テニス スライス

ボレー

ネットに詰めたときのポーチで、「ネットすれすれの低いボールが来たとき」には、慌てず低い態勢に自分がなる!

テニスの試合で勝つのに必要な要素、たくさんありますが大事なのは想像力。

「こんなボールが来るだろう」ではなく、「こんなボールが、来るかも知れない」と、用心深くなっておいて損は無い。

交通安全の標語みたいですが、想像力が無い人は、自分の想定が甘いのでちょっとした変化ですぐに崩れていきます。

例えば前衛にいるときのネットプレー。

ポーチに出ても、必ずそのボールでチャンスが来るとは限りません。

 

ネットに詰めたときのポーチで、「ネットすれすれの低いボールが来たとき」には、慌てず低い態勢に自分がなる!

 


 

■そんな腰が高くて、低いボールが来たらどうするの?

ポーチボレーは自分も動いてネットに詰める動き。

その為、かなり意識しないと腰の位置は高い状態になりがちです。

相手のボールが高ければそれでも良いときもありますが、上級者のストロークはそんなに甘く無い。

沈めるように低いボールが来ることも多いですよね。

それでもポーチに出ると決めたら、もうしっかり触るしか道は無い。

さぁ、必要なのは・・・?

そう、アナタ自身の低い態勢です。

 

■顔とラケットの位置を近くすれば、自然に低い態勢になりやすい

膝を曲げたり、目線を落とすことも重要ですが、試合ではもっと「分かりやすい言葉」にしておくと良い。

ラケットに顔をしっかり近づけることを意識すると、自然に自分も低い態勢になれます。

ハイボレーでも、膝を曲げてあまり打点が顔と遠くなり過ぎないくらいが安定します。

当然ラケットの真ん中にも当たりやすくなりますし、成功率もアップするでしょう。

低く低く・・・だけの意識だと、どうしても実践するのが難しい。

具体的な例に置き換えて、自分の中でストックしておきましょう。

■「速いボール」への恐怖心も無くなります

顔とラケットを近づけることに慣れると、速いボールにも強くなる。

つい速いボールには、「腕を伸ばしてラケットだけ出す」みたいなケースも多いですよね?

女性の方は特に、「当たったら痛そう・・・」という恐怖心が先に立つ。

でも大丈夫です。

そんなに当たらないですし、むしろしっかりボールを見て近付いた方が安全。

避けよう避けようとしないで、向かっていくくらいの意識で今回のポイントを実践してみて下さい。

きっと、世界が変わります!

 

ネット近くでの低い態勢は、上級者には必須の項目です。

高い打点で打つだけがポーチボレーでは無い。

そのことだけは常に意識して、自分が動いていくときに想像の幅を拡げておく。

それだけできっと、返球出来るボールはかなり増えるはずです。

ぜひ、試してみてください!

ピックアップ記事

  1. + POWER CUP について
  2. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  3. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  4. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  5. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    「バックボレーが決まらない」なら、改革が必要

    男性の方でも女性の方でも、バックボレーの決定力、課題じゃないでしょう…

  2. ボレー

    ボレーが軽いのは、打点が遠いから

    ただ当てて返すだけのボレーだと、試合で厳しくなる。でも強打し…

  3. テニス ダブルス

    ボレー

    テニスのダブルスの試合で必要な「ポーチでポイントに繋げる為に必要な意識」5つ

    強いダブルスペアはポーチに積極的で、しっかりポイントに繋げていく。…

  4. テニス ストローク

    ボレー

    ポーチに出ること、自体でまずは大成功

    ダブルスの試合、どんどんこれ、やっていきましょう。ポーチに出る…

  5. ボレー

    「試合が強い選手のボレーボレー」練習は、ココが違う!4つのポイント

    普段、ウォーミングアップのときにやる機会も多いボレーボレー。お…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    テニス選手にも必要な柔軟性は、ローボレーのような球際にこそ活かされる

    テニスに柔軟性は、必要か?というご質問を、たまに頂きます。…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    ベースライン上でプレーするアグレッシブな相手には、ムーンボールを深く打ってみよう…
  2. テニス トレーニング

    その他

    「俺はムキムキだぜ。」テニス選手でも陥るトレーニング中毒に注意!
  3. ストローク

    ストロークのテイクバックは2段階、でいこう!
  4. ダブルス

    雁行陣の前衛に必要な、洞察力について
  5. テニス シングルス

    シングルス

    シングルスの試合でのサーブ&ボレーは、〇〇だけでシンプルに完成する
PAGE TOP