テニス フェデラー

ストローク

「今年流行のSABRにトライしたけど、やっぱり上手くいかない・・・」人は、ハーフボレーを磨いて再トライを!

今年のテニスにおける新技の代表格は、何と言っても「SABR」でしょう。

フェデラー選手の前でリターンしてそのままネットプレーに繋げる、このセンスあふれるプレー。

今までもリターンダッシュを得意にする選手は数多くいましたが、このSABRはポジションが前、あまりにも前過ぎる場所からスタートするのが特徴です。

その相手に対するプレッシャーたるや、相当なものがあるでしょう。

「自分もやってみよう!」と思って始めた皆さん、まずは大正解。

何事にもトライしていく姿勢は、テニスの上達には欠かせません。

それでもやっぱり難しい・・・と感じた方は、もう一度「ハーフボレーの基本」から見直してみませんか?

 

「今年流行のSABRにトライしたけど、やっぱり上手くいかない・・・」人は、ハーフボレーを磨いて再トライを!

 


 

■SABRとは、ハーフボレーの進化系である

ハーフボレーとは、文字通りハーフバウンドのボールをボレーすること。

ボレーといっても、バウンドした直後のボールをヒットしていますので、ノーバウンドのボレーではありませんね。

これが、やっぱり難しいのです

テニスにおいても、かなり高度な技術の部類に入るのは間違いないでしょう。

SABRはこの進化系。

リターンでサーブをボレーすることは反則になりますので、ハーフボレーで返球すること。

それもサーブですからかなりの威力があるボールを、しっかりライジングで抑え込まないといけません。

判断力と細かいラケットワークが求められる、難しい技術なのです。

 

■一番難しいポイントは、実はグリップチェンジ

相手のセカンドサーブであれば、思い切って山を張るのも大事。

フォアかバックか・・・このSABRでは、グリップチェンジのスピードもかなりの精度が求められます。

ハーフボレーの基本、それはしっかりラケット面が下を向いて出ていくこと。

少しでも上を向くとすぐにラケットが弾かれて、ボールにも抑えが効かなくなります。

ネットにかけるくらい、白帯の部分を狙うくらいでちょうど良いでしょう。

あとはしっかり、横向きで低い態勢になること。

目線を落として、ラケットと近い位置に顔をセットすれば真ん中に当たる確率も高く、成功率も上がるはずです。

 

■リターン後のプランがしっかりあれば、自信が生まれてうまくいく

SABRの真骨頂は、その後のネットプレーにあります。

速いタイミングのリターンダッシュですから、その後のプレーにも相当のスピード感が求められます。

スプリットステップは、速めに行って相手が打つ瞬間に備えましょう。

どういうコースにリターンして、相手を動かしてネットプレーで仕留めるか、しっかりプランニングが出来ていれば自信になり、SABRは成功する確率が高くなります。

「どうも、有効なプランが浮かばない・・・」と言う人は、まずはバックハンド側をしっかり狙いましょう。

相手のボディ、というケースも有効な選択肢ですので、ぜひ試してみて下さい。

 

SABRは、実行するタイミングも大事です。

感覚的には、5回に1回くらい挟んでいくと、相手はプレッシャーに感じてくれます。

それより多いと相手も慣れてきますし、少ないとプレッシャーになりません。

セカンドサーブで、リターンゲームでリードしたとき・・・なんかは、狙い目かも知れませんね。

武器を磨いて、来年はライバルに勝ちましょう!

ピックアップ記事

  1. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  2. 【満員御礼】5月3日(月/祝) @千葉県幕張 土居コーチ女子ダブルスレッスンイ…
  3. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  4. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  5. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    片手バックハンドストロークは、テイクバックの形でパワーが決まる

    片手バックハンドストローク、もっとパワーが欲しい。私もそう感じ…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの基本は、「相手の力を利用すること」と考えると試合で勝てるようになる

    皆さんのテニス、根本的な考え方の部分で、どうでしょう。強いボー…

  3. テニス リターン

    ストローク

    「ミスした後のトップスピンストローク」をしっかりテニスの試合で打ち切る選手は強い

    試合中のトップスピンのストロークと言えば、やっぱり安定感をしっかりとア…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    ダウンザラインはフラット、という勘違い

    シングルスでもダブルスでも、この間違いは多い。つい、力んでフラ…

  5. ストローク

    回転をかけて、ココを通過させるという感覚で

    コントロールを良くする為に、必要な発想として。何度か書いて来ま…

  6. ストローク

    走らせ甘いボールを引き出す、決める

    甘いボールを引き出して、決める。テニスの試合は、攻撃は基本これ…

特集記事

  1. テニス メンタル

    練習メニュー

    すぐには結果につながらないもの、に実は「勝利へのヒント」は埋まっている
  2. テニス知識

    暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  3. サーブ

    テニスの試合、サーブで力が伝わらないと感じている人は、「トスを上げた腕を胸の前」…
  4. ダブルス

    ダブルスの試合、セカンドサーブこそポーチチャンス
  5. テニス ポジショニング

    スマッシュ

    「オープンコートが出来ていれば、スマッシュは山なりスライスで充分」試合では、スピ…
PAGE TOP