テニス ダブルス

ボレー

コントロールショットほど、ラケットを手首で動かすのは逆効果

テニスの試合で、どうしてもココに打ちたい!というような場面。

こういう時にこそ、その人の実力というのは如実に出ます。

結果的にコントロール出来たかどうか、よりも、こうなってしまっていないか、を常に意識しましょう。

つい、私たちは狙ってしまうと「手先」で操作したくなるんですよね。

 

コントロールショットほど、ラケットを手首で動かすのは逆効果

 


 

1.手先で操作、して上手くいくショットなんて少ない

細かいコントロールが求められる、例えばドロップショットやドロップボレー。

こういうショットって、本当に手先を使いたくなる。

実際に、そう使っているように見えてもしまいますからね。

でも、上手い人は、いちいち細かい調整を手首、で行っていると思いますか?

それでは、リスクが高過ぎる。

毎回、細かい調整をピッタリ合わせる、なんて出来ないですから。

私たちは、機械じゃありませんからね。

 

2.手首は固定して、動きは大きく包み込む

言葉で書くと、こんな感じでしょうか。

出来るだけ、細かいコントロールショットでも、手首は動かさない方が良い。

肩を支点に、腕を大きく動かして、ボールを包むようにして打つ。

これが、正しいコントロールショットの打ち方です。

多少、手首を使うこともありますが、それはあくまで例外。

大事なのは、細かい調整を出来るだけしない、でもボールをコントロール出来るようにしておくこと、です。

 

3.パワーが欲しいなら、下半身から伝える

もう一つ、狙いを定めて打ちたい・・・時に、手首を使ってしまう時。

それは、最後の最後で一押ししたい、ちょっとパワーが欲しい時、じゃないでしょうか。

強く打って、しっかり決めたい。

そう思った時に、私たちはつい手首を使ったりしてボールに最後の勢い、を与えようとしてしまう。

ボレーなんて、まさにそうですよね。

でも、この力の加え方は危険、です。

力を伝えるなら、手首じゃなくて下半身。

コートをキックするようにして、ボールに力を伝えるのが基本、です。

 

4.手首を使うのは、とにかく怪我の元

これは、私からのお願いでもあります。

とにかく、手首を痛めやすい、のがテニスですから。

それも、コントロールショットを強く打ちたい、と思って打点が遅れても無理してしまうような方、に多い。

手首の怪我は、非常に根深く、残ってしまうもの。

良い機会ですから、コントロールショットほど手首を動かさない、固めていく癖、を付けてみて下さい。

きっと、テニスの試合結果も変わって来ると思いますよ。

 

私も40代近くなってきてから、周りで怪我する人が増えました。

でも、やっぱり打ち方を見て納得する部分は大きいんですよね。

試合だと、最後はやっぱり力が入るもの。

それを、手首に頼らない戦い方、一緒に磨いていきましょう!

ピックアップ記事

  1. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  2. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  3. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  4. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  5. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ボレー

    こねればこねる程、ボレーは点でしか合わせられなくなる

    ボレーに安定感が無い人は、何を変えていけば良いのか。この問題は…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    テニス初心者でも理解しておきたい、「グリップを握る強さ」について

    勘の良い人は、気付いているこの件。グリップを握る強さ、皆さんは…

  3. ボレー

    ハイボレーカットの処理、返球が甘くなってない?

    ダブルスの試合で、レベルアップが出来る技術。アナタ自身、まさに…

  4. ボレー

    「ネットにガン詰めしたボレー」とストロークのラリー練習、は試合を想定すると無意味です

    先日あるテニスコートで練習している風景を観て、感じた疑問。ボレ…

  5. テニス 攻撃

    ボレー

    浮いたボールこそ、肩を入れたボレーで入って打てば効果的!

    ボレーを打つ時に、意識したいこと。試合の中で、前に詰めてハイボ…

  6. テニス ロブ

    ボレー

    相手のストロークが強打の場面なら、ブロックボレーの準備を

    良いボレーって、どんなボレーか。私は、強烈な強打のボレーではな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. アシックス

    テニス知識

    テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  2. その他

    「第1回 読者ミーティング」を開催します
  3. テニス 観察眼

    メンタル

    「プライドが高い人」がテニスが上達しない理由について
  4. テニス ストローク

    その他

    アナタのテニスは、「たくさんの人に支えられている」ということだけは、覚えておいて…
  5. テニス メンタル

    日々の雑記

    上手くなった自分を、日々イメージしていかないと
PAGE TOP