テニス リターン

リターン

試合で使えるリターンが1種類?それじゃ、勝てないですよね

シングルスでもダブルスでも、テニスの試合はリターンから始まる。

サーブはファーストとセカンド、があるけど当然リターンは1回。

相手のサーブが入れば、選択の余地はない、絶対に返球しないと試合にならない。

なのに皆さん、準備が不足してはいませんか?

 

試合で使えるリターンが1種類?それじゃ、勝てないですよね

 

1.ファーストリターン、セカンドリターンがあっても良い

私は、こう思います。

ファーストサーブがあるように、攻撃的なファーストリターンがあっても良い。

特に30-40、15-40のような場面、相手のセカンドサーブになったら準備して、攻撃的にいく。

逆に劣勢のときには、セカンドリターンが必要。

まずは返球出来ないと、ラリーに持ち込めないとリズムも出ないであっという間に試合は終わる。

ブロックリターンやスライス、下がっての高めの軌道、色々なリターンの種類が必要だと思いませんか?

 

2.リターンの種類を増やせば、色々な相手に対応出来る

ビッグサーバー、だけじゃない。

遅い緩いサーブだって、返球し辛いケース多いじゃないですか。

そういう相手にはライジング気味に前に入る、スライスでアプローチ出来るようなリターンも必要。

下がってブロックリターン、も男性の方なら必要ですよね。

どうしようも無い速いサーブ、フラットのリターンで返球なんてそりゃ無理ですよ。

試合の序盤に合わなかったら、もう終わり、じゃないですか?

 

3.リターンは「水物」であるという意識で準備する

フラット系のリターン、私はそもそも信用していません。

入るときは入るけど、水物だからやってみないと分からない。

フラット系のリターンしか打てない人は、試合の序盤でタイミングが合わないと修正が難しい。

ここで、別なリターンを持っていれば試合は立て直せますが・・・皆さんはどうですか?

「リターンの調子、今日は悪かったな・・・」で、負けて終わっているはず。

今日は?

いや、今日も、なはずなんですよ。

 

リターンの種類を増やすこと。

まず、これに真剣に真摯に取り組んでみて下さい。

「相手のサーブをしこるみたいで、嫌だな・・・」と、思う方も学生の方は多いでしょう。

何度も、繰り返し言いますが、自分のテニスにこだわって負けていく、方が私は嫌です。

ブロック、スライス、前に踏み込む、それからセカンドリターン。

一緒に磨いていきましょう!

ピックアップ記事

  1. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  2. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  3. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  4. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  5. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選

関連記事

  1. テニス リターン

    リターン

    シングルスの試合で、「ここぞ!という場面での攻撃的リターン」のパターン4つ

    シングルスの試合、絶対に1ポイントを獲りたい場面、どんなときでしょうか…

  2. リターン

    セカンドサーブは、ただ叩いていくだけだとミスの元だし勿体ない

    相手のセカンドサーブ、ここでリターンから攻撃していきたい!でも…

  3. テニス ストローク

    リターン

    シングルスの試合でのリターン、で有効な考え方5つ

    シングルスの試合での、リターンのコースや作戦。みなさんどうでし…

  4. テニス テイクバック

    リターン

    「重たいサーブでバックハンドが振り負ける」ときには、グリップを持つ両手の間を少し空けるのも有り

    重たいファーストサーブ、試合でなかなかリターン出来ないときありますよね…

  5. リターン

    「レシーブ構えている時」に意識したいテニスの試合で使える相手への印象付けテクニック

    サーブとレシーブ。これはテニスの試合の中で一番大事な場面だ。…

  6. テニス ストローク

    リターン

    このペアは強い、と思ったら迷わずストレートにリターンを

    ダブルスの試合、私は決めていることがあります。以前にも書きまし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ロブ

    ボレー

    ボレーは、少しボールの下を触って山なりに
  2. テニス 上達

    メンタル

    精神的に未熟な選手は、「緊張感がある場面では必ず無難な選択」しか出来ない
  3. テニス ストローク

    ストローク

    「下半身を使ったストローク、よく分からない…」人は、まず骨盤を意識して反応させて…
  4. テニス ストローク

    ストローク

    「ラケットの真ん中より少し下側」で打つと、トップスピンロブは回転がかかりやすい!…
  5. テニス メンタル

    その他

    テニスのモチベーションに波が無い、そんな人は絶対おかしい
PAGE TOP