テニス ダブルス

ダブルス

ダブルスの並行陣のメリットは、「相手に打つところが無い」という光景を見せられる点が一番

高校生の方から、こんな質問を頂きました。

「ダブルスで2人が前の並行陣にトライしたいけど、メリットが分からない」

確かにストロークが全盛期の今、ネットプレー自体にすごく勇気が要りますよね。

しっかり低いローボレーも求められるし、スマッシュも対応しないといけない。

だからこそ、しっかり相手にとって「脅威」になるには何か納得できる理由が欲しい。

そんな疑問に、お答えします。

 

ダブルスの並行陣のメリットは、「相手に打つところが無い」という光景を見せられる点が一番

 


 

■自分だったら、どんなシチュエーションが嫌か?

ダブルスの試合、アナタだったらどんなシチュエーションが嫌ですか?

私は、「もう打つところが無い・・・!」と思うのが、一番嫌。

そんなことを気にしながら打っても、絶対に良いボールは打てないですよね。

ではそれは、どういうときに感じることがあるか・・・と言えば、手堅いボレーの選手が前に2人いる、というときです。

 

■並行陣は、攻撃において即効型ではありません

よく並行陣は、即効型と勘違いされます。

サーブ&ボレーで果敢に前に出て、パチーンと決める・・・なんて、実際にはほとんど無い。

むしろ相手をジワジワ追い込んで、駆け引きとポジショニングでしっかりポイントを重ねていくペアが強い。

女子ダブルスであれば、後ろでスマッシュをしっかり打てるような、絶妙なポジショニングに立ってコートカバーをしているはず。

よく観察してみると、女性で脚力に不安がある人は並行陣でも少し後ろ目に守っています。

一言で並行陣、と言ってもしっかりメリットを活かす、弱点をカバーするには微調整が必要です。

 

■手堅いボレーをアピールすれば、それは最大の武器になる

2人並んで、ネットプレーでもしぶとく返球する。

前衛と後衛で前後差を付けて、しっかり後衛がロブもケア出来ると、並行陣は強い。

相手にとってみれば、「打つところが無い・・・」という感覚を持ってくれるはずです。

ここで簡単にボレーをミスしていたり、ロブを落として下がってしまったりしていると、相手は余裕を持ってしまいます。

余裕を持たれたら、良い攻撃をされる。

並行陣こそ手堅さ、しっかりつなぐボレーを基準にプレーできるようにしていきましょう!

 

並行陣は、学生の皆さんにもチャレンジして欲しいですが、やはり一般の方には絶対オススメ。

脚力が衰えると、自然に前方向へのダッシュが難しく、並行陣でなければコートカバーリングが難しくなります。

テニススクールでは中級クラスくらいから習うこの陣形ですが、ぜひその「メリット」についても把握しておきましょう。

試合に強い並行陣、そこには理解と粘りが不可欠です!

ピックアップ記事

  1. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  2. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  3. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  4. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  5. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道

関連記事

  1. ダブルス

    リターンゲームで、ストレートへ打つタイミングは?

    私は何度も、「リターンからストレートへの展開」が重要と書いて来ました…

  2. ダブルス

    前に入ってストレートアタック が有効な理由

    ダブルスのリターンで、前に入ると良いことがあるそれは、相手前衛…

  3. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合、「自分がミスして終わりたくない」のは、テニススクール生の性

    女子ダブルスの試合、観ていると気付くことがあります。「あ、この…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「しまった・・・出れた・・・」と思った相手前衛の顔を見逃すな!

    ダブルスの試合、強い選手はストレートアタックが上手い。相手がポ…

  5. ダブルス

    後衛同士のラリーが速くて、「ポーチに出れない・・・」という方へ

    ダブルスの試合で、後衛同士のラリーが速いとき。「これは、邪魔出…

  6. テニス メンタル

    ダブルス

    試合中にミスを続けるダブルスペアに、「どういう言葉をかけることが出来るのか?」を考えよう

    ダブルスの試合、ペアのミスがどうにも止まらない。そんなときに、…

特集記事

  1. テニス イベント

    戦術

    最低限の試合が出来る、テニス選手になろうよ
  2. 日々の雑記

    私たちのテニスは、右脳的に
  3. その他

    テニスとクラウドファウンディングについて
  4. ストローク

    ストロークのクロスラリーが続かない、とお悩みの方に
  5. テニス テイクバック

    ストローク

    「相手ボールのアウトを期待」していると、一生ストロークのテイクバックは改善されま…
PAGE TOP