだと、ロブで切り返されて苦しくなりますよ。

 

4.前衛が積極的にポーチに出る

これは、雁行陣以上に強力に、ハッキリプレー出来る部分。

サーブ&ボレー、の選手が前に出る前に、触ってしまうくらいのつもりでどんどんポーチに出ましょう。

相手リターンの選手は、足元に沈めようと必死ですからね。

センターストラップ近くまで動いて、沈む前に仕留める。

この強気な姿勢、並行陣には大事です。

並行陣の前衛、が一番攻撃的にプレー出来ること、忘れないで下さいね。

 

5.リターンを沈められたらロブボレーを使う

相手が強くなると、足元にリターンを沈めて前に出て来る。

つまり、4人がネットに出て4アップ、の形になるのも珍しくありません。

そんなときに、ファーストボレーからロブボレー、で相手前衛の上を狙うことも大事。

このショット、難しいようですが、実はここが有効な「逃げ」のコース。

低い位置から中途半端に返球しても、きっと相手に決められるだけ。

それだったら、ハッキリとロブボレーにしていく勇気、が大事でしょう。

ロブボレーが使えるんだ、ということは、並行陣でも有効な発想になります。

相手が前に来るなら、後ろを使ってポイントを取っていくイメージ、をしっかり持っておきましょう!

 

ダブルスの並行陣、前に出るだけで満足していませんか?

相手のミスをもらうことも大事ですが、その為にもしっかり攻撃していかないと。

プレッシャーが無い相手は、ミスもしてくれませんしね。

並行陣のポイントパターン、しっかり意識して練習しておきましょう!

ピックアップ記事

  1. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  2. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  3. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  4. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  5. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう

関連記事

  1. ダブルス

    ミックスダブルスで、「また組みたい!」と女性に感じてもらうコツ7つ

    ミックスダブルス、で女性ペアを探している男性のみなさんへ。私が…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの攻撃の型は、「どちらか1人を崩して決める」がほとんど

    ダブルスの試合、みなさんが得点する時。ほとんどが、こういう形だ…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスでチェンジプレー、失敗すると・・・?

    ダブルスの試合、前衛がポーチに動いてチェンジ!後衛の選手は前衛…

  4. テニス メンタル

    ダブルス

    「サーブが強い、ボレーも手堅い・・・」そんな強豪ダブルス並行陣ペアを倒すのに、必要な意識4つ

    ダブルスの試合をしていて、サーブもボレーも強力で手強い。並行陣…

  5. テニス ダブルス
  6. ダブルス

    「ダブルスで格上ペアを倒したい!」と思うなら、テニスでクロスの勝負はあえて捨てましょう

    ダブルスはペアで戦うコンビネーションが重要。プロテニスの試合で…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. ダブルス

    サービスゲームをキープに導く、前衛の基本ステップ
  2. テニス ストローク

    フットワーク

    シングルスのテニスの試合で、「左右に大きく走らされたとき」に必要な返球意識4つ
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスで相手を騙す、長い打ち合わせの後に正攻法作戦
  4. テニス 不安

    戦術

    結果オーライ、だから勝てないんです
  5. ボレー

    テニスの試合で「直線的なロブボレー」を使えると、ダブルスの戦術の幅はグッと拡がり…
PAGE TOP