テニス サーブ

ダブルス

ダブルスの前衛の選手は、「基本に忠実な動き」だけでは成長できない!自分で変化を付ける勇気を

アナタはダブルスで前衛と後衛、どちらが得意ですか?

好き、という感覚でも良いと思います。

大事なのは、「前衛は攻撃の優先権を持っている」という部分を、しっかり意識できているかどうか。

これが出来ていれば、後衛のときも「前衛を活かす」ようなテニスで試合を進めることができます。

思いっきり前衛、好きになりませんか?

 

ダブルスの前衛の選手は、「基本に忠実な動き」だけでは成長できない!自分で変化を付ける勇気を

 


 

■まずは後衛同士のラリーの中での、基本のポジションセオリーを確認

後衛同士のクロスラリーが、ダブルスでは基本ですね。

雁行陣同士の戦いでは、かなり長くなってしまうのも事実。

そこでのポジション、セオリーとなる戦術はしっかり抑えておきましょう。

相手の後衛が打つときには、出来る限りネットに近い場所でポーチも含めたプレッシャーをかける。

そして味方の前衛が打つ時には、相手前衛の攻撃に備えるポジション、つまりサービスラインあたりでしっかり守る意識を持つことが基本になります。

この前後の動きを、まずはしっかりスムーズに出来るようになりましょう。

 

■同じ動きを繰り返していても、何も変化は生まれない

基本は基本、あくまで基本です。

つまりは、ローリスク・ローリターンの要素は否めません。

しっかり守備のポジションを取っていれば、どんなに足の速い選手でも、一気にネット際のポジションに移動することは出来ません。

時には、あえて「守備を捨ててみる」というのも重要です。

味方の後衛としっかり連携できていれば、前衛はもっと攻撃的になれる。

後衛の粘りや攻撃力を信じて、思い切った動きを入れていくことも前衛にとっては大事な要素。

さぁ、どんなプレーが実際は出来るでしょうか?

アナタ自身、考えてみて下さい。

 

■何かを得るには、何かを捨てることから始まる

前衛が一番シンプルに活躍できる場面、それは味方のサーブのときのポーチですね。

このチャンスをものにするのに、方法は簡単。

しっかりと、「ストレートを捨てる」という意識です。

基本に忠実=ストレートをケアしているという前衛の皆さん、それも確かに重要な仕事ですが、それだけでは相手の脅威になり得ない。

思い切って捨てるからこそ、相手にとって怖いプレーができるのです。

勇気と決断力を持って、テニスの試合の中で飛び出していきましょう。

 

もっともっと、前衛は動いて良い。

テニスのダブルスが上手いペアは、実は序盤に速く攻撃的に動くことで、相手を揺さぶってプレッシャーをかける。

数ポイントはストレートを抜かれたり、前衛のミスもあるでしょう。

でもそれを凌駕するくらい、「セオリーを捨ててまで、動いてくる」相手は怖いのです。

相手に嫌がられる前衛に、一緒になりませんか?

ピックアップ記事

  1. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  2. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  3. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
  4. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  5. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合、不安になったときに助けてくれる言葉30

    今回は、ちょっと趣向を変えてまとめてみたいと思います。テーマは…

  2. テニス ボレー
  3. ダブルス

    ダブルスの試合での、ストレート展開の基本について

    ダブルスの試合で、ストレートへ展開する。リターンやストローク、…

  4. テニス 観察

    ダブルス

    ダブルスでの試合は「お互いの武器を確認すること」でペアの完成度が磨かれていく

    学生の方や、試合にがっつり出ている方は、ダブルスのペアを固定して戦って…

  5. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの並行陣の基本は、「いつもパートナーとの距離は一定」に保つこと

    ダブルスの並行陣、皆さんポジショニングでココ、意識出来てますか?…

  6. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスのセンターセオリー、が分からない人の為に必要な5つのアイデア

    「センターセオリー」と言われても、何をやったら良いのか分からない・・・…

特集記事

  1. テニス シングルス

    戦術

    相手に自滅を促す戦い方は、究極の体力温存法
  2. 戦術

    戦術

    ダブルスの後に、すぐシングルスの試合に入る時の心構えについて
  3. ストローク

    ダウンザラインへ振り切るストロークは、前で終わるから安定する
  4. テニス メンタル

    練習メニュー

    本当に「キツイ」テニスの練習は、体力的なキツさだけじゃない
  5. テニス ダブルス

    サーブ

    「なぜアノ人は上達が早いのか?」テニス初心者でもサーブの上達が早い人の特徴5つ
PAGE TOP