テニス ダブルス

ダブルス

テニスの試合の中で「ダブルスの前衛がポーチに出たとき」の後衛の動き、実は曖昧になっていませんか?

ダブルスの試合で前衛が積極的に動く、これはとても大事なことです。

でもそれと同時に、後衛がしっかりと気持ち良く動いた部分をカバーする動きが出来ていなければ、ダブルスとしての完成度は低い。

せっかくポーチで攻撃しても、相手がやっと拾ったボールがポトッと自分たちのコートに落ちて、失点になる・・・。

そんなケースを少しでも減らせるように、しっかり準備しておきましょう。

 

テニスの試合の中で「ダブルスの前衛がポーチに出たとき」の後衛の動き、実は曖昧になっていませんか?

 


 

■前衛がポーチに出たとき、その態勢を後ろからチェック!

後衛はあくまで試合の中でゲームメーカー。

前衛がポーチに出たからといって、ラリーが終わる訳ではありません

よく前衛が触ってくれたらそれだけで安心して気が抜けてしまっている後衛の選手がいますが、それでは隙だらけ。

大事なのは、そのまま「攻撃的にポジションチェンジ」するのか、「そのままチェンジせずにステイ」するのかの決断の速さです。

しっかり攻撃できているときは、アナタ自身も前に移動してボレー戦に参加することも有り。

ポーチに出たけど、態勢が崩れて反撃されそう・・・という雰囲気であれば、しっかり後ろで守備的な意識を持って備えるようにしましょう。

 

■センターベルトを超えた動きであれば、そのままチェンジ!

センターベルトを超えるくらい、しっかり横に動いたポーチであれば、そのままチェンジしましょう。

この作戦は事前にある程度決めておいて、思い切ったポーチ動き=チェンジ、というフォーメーションは決めておくと便利。

サーブの後のポーチが一番機会が多いでしょうが、実際の雁行陣の戦いになれば、ラリー戦の中でもこういったチェンジは増えてきます。

サービスラインを一つの目安として作っておくと、迷い無くプレーできるのでお勧めです。

 

■ダブルスは常に2段構え、1人が決め切る必要は無い

ダブルスは常に、前と後ろの2段構えになっているかどうかが重要。

1人が攻撃して、そこを凌がれても後ろからも攻撃できると、テニスにおいてダブルスは強くなる。

だからこそ後衛は、自分のペアの前衛がどれだけ相手を押し込んでも、「最後のチャンスは自分に来るかも」と思っておくようにしましょう。

そういう意識を持っておけば身体が自然に動きますし、隙の無いプレーが出来るようになるのです。

 

ポーチに出れないダブルスペアは、「試してみたけど、なかなかポイントが獲れないから・・・」という理由で、消極的になってしまう。

なぜポイントに繋がらないかというと、攻撃の中での分厚さが足りないのです。

1人が攻撃しているのに、もう1人は傍観している、または何気なくプレーしている・・・だけでは、強いペアには勝てません。

ポーチに出るというのは、一つの合図でしかありません。

その攻撃の合図で、アナタのペアのコンビネーションは始まるのです!

ピックアップ記事

  1. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  2. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…
  3. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  4. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  5. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー

関連記事

  1. ダブルス

    前衛に必要な、「感じる力」

    ダブルスの試合、最近みなさんどうですか?ご自身が前衛の時に、…

  2. ダブルス

    ストレートに打たれない前衛は、存在価値無し

    ダブルスの試合で、アナタが前衛に立っているとして。ボールは飛…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    サーブ&ボレーを、もっともっとダブルスで有効活用する発想とは?

    ダブルスでサーブ&ボレー、と言えば並行陣。確かにそうですが、そ…

  4. ダブルス

    ロブに弱いダブルス、並行陣を卒業しよう!

    試合になると、ロブにやられてしまうダブルスペアのみなさん。これ…

  5. ダブルス

    ポーチに動ける前衛は、この発想でプレー出来ている

    ダブルスの試合でポーチに出たい、だけどミスが怖い・・・というみなさん。…

  6. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスの並行陣でのファーストボレー、「出来る範囲でセンター寄り」で後衛に触らせましょう

    ダブルスの並行陣の戦術を実行していくときに、何となくで最初のファースト…

特集記事

  1. 戦術

    攻めたミスは気にしない、を本気で意識しよう
  2. テニス ストローク

    ストローク

    「テニスでヘッドが走るストローク」でキレ味の鋭さを増すのに必要なポイント4つ
  3. テニス ストローク

    リターン

    2バックダブルス、リターンでのジャッジが難しい件
  4. テニス フットワーク

    ストローク

    ベースラインから浅いボールを拾ったときに、「ぽわーんと浮いた返球」になってしまう…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    どの軌道のストロークなら、ポーチを無効化出来るだろう
PAGE TOP