テニス ボレー

ボレー

テニスのダブルスの試合で必要な「スライスとフラットの2種類のボレー」は、ラケットヘッドの立て方で使い分けると便利です

ボレーに代表されるネットプレー、「この人上手い!」と思わせるようなプレーって、どんなプレーでしょうか?

しっかり組み立てて、相手を追い込むことができる。

スマッシュなどのオーバーヘッド系が強い・・・色々あると思いますが、私は今回のテーマである「スライスとフラットの使い分け」が大きな要素になっていると思います。

スライスで相手に圧迫感を与えて、ネット際ではしっかりフラット気味のショットも使って決めきれる。

このメリハリをポジションごとに正確に判断、実行できる選手、やっぱりネットプレー強いです。

 

テニスのダブルスの試合で必要な「スライスとフラットの2種類のボレー」は、ラケットヘッドの立て方で使い分けると便利です

 


 

■ネットから離れた場所ではスライスボレー、近いとフラットボレー

ポジションによって、求められるテクニックがテニスには違います。

なぜなら自分がボールを打った瞬間から守備が始まり、選択を間違えてしまうと相手から攻撃されやすい、つまりは自分自身を追い込んでいってしまう危険性があるからです。

スライス回転をしっかりかければ、スピードが落ちる分自分が構え直したりポジションの移動ができる。

さらに弾まないボールで相手にとっては打ち辛く、ベースライン上から打つには圧迫感を感じる、感じさせることで追い込むことができます。

逆にネット近くにいるのにスライスボレーを打ってしまうと、これはもったいない。

せっかく決めることができるのに、遅いボールを打つ必要はありませんよね?

グリップチェンジをしっかり行って、メリハリのあるプレーが出来てこそ、本物のネットプレーヤーです。

 

■ラケットヘッドを立てたフラットボレー、少し寝かせたスライスボレーを使い分ける

ではこの2種類をどう打ち分けるのが良いのでしょうか。

色々とコツはありますが、その一つはラケットヘッドの位置。

ラケットヘッドを立てる、つまり手首とラケットの角度が90度に近い形になると、ボールに回転をかけやすいボレーになります。

逆に寝かせて手首との角度が180度に近い感じになると、フラットボレーになりやすい。

フラットボレーは、ボレーですがラケットを振る動作も入ったほうが良いでしょう。

細かい部分はグリップで調整が可能ですので、2種類のボレーをぜひ研究してみて下さい。

■スライスボレーはしっかり横向き、フラットボレーは少し正面向きで安定感アップ

身体の向きにも、注意しましょう。

スライスボレーはしっかり横向きで態勢を作って、フラットボレーは少し身体が開いたほうがリラックスして打ちやすい。

もちろん両方のボレーに、共に丁寧さは不可欠です。

フラット系ボレーはネットタッチにも注意が必要。

せっかくのチャンスをネットタッチの反則で失うこと程、もったいないテニスはありません。

 

学生の皆さんの多くは、「ボレーはネット近くで決めきるもの!」というイメージが強いと思います。

その為には、スライスボレーでチャンスを引き出すアイデアが必要。

スライスをしっかりかけたボレー、しっかり打てる中学生・高校生プレイヤーは本当に少ない。

少ないからこそ、希少なので価値が有り、相手も嫌なはず。

来年はその希少なプレイヤーに、アナタ自身なってみませんか?

ピックアップ記事

  1. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  2. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  3. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  4. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  5. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く

関連記事

  1. テニス ダブルス
  2. ボレー

    フォアハンドのボレーで、「スライス回転をかけたいから手首でこね回してしまう」人の改善策について

    フォアハンドのボレー、実は「苦手」って言える人は少ないんじゃないでしょ…

  3. ボレー

    「絶滅危惧種を救え!」テニスにおけるネットプレイヤーの未来

    ウィンブルドンとワールドカップ、同じ時期に開催されると面倒くさい。…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    前衛で動きまくった後は、「動かないこと」が最高のフェイントになる

    「とにかく、前衛では動きましょう!」と、何度も書いて来ました。…

  5. テニス 技術
  6. テニス ボレー

    ボレー

    片手バックボレー、左手の形をキープして安定感アップ!

    バックハンドボレー、しっかり打てるとカッコいいですよね。試合で…

特集記事

  1. ストローク

    「ビビった時は・・・」テニスの試合で緊張する場面のストロークで意識することとは?…
  2. テニス 打点

    ストローク

    「厚いグリップだと、どうなるの?」現代のテニスのストロークにおける基本を考えてみ…
  3. テニス フットワーク

    ストローク

    サイドスライスで相手を走らせれば、楽にポイントを取れる
  4. テニス テニスノート

    戦術

    テニスでも自分に1本の軸が出来れば、「被害妄想意識」は消える
  5. テニス メンタル

    メンタル

    自分が何をしたいかよりも、「何を求められているか」について考えれば、まだまだテニ…
PAGE TOP