戦術

人はコントロールの良さで、自信を得て強くなる

テニスに自信が生まれる、強くなっているという実感がある時。

それは、立ち止まって考えるとこういうこと、だと思います。

コントロールこそ、アナタ自身の肝になる。

作り上げていくテニス、のベースになるはずです。

 

人はコントロールの良さで、自信を得て強くなる

 


 

1.速度や威力は、求めてもキリが無い

どうしても、男性や学生さんは求めてしまいます。

より速く、より強く。

悪いことではありませんし、そういう時期も必要です。

ですが、そこを求めても上には上がいるし、試合でそれが出来るのか、という話になります。

緊張した最後のタイブレークのような場面、で自分を信頼することが出来るかどうか。

私は、怪しいと思いますよ。

 

2.コントロールなら、80点を求めて得ることが出来る

試合の中で、コントロールショットを打つ。

これは、自分でも合格点を与えやすい。

狙ったところに打つ、打てるというのはやはり気持ち良いですからね。

何より、自分の自信になる。

上手くいっている、と実感出来れば、試合でも自信が生まれて攻撃的になれる。

コントロールショット、アナタ自身の成長を確認する意味でも大事です。

 

3.コントロールが良いからメンタルも安定する

そう思いませんか?

自分の打ったボールが、自分の思い通りの場所に飛ぶ。

これがメンタルの安定、につながる。

「上手くいっているな」と感じて、自信も出来る。

だからこそ、しっかりコントロールにはみなさんも良い意味でプライドを持って欲しいんです。

しっかり狙う、しっかりコントロールする。

試合の中でメンタルを安定させるには、コントロールの向上が不可欠です。

 

4.振り切ってコントロール、を意識すること

しっかりと、振り切る、回転をかける。

その中でしっかりと、コントロール出来るのがテニス選手として大事なポイント。

当てにいく、置きにいくような感じ、では誤魔化すだけ。

振り切らないと、結果的に大事なポイントで安定しないんですよね。

大事な場面で、振り切れるかどうか。

そのうえでのコントロール、に自分で厳しくなっていきましょう。

 

コントロールを良くして、自信をつける。

当たり前のようですがこれが大事なこと、に私も最近気づきました。

積み重ね、がすごく大事です。

コントロール良く打てることでの成功体験、ぜひ意識して磨いてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  2. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  3. メルマガ配信、登録を開始します!
  4. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  5. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと

関連記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    ストロークのパワーアップは、後ろ足の膝を寄せる体重移動から

    今すぐ、ストロークをパワーアップしたい。そんなアナタにまずオス…

  2. テニス ボレー

    戦術

    アナタに苦手なショットがあるなら、試合では「最低限のプレー」を見せれるよう、手堅さを磨こう!

    テニスの試合の中で、気になること・・・私は以前、「自分の苦手なショット…

  3. テニス メンタル

    戦術

    自分のテニスの特徴、どんどん相手に見せていこう!

    テニスの試合、初対面の相手。つい、自分の特徴を「隠そう」と思っ…

  4. テニス 部活

    戦術

    テニスで県内No.1になりたければ、「思い切った勝負」に

    今日から4月。新学期、新入生・・・色々と新しいこと、始まる時期…

  5. テニス メンタル

    戦術

    大事なテニスの試合を戦う準備、5つの心得

    大事な試合、もう目の前に控えているみなさん。焦っても仕方ない、…

  6. 戦術

    武器を使い、弱点を責めるだけ

    試合の中で、迷うことがあれば。このシンプルな作戦、に立ち戻り…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. 日々の雑記

    初心を持ち続ける、これこそ才能
  2. テニス ウェア

    フットワーク

    「身体が勝手に反応してくれた」ときの感覚は、テニスで大事にして欲しい
  3. テニス 戦術

    ボレー

    テニスの試合における攻撃の基本は、「相手を動かして、戻る時間を与えない」から有効…
  4. テニス ダブルス

    ボレー

    ボレーの感覚を養えない人は、めちゃくちゃ緩く握って打ってみよう
  5. サーブ

    サーブ&ボレーになるとサーブが乱れる人に、とっておきの秘策を
PAGE TOP