テニス ストローク

ストローク

速い展開でバックハンドストロークを打たされると弱い、という悩みはどうすれば解消出来る?

皆さんから頂くお悩みで、最も多い部類に入るのがこの問題。

バックハンドに速いボールを打たれると、どうしようもなくなってしまう・・・という方、多いようです。

確かに、一番やられそうなパターンですよね。

ここは、具体策で今の実力、でカバー出来る方法を探してみましょう。

 

速い展開でバックハンドストロークを打たされると弱い、という悩みはどうすれば解消出来る?

 

■なぜバックハンドを恐れてしまうのか?

まずは苦手意識、でしょうか。

バックハンドストロークに自信が無いと、ボールが飛んで来ただけで慌ててしまう方が多いはず。

私からの提案は、頭の中を7:3くらいでバックハンド側で待つ、ということ。

それも、シングルスではコートの真ん中には立たない、あくまでフォアハンド側を少し空けておいて待っている状態で・・・それでもバックハンド側を打たれること、を想定しておく。

つまり、めちゃくちゃバックハンド警戒モード、で試合を行うということです。

これくらいの覚悟、があればまず振り遅れる、準備が遅れる、ということは無いはず。

まずはしっかり頭とポジションをバックハンドケア、に寄せてみましょう。

 

■バックハンドストロークでしっかり、スピン回転を打てているのか?

ここでもう一つ、確認です。

アナタのバックハンドはしっかり、スピン回転でストロークを打てているでしょうか?

両手打ちの方、は結構この回転の質が怪しい部分が多い。

回転量があるボールを打てる人は、相手から速いボールを打たれても「ラケットを振り切って」返球することが出来る。

合わせるだけの怪しいフラット、しか打てない人は、速いショットを打たれると弾かれてしまう。

ドキッとした方は、バックハンドストロークのグリップと打点、から考え直してみることをお勧めします。

ポイントは、右利きの人であれば右手のグリップ。

テイクバックでしっかりラケット面が外を向く、自分の横を通過するときにはラケット面が下を向いて前にフォロースルーが出ていく・・・くらい、ハッキリ回転をかけるようなショット、に変えていけるように練習してみましょう。

 

■返球するコースは、予め「相手のバックハンド側」と決めておこう

バックハンドを攻撃されて、辛い・・・人は、もう自分が返球するコース、決めておきましょう。

私はいつも、シングルスの試合ではバックハンドの厳しいボールは、相手のバックハンド側に深く返球!だけ決めています。

決めているから、迷いが無いし、無難なコースですからね。

態勢を立て直すことが出来る、のがクロスへの長く高い軌道の返球です。

まぁ、強い相手だとバレてしまうんですが・・・そうなったら、そうなったとき。

まずは相手の速いバック側への攻撃を防ぐ、ことが先決ですからね。

打つコースさえ決まっていれば、慌てる必要は無いし少し、余裕が生まれるはず。

相手のショットが速くても、バックハンドで処理出来るはずです!

 

気持ちで引かない準備、だけですね。

今のアナタの実力のベースアップも大事ですが、今ある技術でも間違いなくしっかり、対応出来るはず。

バックハンド側は、絶対に速い展開で攻撃される。

そう考えて、覚悟を決めて練習しましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  2. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的でオススメなテキスト5つ
  3. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  4. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  5. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    ドライブボレーは実は、並行陣を崩す最終兵器になる

    手堅い並行陣、をどう崩していくのか。ベテランプレイヤー、は本当…

  2. ストローク

    両手バックハンドストロークの弱点である、「低く短いボール」への対処法は基本を徹底しよう!

    バックハンドストロークを両手で打っている方は、硬式テニスには多いはず。…

  3. ストローク

    なぜ、ほとんどの人がストロークで「身体が開いてしまう」のかを解き明かす5つの理由

    「身体、開いてるよ!」と、ストロークのときに指摘される方。日本中に…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    攻撃にも守備にも適した、「セミオープンスタンス」でストローク戦で勝負していく為には?

    現代テニスでは、オープンスタンスが主流になりつつあります。錦織…

  5. テニス ロブ

    ストローク

    「ストロークをシュート回転させて相手のラケットの芯を外す」テクニックは近代テニスの試合では必須!

    最近のテニスの試合、特に錦織選手の試合を観ていて感じるのは、「ストロー…

特集記事

  1. ピラティスポール
  2. テニス 凌駕
  3. テニス サーブ
  4. テニス 水分補給
  5. テニス 暑さ対策
  1. テニス ストローク

    ロブ

    「リターンで、いきなりトップスピンロブ?」良い作戦じゃない!
  2. メンタル

    テニスの試合とはボールを打ち合うものではなく、主張と主張をぶつけ合うもの
  3. テニス ロブ

    ストローク

    ストロークでリラックスして打てない人は、「重力だけでラケットダウン」を実践してみ…
  4. テニス 準備

    ストローク

    どんなテニスの作戦も、基本は丁寧なプレーを一つ一つ繋げていくことが大事
  5. ストローク

    「速いサーブを打ち返せ」ビッグサーブ相手にしたときのテニスの試合で必要なリズム感…
PAGE TOP