テニス 評価

戦術

テニスの試合の中で、「こういう時は、こうする」と決めているプレー、いくつありますか?

皆さんが試合の中で、「決めていること」いくつあるでしょうか?

気付かずにずっと続けていることもあるでしょうし、意識してやっていることも多いでしょう。

私自身、思い出してみましたが・・・その「両方」があると思っています。

練習で仕上げておくこと、試合前に確認しておくこと。

これは、きっと皆さんにも参考になることだと思います。

 

テニスの試合の中で、「こういう時は、こうする」と決めているプレー、いくつありますか?

 

1.例えば、沈められたらドロップボレー

ダブルスの試合、私はまずこれを決めています。

自分がネットに出て、足元に沈められたら無理しない。

前に引っ張り出す、浅い場所に打って相手を前に引っ張り出すくらいでOK。

エースは必要無い、相手に「この選手は前よく使うなー」と思わせればOK。

大事なのは、自分の中で迷いの無いプレーにしておくこと。

深く打とうとしてアウト、するときって、結構迷いながら打っていることが多いですよね。

 

2.決めて繰り返せば、身体が勝手に反応出来るようになる

テニスが上手くなったって感じるの、こういう時じゃないですかね。

意識していることが、無意識で出来るようになる。

身体が反応して、良いプレーが出来る・・・ようになる、ことも、「やることを決めている」ことと同じ。

自分なりのプレー、試合の中で自然に出ているものも多いでしょう。

皆さんも、テニスの練習ってここを意識しないと試合で使えない。

「今取り組んでいることは、早く無意識で出来るようになりたい!」と思いながら、取り組んでいく。

無意識で出来るようになれば、意識すればその「逆」のプレーも出来るようになる。

全てを考えて悩みながらプレーする・・・感じだと、テニスの試合はしんどいですよ。

 

3.ポイントごとの「方針」も先に決めておく

テニスはサーブがリターン、から開始される。

そして、必ずポイントのシチュエーションがありますよね。

私は、40-0の自分のサーブときには、ダブルファーストでいきます。

あえて、セカンドサーブも強く打つ。

そうすることで、相手に「セカンドでも何をしてくるか、分からないな・・・踏み込めない・・・」と思わせる。

ポイントを落としても、それ以上の価値があると思っています。

逆に0-40のリターンゲームのポイントなら、とにかく粘る。

1球でも多くラリーして、気持ち良くラブゲームキープは絶対にさせない、ようにする。

こういうポイントごとの方針は、自分の中で決めておいた方が良いですよ。

 

4.迷いがある選手に、勝利の女神は微笑まない

試合の中で、迷いがある人は結果的に弱い。

実力的に劣っていても、初心者の方でも、迷いが無い人って試合に強いと思いませんか?

もし、アナタ自身がまだ試合の中で迷いがあるのなら、それは「決断の準備不足」かも知れません。

「試合が始まれば、何とかなる」は、ほとんどどうにもならない。

自分のテニスを無意識で出来る、レベルを上げておく。

ポイントシチュエーションを決めておく。

これって、誰でも出来ることだと思いませんか?

 

きっとテニスだけじゃないと思うんですよね。

仕事でも勉強でも、準備しておくことで迷いは少なく出来る。

もちろん、準備出来ない部分もあると思いますよ。

でも、きっと準備を繰り返していけばその準備の精度も上がってくる。

「あ、前の試合はここで迷っていたな・・・」と分かれば潰していける。

テニスで身に付けるこういった準備力、きっとアナタの人生にとっても大きな助けになると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  2. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  3. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  4. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  5. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を

関連記事

  1. テニス ダブルス

    戦術

    強い相手は、試合の中で同じやられ方を繰り返さない

    強い相手は、試合の中でも修正が早い。「でもそれって、経験豊富で…

  2. テニス マナー

    戦術

    挑発的な人、の方がテニスの試合は強い

    テニスの試合、強い人ってどんな感じでしょう。実力以上に、強気で…

  3. テニス 計算

    戦術

    テニス選手として、研究されてからが本当の勝負

    「研究されているな」と感じること。試合中に、ありますか?…

  4. 戦術

    打った方向に自分自身で、プレッシャーをかける方法

    良いショットを打って、すぐに安心してしまう人。これ、結構多いで…

  5. テニス ストローク

    戦術

    テニスというルールの中で、自分の土俵を作れば試合に勝てるはず

    なぜかいつも、相手の作戦にはまってしまう・・・。試合の後に気付…

  6. テニス ストローク

    戦術

    本気で戦法をやってみれば、その弱点は見えてくる

    テニスで、色々な戦術を試してみること。これは、自分で身に付ける…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス メンタル

    メンタル

    いつの間にか、「自分よりレベルが低い人だけ」を見て、自分を安心させていませんか?…
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合、不安になったときに助けてくれる言葉30
  3. テニス スマッシュ

    ストローク

    軽く打ってるのに、なぜあの人のストロークには伸びがあるのか?
  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「ミスした失点はなぜ引きずってしまうのか?」を考えて準備してお…
  5. メンタル

    悔しい気持ちを、誤魔化してはいけない
PAGE TOP