テニス ダブルス

ボレー

コントロールショットほど、ラケットを手首で動かすのは逆効果

テニスの試合で、どうしてもココに打ちたい!というような場面。

こういう時にこそ、その人の実力というのは如実に出ます。

結果的にコントロール出来たかどうか、よりも、こうなってしまっていないか、を常に意識しましょう。

つい、私たちは狙ってしまうと「手先」で操作したくなるんですよね。

 

コントロールショットほど、ラケットを手首で動かすのは逆効果

 


 

1.手先で操作、して上手くいくショットなんて少ない

細かいコントロールが求められる、例えばドロップショットやドロップボレー。

こういうショットって、本当に手先を使いたくなる。

実際に、そう使っているように見えてもしまいますからね。

でも、上手い人は、いちいち細かい調整を手首、で行っていると思いますか?

それでは、リスクが高過ぎる。

毎回、細かい調整をピッタリ合わせる、なんて出来ないですから。

私たちは、機械じゃありませんからね。

 

2.手首は固定して、動きは大きく包み込む

言葉で書くと、こんな感じでしょうか。

出来るだけ、細かいコントロールショットでも、手首は動かさない方が良い。

肩を支点に、腕を大きく動かして、ボールを包むようにして打つ。

これが、正しいコントロールショットの打ち方です。

多少、手首を使うこともありますが、それはあくまで例外。

大事なのは、細かい調整を出来るだけしない、でもボールをコントロール出来るようにしておくこと、です。

 

3.パワーが欲しいなら、下半身から伝える

もう一つ、狙いを定めて打ちたい・・・時に、手首を使ってしまう時。

それは、最後の最後で一押ししたい、ちょっとパワーが欲しい時、じゃないでしょうか。

強く打って、しっかり決めたい。

そう思った時に、私たちはつい手首を使ったりしてボールに最後の勢い、を与えようとしてしまう。

ボレーなんて、まさにそうですよね。

でも、この力の加え方は危険、です。

力を伝えるなら、手首じゃなくて下半身。

コートをキックするようにして、ボールに力を伝えるのが基本、です。

 

4.手首を使うのは、とにかく怪我の元

これは、私からのお願いでもあります。

とにかく、手首を痛めやすい、のがテニスですから。

それも、コントロールショットを強く打ちたい、と思って打点が遅れても無理してしまうような方、に多い。

手首の怪我は、非常に根深く、残ってしまうもの。

良い機会ですから、コントロールショットほど手首を動かさない、固めていく癖、を付けてみて下さい。

きっと、テニスの試合結果も変わって来ると思いますよ。

 

私も40代近くなってきてから、周りで怪我する人が増えました。

でも、やっぱり打ち方を見て納得する部分は大きいんですよね。

試合だと、最後はやっぱり力が入るもの。

それを、手首に頼らない戦い方、一緒に磨いていきましょう!

ピックアップ記事

  1. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  2. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  3. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  4. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  5. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの駆け引きで必要な、「フェイントを入れて誘うプレー」では、戻ったときのバランス感が大事

    テニスでは、他のスポーツほど「フェイント」に対する意識が低い。…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    「バックボレーが全然分からない!」人は、逆クロスから練習すると感覚掴みやすいです

    今回実施させて頂いたアンケートでも、バックボレーに悩んでいる人が多い・…

  3. テニス ストローク

    ボレー

    テニスにおいて、「ネットプレーでラケットヘッドが下がる」と、絶対良いプレーは出来ません

    ネットプレー、ボレーのときにはストローク以上に反応勝負。だから…

  4. テニス 準備

    ボレー

    オープンスタンスでのボレーの時に、しっかり「ドロップボレーの準備」も頭にイメージしておくこと

    自分がネットに出ていて、相手のパッシングショットが厳しいコースに飛んで…

  5. テニス 技術
  6. テニス ボレー

    ボレー

    浮いたチャンスボールなのにネットプレーで足が出ない人は「無意識のうちに安心している」

    浮いたチャンスボールほど、テニスではつい力が入るもの。「しっか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス リターン

    ストローク

    高い打点の両手バックハンドストローク、ココを変えれば攻撃的に返球出来る!
  2. テニス サーブ

    リターン

    シングルスの試合で、「リターンゲームこそネットプレーを入れていきたい」4つの理由…
  3. ダブルス

    「打ってない人たちも仕事しろよっ!」テニスのダブルスの試合で勝つには絶対必要な意…
  4. ストローク

    テニス選手として自立したいなら、「自分に合ったストローク」は自分で見つけ出してい…
  5. テニス メンタル

    その他

    大学テニスの大会を観ていて感じる、「閉塞感の源はどこにあるのか?」を考えてみる
PAGE TOP