テニス サーブ

戦術

自分のプレッシャーが相手に通じなくなるのは、当たり前

今まで、T-PRESSでは「相手にプレッシャーをかけること」の重要性を説いて来ました。

弱いからこそ、強い相手を揺さぶることの重要性を。

でも、それが「通じない」からと言って慌ててはいけない。

本当に強い相手って、やっぱり強いんです。

 

自分のプレッシャーが相手に通じなくなるのは、当たり前

 


 

1.アナタのプレーが、全然通じない!?

これは、ある意味当たり前のこと。

対戦相手は、アナタより格上、しっかり実績があって自信もある。

上のレベルでの試合を、たくさん経験して来てる。

だからこそ、相手に自分のプレーが「通じない」ことも覚悟しておくこと。

ダブルスの試合なら、特に前衛のプレー、ですね。

 

2.ポーチに動いても、打ち抜かれる・・・のは、なぜ?

アナタのペアが、前衛で動いてもあまり気にしない。

どんどん打ち込んで来るし、自分たちが後手に回ってしまう。

でも、それを「想定しているかどうか」でだいぶ変わってきます。

私なら、前衛がプレッシャーになっていないようなら一度後ろに下がったり、逆に極端にストレートに寄ってみたりして揺さぶる。

そして、後衛は下がって粘る、そしてまた攻撃的に動いてみる。

一つしか策が無いと、それが効かないときに手詰まりになる。

想定力が甘いと、現場でオロオロしてしまう。

格上と試合をするって、しっかりした準備があってこそ、です。

 

3.準備とは自分を知り、相手を知るということ

シンプルに、テニスで必要な準備とはこれです。

しっかり、自分たちの出来るプレー、弱点となる部分を把握しておく。

相手は、調べたり想定してみるけど、試合前のアップと最初の数ゲームでしっかり確認もする。

その中で、「準備した作戦」を実行して、通用するのかどうか見極めていく。

ここで「通じない・・・プレッシャー、全然無いみたい・・・」となっても、慌てないこと。

試合は後半勝負。

格上相手なら、一筋縄では絶対にいかない。

この覚悟で、挑みましょう!

 

「でも、具体的にどうするの・・・!?」と思った方、まずは積極策に出ましょう!

そしてそれが通じなかったときに、どうするのかを考えておく。

ダブルスの試合、だとチャレンジしやすいと思います。

強い相手にはプレッシャーは通じない、策が一つだと。

これだけは、覚えておいて損は無いです。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  2. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  3. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  4. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  5. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について

関連記事

  1. テニス データ

    戦術

    テニスの試合の中で、「感覚とデータを迷える」ようになったら一人前

    試合の中で、相手のデータをしっかり頭に入れている。そしてそのデ…

  2. テニス 練習

    戦術

    前衛でプレッシャーをかけるときは、必ずウォッチの準備を

    自分がネットで、プレッシャーをかけるとき。相手の視界に入って、…

  3. 戦術

    テニスが上手い人のトスは、何が違うのか?

    サーブのトスが安定しない、そもそもどこが悪いのか分からない・・・という…

  4. テニス 練習

    戦術

    相手のミスがこのまま続く、とは思わないこと

    私たちは、つい期待してしまいます。序盤のリード、このまま相手が…

  5. テニス メンタル

    戦術

    消耗した状態で実践出来る技術こそ、アナタの技術そのもの

    テニスの試合、勝ち進んでいけば消耗との戦い。草トーの試合でも、…

  6. 戦術

    みんなテニスのおけるコントロールの精度を、甘く見過ぎ

    ベテランテニス、のみなさんと試合をするようになって、感じること。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ラケット

    サーブ

    サーブ前にラケットでボールを打つ、ことがなぜ必要なのか?
  2. テニス メンタル

    メンタル

    ストレスやプレッシャーは、アナタの味方です
  3. テニス 戦術

    その他

    「上手くなりたい」って、簡単じゃない
  4. テニス ストローク

    ストローク

    テニスにおいて、速い球と重い球って全くの別物
  5. サーブ

    苦労してキープしている方が、意外と勝っちゃうのが試合
PAGE TOP