テニス ドロップショット

ストローク

バックハンドがいつも浅くなる人が、見直したいストローク5つの基本

試合の中で、バックハンドに苦手意識がある人は多いですよね。

なぜか浅くなる、そこから攻撃されるから苦手意識、が付いてしまっている可能性が高い。

そんな人は、しっかり深く打つための基本、から見直していきましょう。

きっと小さいところから変えていくだけで、苦手意識も変わってくるはずですよ。

 

バックハンドがいつも浅くなる人が、見直したいストローク5つの基本

 


 

1.高い軌道で打ってみる

ストロークを、もっと高い軌道にしてみる。

テニスは、高い軌道で打ったら反則というルールはありません。

自分が戻る時間も稼げるし、しっかりリズムを作ることが出来る。

ただし、この高い軌道を打つためにスウィングを止めるのは間違い。

しっかり下から上に振り切って、回転をかけていくイメージでいきましょう!

 

2.回転量を増やしてみる

これが、まず初心者から中級者へのステップ。

しっかりスピン回転を、ボールに与えて回転量を増やしていく。

ボールが縦に変化していくので、相手のコート、ベースライン手前で変化してインになる、のが安定した深いストロークになる。

ラケットを持つグリップ、周りでスピン回転を打っている人と自分を、比べてみましょう。

打点も前、速い準備で打てるようになればきっと良い回転がかかって深く打てる、ようになるはずです。

 

3.早い準備で打点を前にする

ストロークが浅くなるときに、打点が後ろでどこかビビったような感じ、になっている人も多い。

速い準備で、しっかり打点を前、の基本を見直せばきっと変わっていく。

この意識だけで、確実にストロークはよくなります。

アナタが思っているよりずっと、「自分の準備は遅い!」と自覚しておくこと。

速くテイクバック、準備するだけで、絶対にストロークに深さは出ます!

 

4.両手バックハンドは上側の腕で押していく

両手バックハンドストローク、をしっかり前に押していく。

その為には、上側の腕を前に前に、しっかり出していくことが大事。

どうしても、利き腕手動になってしまうのが両手バックハンド。

それよりも、利き腕じゃない方の腕をしっかり押していく。

 

5.クロス方向へアウトしても良いつもりで

ストローク、実際の試合ではクロスに打つ機会が多い。

シングルスでも、ダブルスでも。

そしてこのクロス方向のコースは、テニスで一番「長い」ということを、意識したい。

長く打っても、そうアウトはしない。

そう考えておくと、すごく楽じゃないですか?

しっかり振り切れば、深く入って相手の脅威、になってくれるでしょう。

 

バックハンドは、とにかく大きく高く、振り切ること。

しっかり意識の準備をしておけば、試合でも緊張せず振り切れるでしょう。

相手から攻撃される、のはバックハンド。

そこの対策、しっかり準備しておきましょう!

ピックアップ記事

  1. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  2. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  3. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  4. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  5. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える

関連記事

  1. テニス ボレー
  2. ストローク

    ストロークで深さを出したいなら、「軌道の頂点」はネット上より相手寄り

    深いストロークを打とうと思っても、浅くなってしまう。試合で相手…

  3. ストローク

    「意外と難しい、高い打点のストローク」をテニスの試合で克服するために

    ストロークで粘る事が出来ないと、シングルスの試合で勝つことは難しい。…

  4. ストローク

    「ロブで抜かれても諦めない!」テニスの試合で後ろ向きから返球するコツとは?

    テニスの試合の中で、ネットに詰めてロブで抜かれる・・・ということ、あり…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合、「緊張する場面でストロークでコントロールが悪い人」は、肘の位置を修正するとコンパクトに…

    試合の緊張する場面では、ストロークが急に崩れてしまったりしてパニックに…

  6. テニス ボレー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 打点

    その他

    遠くへの球出しのコツは、ラケットをしっかり後ろにセットすること
  2. テニス ストローク

    ストローク

    意外と打つ機会が多い、ネットに出たけどワンバウンドさせての処理について
  3. テニス 戦術

    戦術

    試合に強いテニス選手は、どこかで「一貫性」を持っている
  4. 練習メニュー

    テニスの試合に勝てる頭の回転が速い人は、「練習から優先順位」を付けている
  5. テニス ストローク

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「自分の得意なパターンで攻撃していく」ために大切な4…
PAGE TOP