テニス サーブ

戦術

自分のプレッシャーが相手に通じなくなるのは、当たり前

今まで、T-PRESSでは「相手にプレッシャーをかけること」の重要性を説いて来ました。

弱いからこそ、強い相手を揺さぶることの重要性を。

でも、それが「通じない」からと言って慌ててはいけない。

本当に強い相手って、やっぱり強いんです。

 

自分のプレッシャーが相手に通じなくなるのは、当たり前

 


 

1.アナタのプレーが、全然通じない!?

これは、ある意味当たり前のこと。

対戦相手は、アナタより格上、しっかり実績があって自信もある。

上のレベルでの試合を、たくさん経験して来てる。

だからこそ、相手に自分のプレーが「通じない」ことも覚悟しておくこと。

ダブルスの試合なら、特に前衛のプレー、ですね。

 

2.ポーチに動いても、打ち抜かれる・・・のは、なぜ?

アナタのペアが、前衛で動いてもあまり気にしない。

どんどん打ち込んで来るし、自分たちが後手に回ってしまう。

でも、それを「想定しているかどうか」でだいぶ変わってきます。

私なら、前衛がプレッシャーになっていないようなら一度後ろに下がったり、逆に極端にストレートに寄ってみたりして揺さぶる。

そして、後衛は下がって粘る、そしてまた攻撃的に動いてみる。

一つしか策が無いと、それが効かないときに手詰まりになる。

想定力が甘いと、現場でオロオロしてしまう。

格上と試合をするって、しっかりした準備があってこそ、です。

 

3.準備とは自分を知り、相手を知るということ

シンプルに、テニスで必要な準備とはこれです。

しっかり、自分たちの出来るプレー、弱点となる部分を把握しておく。

相手は、調べたり想定してみるけど、試合前のアップと最初の数ゲームでしっかり確認もする。

その中で、「準備した作戦」を実行して、通用するのかどうか見極めていく。

ここで「通じない・・・プレッシャー、全然無いみたい・・・」となっても、慌てないこと。

試合は後半勝負。

格上相手なら、一筋縄では絶対にいかない。

この覚悟で、挑みましょう!

 

「でも、具体的にどうするの・・・!?」と思った方、まずは積極策に出ましょう!

そしてそれが通じなかったときに、どうするのかを考えておく。

ダブルスの試合、だとチャレンジしやすいと思います。

強い相手にはプレッシャーは通じない、策が一つだと。

これだけは、覚えておいて損は無いです。

ピックアップ記事

  1. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  2. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  3. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  4. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  5. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!

関連記事

  1. テニス コントロール

    戦術

    「ラインギリギリのボール」は、入っていると信じ込んで、更に前に

    テニスの試合で、勝ち切れない人。どこか試合中も、覇気が無いし自…

  2. 戦術

    テニスでも「ボールをキープする」という感覚が大事

    テニスは、相手から来たボールを打ち返す競技。サッカーやバスケ…

  3. テニス メンタル

    戦術

    粘りが身上のシコラープレイヤーでも、試合の最初から最後まで粘っていては結果勝てない

    今回アンケートにお答え頂いた方の、ご自身のプレースタイルを拝見している…

  4. 戦術

    考えながらプレーすると、精度は上がる?下がる?

    テニスは、頭脳勝負。T-PRESSでも、いかに頭を使って考え…

  5. 戦術

    雨の後のオムニ、男性は注意!

    最近は、雨や雪が多いですよね。そして、試合はオムニコート。…

  6. テニス イベント

    戦術

    最低限の試合が出来る、テニス選手になろうよ

    みなさんがイメージする、強いテニス選手ってどんな選手でしょうか。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. メンタル

    良くない自分を、試合中に認めることで勝機を見出す
  2. テニス ミス

    サーブ

    「みんなに注目されているみたいで、サーブが苦手…」な人は、少し自意識過剰かも
  3. サーブ

    サーブとリターン、両方入ると信じ抜くことが大事
  4. テニス 準備

    その他

    テニスの試合で、「試合で相手へ渡すボールは、必ずワンバウンドしっかりコントロール…
  5. テニス 客観視

    戦術

    相手の得意ショットを攻略しないと、余裕は無くならない
PAGE TOP