テニス サーブ

戦術

自分のプレッシャーが相手に通じなくなるのは、当たり前

今まで、T-PRESSでは「相手にプレッシャーをかけること」の重要性を説いて来ました。

弱いからこそ、強い相手を揺さぶることの重要性を。

でも、それが「通じない」からと言って慌ててはいけない。

本当に強い相手って、やっぱり強いんです。

 

自分のプレッシャーが相手に通じなくなるのは、当たり前

 


 

1.アナタのプレーが、全然通じない!?

これは、ある意味当たり前のこと。

対戦相手は、アナタより格上、しっかり実績があって自信もある。

上のレベルでの試合を、たくさん経験して来てる。

だからこそ、相手に自分のプレーが「通じない」ことも覚悟しておくこと。

ダブルスの試合なら、特に前衛のプレー、ですね。

 

2.ポーチに動いても、打ち抜かれる・・・のは、なぜ?

アナタのペアが、前衛で動いてもあまり気にしない。

どんどん打ち込んで来るし、自分たちが後手に回ってしまう。

でも、それを「想定しているかどうか」でだいぶ変わってきます。

私なら、前衛がプレッシャーになっていないようなら一度後ろに下がったり、逆に極端にストレートに寄ってみたりして揺さぶる。

そして、後衛は下がって粘る、そしてまた攻撃的に動いてみる。

一つしか策が無いと、それが効かないときに手詰まりになる。

想定力が甘いと、現場でオロオロしてしまう。

格上と試合をするって、しっかりした準備があってこそ、です。

 

3.準備とは自分を知り、相手を知るということ

シンプルに、テニスで必要な準備とはこれです。

しっかり、自分たちの出来るプレー、弱点となる部分を把握しておく。

相手は、調べたり想定してみるけど、試合前のアップと最初の数ゲームでしっかり確認もする。

その中で、「準備した作戦」を実行して、通用するのかどうか見極めていく。

ここで「通じない・・・プレッシャー、全然無いみたい・・・」となっても、慌てないこと。

試合は後半勝負。

格上相手なら、一筋縄では絶対にいかない。

この覚悟で、挑みましょう!

 

「でも、具体的にどうするの・・・!?」と思った方、まずは積極策に出ましょう!

そしてそれが通じなかったときに、どうするのかを考えておく。

ダブルスの試合、だとチャレンジしやすいと思います。

強い相手にはプレッシャーは通じない、策が一つだと。

これだけは、覚えておいて損は無いです。

ピックアップ記事

  1. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  2. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  3. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  4. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  5. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う

関連記事

  1. 戦術

    テニスの大会で、「勝って当たり前と思われる試合」に勝ち切るために必要な要素4つ

    アナタ自身、成長してくれば当然、大会でもシードがつく。挑戦する…

  2. テニス ダブルス

    戦術

    テニスの試合では、チャンスボールこそ「いつものレベルのショット」で打てば良い

    不思議と、テニスの試合では多くこんな場面を観る。チャンスになっ…

  3. テニス 大学

    戦術

    結局「試合の大事なポイント」とは、どこなんだろうか?

    良い試合は出来るけど、競り負けてしまう。強い相手との試合、最後…

  4. 戦術

    嫌な流れ、をどう変えるのか?

    テニスの試合の中で、これが出来るかどうか。どんなに考えて準備し…

  5. テニス イベント

    戦術

    最低限の試合が出来る、テニス選手になろうよ

    みなさんがイメージする、強いテニス選手ってどんな選手でしょうか。…

  6. テニス 目

    戦術

    相手が打つ前に、「良い態勢なのかどうか?」は必ずチェック!

    相手が打つたびに、毎回ビックリ。これでは試合で、予測も何もあっ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    その他

    試合に勝つ為のテニスとは、「自分を殺したつまらないテニスか?」という問いかけにつ…
  2. テニス ポジショニング

    戦術

    目の前の景色が違うだけで、テニス選手はメンタルが乱されていく
  3. テニス 戦術

    ダブルス

    並行陣の基本は深いボレー、という落とし穴に気付かないと
  4. テニス ストローク

    練習メニュー

    「バックハンド側を攻めて、フォアハンド側で仕留める」為の、基本球出しメニュー
  5. テニス メンタル

    その他

    「テニスの各ショットに必要なグリップチェンジ」は、実は出来ているようで、誤魔化し…
PAGE TOP