テニス リターン

シングルス

シングルスには、前衛がいないという事実

シングルスの試合で、ストロークのミスが多い人。

どこかで、ダブルスのような低いストロークになっていないか、チェックが必要。

ダブルスの試合に出てばかりで、たまにシングルス・・・という方は、軌道をチェックしておかないとミスの元。

そもそも、みなさんストロークの軌道って・・・どうでしょうか?

 

シングルスには、前衛がいないという事実

 


 

1.試合に勝ちたいなら、上げなさい

ストロークの軌道、です。

どうもやはり、まだまだストロークの軌道が低い方が多い。

特にシングルスの試合では、相手に前衛がいる訳ではありませんからね。

ネットの2倍、いやそれ以上の高さ、でも良いくらい。

とにかく高い軌道、で回転量の多いスピン、のボールでストロークは展開していくのが基本です。

もう一度言います、相手の前衛はいません。

だからこそ、高い軌道で、ちょうど良いんです。

 

2.低く速い軌道のストロークは、ただカッコイイだけ

みなさんも、練習ではこれに憧れる。

「おぉーーー」となるのは、分かります。

でも、どうでしょう。

低くて速いストロークは、試合では全く使えない。

ミスも多いし、相手も実は、打ち返しやすい。

高い軌道のストロークは、高く弾むし安定感がある、深く入る。

高い軌道のストロークって、それだけでプレッシャーがあるボールなんですよね。

 

3.相手に圧力のあるストローク、になっているのかどうか

回転量が多くて、高い軌道のストローク。

これを、アナタ自身相手から打たれたらどうでしょう?

かなり、圧力を感じて、プレッシャーになりますよね。

バウンドさせても・・・自分が下がるしかないし、とはいえ、ライジングではタイミングを取り辛い。

こういうボールこそ、シングルスで必要だと思いませんか?

私がお勧めなのは、まずバックハンド。

この軌道を思いっきり上げて、クロスにしっかり振り切る。

このショットこそ、アナタのシングルスの主軸になるショットになるはずです。

 

4.とにかく軌道高く、振り切ってコーナーを狙う

バックハンドストローク、しっかりとクロスに振り切る。

コーナーを狙って、アウトしても良いくらいで打つ。

軌道は高く、ネットの2メートル上を狙って、しっかり振り切る。

私は片手バックハンドストローク、ですが、片手の方もこのショットを練習しておくとシングルスは強いですよ。

高い軌道でも、しっかり振り切れば入ります、一番距離が長く取れるコースですから。

ぜひ、意識して練習してみて下さい。

 

何か、ストロークで軸となるショットが欲しい。

となれば、この軌道高めのバックハンドのクロス、しかないでしょう。

もちろんフォアハンドでも良いですが、狙いは相手のバックハンドに置きたいところ。

だからこそ、クロスで打つ、このコースが使えるんです。

相手コートに前衛はいない、だったらしっかり、高い軌道のストロークでいきましょう!

ピックアップ記事

  1. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  2. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  3. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  4. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  5. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー

関連記事

  1. テニス スポーツ

    シングルス

    シングルスの試合では「自分の事より相手の事」をしっかり意識して、試合に勝つ

    どんなにたくさん試合経験を積んでも、シングルスの試合はやっぱり緊張しが…

  2. シングルス

    シングルスの試合で、アウトミスを減らす簡単な方法

    シングルスの試合での失点、どんなミスが多いでしょうか。アウト、…

  3. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合で「お互いにブレーク合戦」になったときに、意識したいポイントとは?

    テニスの試合では、ブレーク合戦になることが多々あります。プロ選…

  4. テニス サーブ

    シングルス

    シングルスの試合で「どこに打って攻撃して良いか、イメージが湧かない」人がまず実践したい3つのこと

    ダブルスの試合はプレーするけど、シングルスの試合はほとんどやらない、と…

  5. シングルス

    「アナタとラリーを続けたい」精神で

    試合で安定した成績を残すために、必要な意識。対戦相手も、試合…

  6. テニス フットワーク

    シングルス

    レベルの高いシングルスの試合では試してみたい、「ドロップボレー誘導作戦」とは?

    ネットに出て行ってドロップボレーをよく使う。どういう時にドロッ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ストローク

    リターン

    「死んだようなサーブ」をリターンミスする人の特徴5つ
  2. テニス 練習メニュー

    練習メニュー

    リターンダッシュの駆け引きを身に付ける、実戦的な練習メニュー
  3. シングルス

    シングルスの試合で「相手を後ろに下げるストローク」が打てたときには、迷わず前に詰…
  4. テニス スライス

    ボレー

    駆け抜けながらのボレーは、シンプルにラケット面作りだけ
  5. テニス フットワーク

    フットワーク

    ラケットを先に出すと、人は走れない
PAGE TOP