テニス 評価

戦術

テニスの試合の中で、「こういう時は、こうする」と決めているプレー、いくつありますか?

皆さんが試合の中で、「決めていること」いくつあるでしょうか?

気付かずにずっと続けていることもあるでしょうし、意識してやっていることも多いでしょう。

私自身、思い出してみましたが・・・その「両方」があると思っています。

練習で仕上げておくこと、試合前に確認しておくこと。

これは、きっと皆さんにも参考になることだと思います。

 

テニスの試合の中で、「こういう時は、こうする」と決めているプレー、いくつありますか?

 

1.例えば、沈められたらドロップボレー

ダブルスの試合、私はまずこれを決めています。

自分がネットに出て、足元に沈められたら無理しない。

前に引っ張り出す、浅い場所に打って相手を前に引っ張り出すくらいでOK。

エースは必要無い、相手に「この選手は前よく使うなー」と思わせればOK。

大事なのは、自分の中で迷いの無いプレーにしておくこと。

深く打とうとしてアウト、するときって、結構迷いながら打っていることが多いですよね。

 

2.決めて繰り返せば、身体が勝手に反応出来るようになる

テニスが上手くなったって感じるの、こういう時じゃないですかね。

意識していることが、無意識で出来るようになる。

身体が反応して、良いプレーが出来る・・・ようになる、ことも、「やることを決めている」ことと同じ。

自分なりのプレー、試合の中で自然に出ているものも多いでしょう。

皆さんも、テニスの練習ってここを意識しないと試合で使えない。

「今取り組んでいることは、早く無意識で出来るようになりたい!」と思いながら、取り組んでいく。

無意識で出来るようになれば、意識すればその「逆」のプレーも出来るようになる。

全てを考えて悩みながらプレーする・・・感じだと、テニスの試合はしんどいですよ。

 

3.ポイントごとの「方針」も先に決めておく

テニスはサーブがリターン、から開始される。

そして、必ずポイントのシチュエーションがありますよね。

私は、40-0の自分のサーブときには、ダブルファーストでいきます。

あえて、セカンドサーブも強く打つ。

そうすることで、相手に「セカンドでも何をしてくるか、分からないな・・・踏み込めない・・・」と思わせる。

ポイントを落としても、それ以上の価値があると思っています。

逆に0-40のリターンゲームのポイントなら、とにかく粘る。

1球でも多くラリーして、気持ち良くラブゲームキープは絶対にさせない、ようにする。

こういうポイントごとの方針は、自分の中で決めておいた方が良いですよ。

 

4.迷いがある選手に、勝利の女神は微笑まない

試合の中で、迷いがある人は結果的に弱い。

実力的に劣っていても、初心者の方でも、迷いが無い人って試合に強いと思いませんか?

もし、アナタ自身がまだ試合の中で迷いがあるのなら、それは「決断の準備不足」かも知れません。

「試合が始まれば、何とかなる」は、ほとんどどうにもならない。

自分のテニスを無意識で出来る、レベルを上げておく。

ポイントシチュエーションを決めておく。

これって、誰でも出来ることだと思いませんか?

 

きっとテニスだけじゃないと思うんですよね。

仕事でも勉強でも、準備しておくことで迷いは少なく出来る。

もちろん、準備出来ない部分もあると思いますよ。

でも、きっと準備を繰り返していけばその準備の精度も上がってくる。

「あ、前の試合はここで迷っていたな・・・」と分かれば潰していける。

テニスで身に付けるこういった準備力、きっとアナタの人生にとっても大きな助けになると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  2. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  3. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  4. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的でオススメなテキスト5つ
  5. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」

関連記事

  1. テニス 格上相手

    戦術

    テニスの試合、粘り強く勝てる人は「同じことを根気よく繰り返す」ことが出来る人

    試合の中で、粘りが足りないで淡泊な試合が多い人は、なかなか勝てない人が…

  2. テニス 体力

    戦術

    テニスの試合に力んで入っても、そのプレーで序盤に体力を消耗するだけ

    テニスの試合、1セットマッチなのに試合終盤で体力が持たない人。…

  3. テニス 環境

    戦術

    試合をこなす、から、「計る」に変えていこう

    来年は、自分を変えていきたい。試合で勝てるような選手になりたい…

  4. テニス メンタル
  5. テニス リターン

    戦術

    試合に勝ったときにこそ「考える」選手は、強くなる

    テニスの試合って、引き訳が無い。究極、勝ちか負け、しかありませ…

  6. テニス 観察

    戦術

    「自分の中でのコツ」を、一番優先して良いんです

    悩んだときには、自分の直感を信じて良い。私は、普段そんな感じで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. ストローク

    「かかとから踏みこもう」苦手なテニスのショットも下半身が使えるようになると変わる…
  2. テニス テニスボール

    テニス知識

    テニスでは、試合と練習で使う「テニスボールが全然違う」ことを、みんな忘れてはいな…
  3. テニス リターン

    リターン

    リターンでバックハンド側のサイドのときには、身体を逃がしながらバックバンドリター…
  4. テニス 準備

    ボレー

    ネットプレーに必要なコントロールは、「目の前2メートルに目標を設定」することで、…
  5. テニス メンタル

    メンタル

    「自分はテニスが下手」という言葉は、謙遜でも口にしたり文章に書いてはいけない
PAGE TOP