テニス ボレー

ロブ

意外と使える、ネット近くからのロブの使い方について

ロブについて、みなさんどんなイメージですか?

きっと、コートの後ろから苦しいときに打つショット、という感じだと思います。

もちろん、それも使い方の一つ。

でも、試合でポイント奪取に使いたいなら、意識を変えていかないとダメ。

実は、ロブはネット近くから打つと、効果的なショットなんです。

 

意外と使える、ネット近くからのロブの使い方について

 


 

1.至近距離で打たれる、とイメージしてみて下さい

きっと、試合でこれを打たれると厳しいはず。

相手が近くにいる、ネットを挟んでボレーでも打ち合えそうなところに・・・ロブを打たれる。

これは本当に、辛いですよね。

何が辛いって、あっという間にボールが後ろにいく、気付いた時にはもう頭上を越えてますからね。

試合で使えるロブって、こういうロブ。

いかにも、というロブは、実は試合では使えないんですよね。

 

2.のけぞりながらロブ、コートの後方からロブ、効果無し

試合では、これは効果が無いです。

いかにも、というタイミングのロブ、は相手も対応しやすい。

実際に、男子選手でものけぞりながらトップスピンロブ、を打っても、入らないし相手も構えている。

ネットから後方、の場所からロブを打っても、相手は何も怖く無い。

ロブをしっかり、効果的に攻撃に使う為には、至近距離から打っていくこと、が大事なんですよね。

まずは、この至近距離から使うという発想、が大事なんです。

 

3.ボレー戦の中でも、常にロブという選択肢を持っておく

これが出来れば、ダブルスでも強い。

相手と至近距離で相対しても、後ろを使うという意識が大事。

ボレー戦になると、頭がボレーだけになって、冷静さを失う人も多いじゃないですか。

こういう人、はなかなか試合では勝てない。

常に、至近距離からでもロブを使う、使えるような意識を持っておく。

そうすれば、普通のボレーもより効果的に相手に打てるようになりますからね。

 

4.低いロブ、で全然OK!

ただ、意識して欲しいことがあります。

それは、ネットから近いので、強く打とうとしてアウトするケースも多い、ということ。

これは本当に、もったいないですから。

だからこそ、軌道は低くて良い。

至近距離から打たれたら、相手は届く高さでもきっと反応出来ないですから。

低いロブを、相手の頭上に使うようなイメージでOK。

高く上げ過ぎて、アウトしてしまうのがもったいないですからね。

 

ボレー戦の中で、ロブを使う。

これは、ロブボレーでも、普通のボレーでも必要なテクニックです。

基本はスライス、ですがスピンで打ち込むように見せてロブ、というのも効果的ですね。

ロブは、間違いなく試合では武器になります。

守備的な使い方だけ、にならないようにしましょう!

ピックアップ記事

  1. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  2. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  3. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  4. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  5. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない

関連記事

  1. テニス ボレー

    ロブ

    相手のスマッシュを返球し続けながら、どこかで反撃の一手を狙おう

    特にダブルスの試合で、よく観る光景だと思います。相手が2人前で…

  2. テニス ボレー

    ロブ

    「入るロブと、アウトするロブ」の見極め方5つ

    相手がロブを打って来て、とっさに判断出来るかどうか。ネットプレ…

  3. テニス メンタル

    ロブ

    テニスの試合で有効なロブショットは、「ショット自体の精度よりも打つタイミング」で全てが決まる!

    最近改めて個人的に、大事だなと感じているのがロブ。今までは、ダ…

  4. テニス フットワーク

    ロブ

    ロブを打つ時のテイクバックの癖を無くせば、もう立派な「ロブ名人」です

    凄いショットがある訳じゃないのに、試合で強い人。こういう人は、…

  5. テニス ストローク

    ロブ

    走らされた後のロブ、の深さが大事

    相手に走らされた後に、正確にロブを上げる。この渋い技術が、いか…

  6. テニス ダブルス

    ロブ

    ロブで抜いて、その後ポイント取れてますか・・・?

    よく、ダブルスの試合でこんなペア見かけませんか?ロブは上手くて…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス フットワーク

    シングルス

    レベルの高いシングルスの試合では試してみたい、「ドロップボレー誘導作戦」とは?
  2. ストローク

    片手バックハンド、打ち負けない為には?
  3. テニス ストローク

    ストローク

    相手のストロークのボールが速く深いときは、「慌てず後ろ足で壁を作る」ことで精神的…
  4. テニス 準備

    日々の雑記

    感動出来る、という素敵な才能
  5. 戦術

    テニスの立体化改革、2020年
PAGE TOP