テニス メンタル

シングルス

シングルスの試合で、「ポイント間に自分と会話する」ことが出来ると、メンタル面が安定します

シングルスの試合について、よく「メンタルが弱いのですが、何か対策はありますか・・・?」という質問を頂きます。

アンケートでご回答頂いた方の中にも、数名いらっしゃいました。

これはテニスをやるうえで本当に難しいテーマですが、試合に勝つにはしっかり意識を高く、何かを変えていきたい。

まずは難しく考えず、誰でもできそうな「自分との会話」について。

試合で結果を残している選手は、無意識にこういうのを上手くやってます。

 

シングルスの試合で、「ポイント間に自分と会話する」ことが出来ると、メンタル面が安定します

 


 

■「今日の自分、いつも通り?どこか違う?」

最初のウォーミングアップ、試合前の体調を感じるところから、自分に問いかけてみましょう。

「試合に臨むモチベーションはどうなのか?」

「身体は重い?痛いところは無いか?」

「昨日の練習で、入らなかったサーブを不安に思っていないか・・・?」など、自分に嘘をつく必要はありません。

問いかけてみて、さてどうしようと。

万全の形で試合に臨めるなんて考えは捨てて、今ある自分を客観視していくところからスタートです。

 

■対戦相手について、「自分対自分」で議論してみる

今日の相手は、どんな感じかな・・・というのを、漠然と観察するのではなく、ちょっと自分と会話形式で進めてみましょう。

「きっとこの相手、ボレー得意だよな・・・さっき前に出てきたし。でもフットワークは重そうだったね、きっとポジショニングに迷いがあるかも・・・」

なんて感じで、ざっくりとでOKです。

速く試合を進める必要は無く、ポイント間で何か「言葉」にして確認することが大事です。

具体的な表現にすることで、きっと打開策や作戦も見えてくる。

この癖を付けておけば、試合ももっと楽しくなると思います。

 

■試合で追い込まれたときこそ、テニスでは自分との会話が大事!

「いやー、今が一番キツイね、俺・・・」みたいな会話、自分の中で出来ていれば、少し気持ちも楽になりませんか?

メンタルが強い、弱い、という部分って、つまりは状況をしっかり把握してコントロール出来るかどうか。

キツイ部分は、キツイと受け入れる。

そこからどうしていくかを、自分自身と相談して決める。

試合中は一人であるようで、実は一人じゃない。

「そんなの暗示じゃない?」と思った方、もっと自分を信じてみましょう。

 

テニスの試合では、上手くいかない状況や負けているときこそ、逆にチャンス。

自分としっかり会話して結論が出れば、迷いの無いプレーで反撃することが出来ます。

大抵試合で負けるときは、自分の中で何か「迷い」があって、それを引きずっているときじゃないですか?

試合中でも、まだ間に合います!

自分の一番の理解者は、自分。

少し試合の中で、意識してやってみて下さい。

ピックアップ記事

  1. メルマガ配信、登録を開始します!
  2. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  3. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  4. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  5. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品

関連記事

  1. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合で、「自分がサーブのとき、0-40になってしまった・・・」ときに必要な考えとは?

    試合のシチュエーションを考えながら、日々練習をすることはとても大切。…

  2. テニス フットワーク

    シングルス

    「走れないからシングルスには出ない」人ほど、ダブルスの試合も走れてない

    社会人、特に40代以上の方はほとんどがダブルスプレイヤー。試合…

  3. テニス シングルス

    シングルス

    シングルスの試合に出たいのに、「ダブルスの練習しか出来ない・・・」ときに意識したいこと

    シングルスの試合に出たいのに、チームの人数が多くてダブルスの練習しか出…

  4. テニス メンタル

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「ただひたすら、後ろで粘るだけの相手」に負けたくなければ、必要な4つの技…

    シングルスの試合、勝ち上がるには必ず超えないといけない壁が「シコラー相…

  5. テニス 打点

    シングルス

    テニスの練習で簡単に諦める人が、試合でボールを追える訳が無い

    試合は練習のように、練習は試合のように。と思っていても、なかな…

  6. テニス ストローク

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    「バックハンドストロークがしっかり当たらない・・・」人が見直したい4つのポイント…
  2. テニス ボレー

    リターン

    超スローサーブ、苦手にしてない?
  3. ストローク

    「ボレー対ストロークのラリー練習」を工夫して、ストロークの応用力を磨くメニューに…
  4. テニス 練習

    メンタル

    自分のテニスを見つめ直して「変えていく時期」は、多くの失敗を受け入れて我慢する時…
  5. リターン

    「レシーブ用ストローク」を自分なりにカスタマイズしてテニスの試合に挑もう!
PAGE TOP