テニス サーブ

ダブルス

ダブルスの前衛の選手は、「基本に忠実な動き」だけでは成長できない!自分で変化を付ける勇気を

アナタはダブルスで前衛と後衛、どちらが得意ですか?

好き、という感覚でも良いと思います。

大事なのは、「前衛は攻撃の優先権を持っている」という部分を、しっかり意識できているかどうか。

これが出来ていれば、後衛のときも「前衛を活かす」ようなテニスで試合を進めることができます。

思いっきり前衛、好きになりませんか?

 

ダブルスの前衛の選手は、「基本に忠実な動き」だけでは成長できない!自分で変化を付ける勇気を

 


 

■まずは後衛同士のラリーの中での、基本のポジションセオリーを確認

後衛同士のクロスラリーが、ダブルスでは基本ですね。

雁行陣同士の戦いでは、かなり長くなってしまうのも事実。

そこでのポジション、セオリーとなる戦術はしっかり抑えておきましょう。

相手の後衛が打つときには、出来る限りネットに近い場所でポーチも含めたプレッシャーをかける。

そして味方の前衛が打つ時には、相手前衛の攻撃に備えるポジション、つまりサービスラインあたりでしっかり守る意識を持つことが基本になります。

この前後の動きを、まずはしっかりスムーズに出来るようになりましょう。

 

■同じ動きを繰り返していても、何も変化は生まれない

基本は基本、あくまで基本です。

つまりは、ローリスク・ローリターンの要素は否めません。

しっかり守備のポジションを取っていれば、どんなに足の速い選手でも、一気にネット際のポジションに移動することは出来ません。

時には、あえて「守備を捨ててみる」というのも重要です。

味方の後衛としっかり連携できていれば、前衛はもっと攻撃的になれる。

後衛の粘りや攻撃力を信じて、思い切った動きを入れていくことも前衛にとっては大事な要素。

さぁ、どんなプレーが実際は出来るでしょうか?

アナタ自身、考えてみて下さい。

 

■何かを得るには、何かを捨てることから始まる

前衛が一番シンプルに活躍できる場面、それは味方のサーブのときのポーチですね。

このチャンスをものにするのに、方法は簡単。

しっかりと、「ストレートを捨てる」という意識です。

基本に忠実=ストレートをケアしているという前衛の皆さん、それも確かに重要な仕事ですが、それだけでは相手の脅威になり得ない。

思い切って捨てるからこそ、相手にとって怖いプレーができるのです。

勇気と決断力を持って、テニスの試合の中で飛び出していきましょう。

 

もっともっと、前衛は動いて良い。

テニスのダブルスが上手いペアは、実は序盤に速く攻撃的に動くことで、相手を揺さぶってプレッシャーをかける。

数ポイントはストレートを抜かれたり、前衛のミスもあるでしょう。

でもそれを凌駕するくらい、「セオリーを捨ててまで、動いてくる」相手は怖いのです。

相手に嫌がられる前衛に、一緒になりませんか?

ピックアップ記事

  1. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  2. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  3. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  4. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  5. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう

関連記事

  1. ダブルス

    打って来た選手に打ち返す、のが勝ち抜くダブルスの基本

    ダブルスの試合をしていて、「このペア、強いな・・・」と感じる時。そ…

  2. ダブルス

    前衛は後衛のボールを、「奪って」OK

    ダブルスで活躍出来る、前衛の考え方。自分から動いて、ボールを触…

  3. テニス ロブ

    ダブルス

    ダブルスの試合、並行陣にこだわり過ぎていると「並行陣慣れ」しているダブルスペアには勝てない

    ダブルスの試合は、大学生くらいから特に男性は並行陣が主体となる。…

  4. ダブルス

    前衛が動ける雁行陣は、やっぱり試合でも強い

    ダブルスの試合で、いつ前衛がポーチに動くのか。そして、動きやす…

  5. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合で、もし「自分の身体が反応」してしまったら、もう動いてしまおう

    ダブルスの試合で、例えば・・・打ち合わせしていないポーチに、つい身体が…

  6. ダブルス

    「今いる場所」を捨てない限り、アナタ自身は強くなれない

    テニスの試合で、強くなりたい、強い相手を倒したい。そう本気で考…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    メンタル

    テニスの試合で格上選手を相手にするとき、中盤に感じる「満足感」は最大の敵になる
  2. テニス 緊張

    戦術

    負け試合を拾うと、経験値は倍得られるのがテニス
  3. テニス 打点

    ボレー

    テニスの試合では「ボールを打っていないときの動き」でネットプレーのレベルが決まる…
  4. テニス 陸上

    フットワーク

    「テニスコートは微妙な広さ」テニスの試合では、ひたすら走り続けても勝てません
  5. テニス メンタル

    メンタル

    自分のことを疑うのは、試合前まで
PAGE TOP