テニス 評価

戦術

テニスの試合の中で、「こういう時は、こうする」と決めているプレー、いくつありますか?

皆さんが試合の中で、「決めていること」いくつあるでしょうか?

気付かずにずっと続けていることもあるでしょうし、意識してやっていることも多いでしょう。

私自身、思い出してみましたが・・・その「両方」があると思っています。

練習で仕上げておくこと、試合前に確認しておくこと。

これは、きっと皆さんにも参考になることだと思います。

 

テニスの試合の中で、「こういう時は、こうする」と決めているプレー、いくつありますか?

 

1.例えば、沈められたらドロップボレー

ダブルスの試合、私はまずこれを決めています。

自分がネットに出て、足元に沈められたら無理しない。

前に引っ張り出す、浅い場所に打って相手を前に引っ張り出すくらいでOK。

エースは必要無い、相手に「この選手は前よく使うなー」と思わせればOK。

大事なのは、自分の中で迷いの無いプレーにしておくこと。

深く打とうとしてアウト、するときって、結構迷いながら打っていることが多いですよね。

 

2.決めて繰り返せば、身体が勝手に反応出来るようになる

テニスが上手くなったって感じるの、こういう時じゃないですかね。

意識していることが、無意識で出来るようになる。

身体が反応して、良いプレーが出来る・・・ようになる、ことも、「やることを決めている」ことと同じ。

自分なりのプレー、試合の中で自然に出ているものも多いでしょう。

皆さんも、テニスの練習ってここを意識しないと試合で使えない。

「今取り組んでいることは、早く無意識で出来るようになりたい!」と思いながら、取り組んでいく。

無意識で出来るようになれば、意識すればその「逆」のプレーも出来るようになる。

全てを考えて悩みながらプレーする・・・感じだと、テニスの試合はしんどいですよ。

 

3.ポイントごとの「方針」も先に決めておく

テニスはサーブがリターン、から開始される。

そして、必ずポイントのシチュエーションがありますよね。

私は、40-0の自分のサーブときには、ダブルファーストでいきます。

あえて、セカンドサーブも強く打つ。

そうすることで、相手に「セカンドでも何をしてくるか、分からないな・・・踏み込めない・・・」と思わせる。

ポイントを落としても、それ以上の価値があると思っています。

逆に0-40のリターンゲームのポイントなら、とにかく粘る。

1球でも多くラリーして、気持ち良くラブゲームキープは絶対にさせない、ようにする。

こういうポイントごとの方針は、自分の中で決めておいた方が良いですよ。

 

4.迷いがある選手に、勝利の女神は微笑まない

試合の中で、迷いがある人は結果的に弱い。

実力的に劣っていても、初心者の方でも、迷いが無い人って試合に強いと思いませんか?

もし、アナタ自身がまだ試合の中で迷いがあるのなら、それは「決断の準備不足」かも知れません。

「試合が始まれば、何とかなる」は、ほとんどどうにもならない。

自分のテニスを無意識で出来る、レベルを上げておく。

ポイントシチュエーションを決めておく。

これって、誰でも出来ることだと思いませんか?

 

きっとテニスだけじゃないと思うんですよね。

仕事でも勉強でも、準備しておくことで迷いは少なく出来る。

もちろん、準備出来ない部分もあると思いますよ。

でも、きっと準備を繰り返していけばその準備の精度も上がってくる。

「あ、前の試合はここで迷っていたな・・・」と分かれば潰していける。

テニスで身に付けるこういった準備力、きっとアナタの人生にとっても大きな助けになると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  2. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  3. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  4. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  5. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に

関連記事

  1. テニス ハードコート

    戦術

    「正直、団体戦が苦手・・・」な人こそ、私はチャンスがあると思います

    最近頂いたご相談の中で、こういう内容のものがありました。「団体…

  2. テニス メンタル

    戦術

    他人の土俵で戦わないことは、逃げでは決して無い

    他人の土俵で、戦うこと。これは、テニスの試合で非常に危険なこと…

  3. テニス メンタル

    戦術

    大事なテニスの試合を戦う準備、5つの心得

    大事な試合、もう目の前に控えているみなさん。焦っても仕方ない、…

  4. テニス 計算

    戦術

    「しっかり組み立ててくる対戦相手」を、楽しいと歓迎出来る自分になろう

    試合中に、「何かまるで、コーチみたいな配球・・・」と思えるくらい、しっ…

  5. テニス 客観視

    戦術

    テニス選手には、見た目とショットスピードが比例しない選手もたくさんいる

    「この選手、見た目と全然違うな・・・」という印象を持つケース、…

  6. テニス ストローク

    戦術

    本気で戦法をやってみれば、その弱点は見えてくる

    テニスで、色々な戦術を試してみること。これは、自分で身に付ける…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス サーブ

    サーブ

    「150kmでも軽いサーブと、120kmでも重たいサーブ」の違いは、どこから生ま…
  2. テニス ストローク

    ボレー

    片手バックハンドボレー、なのになぜか両手バックハンドボレー、になってませんか?
  3. テニス メンタル

    戦術

    リードしているその瞬間も、「相手だったら何を考えるか」を想像しよう
  4. テニス シューズ

    その他

    「呼吸法からテニスのショットを考える」と、試合の中でもリラックスして良いリズムで…
  5. テニス ストローク

    ボレー

    バックハンドボレーは、スライス?フラット?
PAGE TOP