テニス ストローク

ストローク

速い展開でバックハンドストロークを打たされると弱い、という悩みはどうすれば解消出来る?

皆さんから頂くお悩みで、最も多い部類に入るのがこの問題。

バックハンドに速いボールを打たれると、どうしようもなくなってしまう・・・という方、多いようです。

確かに、一番やられそうなパターンですよね。

ここは、具体策で今の実力、でカバー出来る方法を探してみましょう。

 

速い展開でバックハンドストロークを打たされると弱い、という悩みはどうすれば解消出来る?

 

■なぜバックハンドを恐れてしまうのか?

まずは苦手意識、でしょうか。

バックハンドストロークに自信が無いと、ボールが飛んで来ただけで慌ててしまう方が多いはず。

私からの提案は、頭の中を7:3くらいでバックハンド側で待つ、ということ。

それも、シングルスではコートの真ん中には立たない、あくまでフォアハンド側を少し空けておいて待っている状態で・・・それでもバックハンド側を打たれること、を想定しておく。

つまり、めちゃくちゃバックハンド警戒モード、で試合を行うということです。

これくらいの覚悟、があればまず振り遅れる、準備が遅れる、ということは無いはず。

まずはしっかり頭とポジションをバックハンドケア、に寄せてみましょう。

 

■バックハンドストロークでしっかり、スピン回転を打てているのか?

ここでもう一つ、確認です。

アナタのバックハンドはしっかり、スピン回転でストロークを打てているでしょうか?

両手打ちの方、は結構この回転の質が怪しい部分が多い。

回転量があるボールを打てる人は、相手から速いボールを打たれても「ラケットを振り切って」返球することが出来る。

合わせるだけの怪しいフラット、しか打てない人は、速いショットを打たれると弾かれてしまう。

ドキッとした方は、バックハンドストロークのグリップと打点、から考え直してみることをお勧めします。

ポイントは、右利きの人であれば右手のグリップ。

テイクバックでしっかりラケット面が外を向く、自分の横を通過するときにはラケット面が下を向いて前にフォロースルーが出ていく・・・くらい、ハッキリ回転をかけるようなショット、に変えていけるように練習してみましょう。

 

■返球するコースは、予め「相手のバックハンド側」と決めておこう

バックハンドを攻撃されて、辛い・・・人は、もう自分が返球するコース、決めておきましょう。

私はいつも、シングルスの試合ではバックハンドの厳しいボールは、相手のバックハンド側に深く返球!だけ決めています。

決めているから、迷いが無いし、無難なコースですからね。

態勢を立て直すことが出来る、のがクロスへの長く高い軌道の返球です。

まぁ、強い相手だとバレてしまうんですが・・・そうなったら、そうなったとき。

まずは相手の速いバック側への攻撃を防ぐ、ことが先決ですからね。

打つコースさえ決まっていれば、慌てる必要は無いし少し、余裕が生まれるはず。

相手のショットが速くても、バックハンドで処理出来るはずです!

 

気持ちで引かない準備、だけですね。

今のアナタの実力のベースアップも大事ですが、今ある技術でも間違いなくしっかり、対応出来るはず。

バックハンド側は、絶対に速い展開で攻撃される。

そう考えて、覚悟を決めて練習しましょう!

ピックアップ記事

  1. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  2. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  3. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  4. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  5. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ

関連記事

  1. ストローク

    ネットプレイヤー対策としての「浮かないスライス」は、ボールの下ではなく横を触って打とう!

    相手がネットに出て来たら、いつもパッシングショット狙い。これで…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    今年は「アグレッシブスライス」でいこう!

    これは、私自身のテーマでもあります。スライスの、パワーアップ。…

  3. ストローク

    相手に大きく走らされたときのストロークは、「意図的に重心低く」打点に入れば大丈夫!

    強い相手と対戦すると、前後左右に走る機会が多くなる。もはやこれ…

  4. テニス ロブ

    ストローク

    ロブがいつも甘くなる人は、「軌道の頂点をどこに置くか?」をまず考えて打てば攻撃的になる!

    アナタはまだ、きっと「ロブ」の本当の強さを知らない。私自身、1…

  5. テニス 粘り

    ストローク

    短く浅いボールが苦手な人は、ストローク時の「ポジション改革」が必要でしょう

    ストロークラリーの中で、浅いボールに苦手意識が強い方。こういう…

  6. ストローク

    スライスが苦手な人は、「ボールが当たる場所、解放していく」場所を作ってみよう

    スライス回転、ストロークでしっかりかかっていますか?「俺はスピ…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ドロップショット

    メンタル

    「打たれる」から「呼び込む」に意識の変えることでテニスは強くなる!
  2. テニス メンタル

    その他

    ポケモンGOの大流行を観て感じる、テニス選手としての考え方について
  3. テニス メンタル

    戦術

    試合中のプレーに波がある人は、「上の部分」を抑えてコントロールしていこう
  4. テニス ボレー

    ストローク

    ロブのコントロールを磨くには、「先に軌道をイメージして、乗せるだけ」の意識で練習…
  5. ストローク

    ショートクロスのストローク、打点さえつかめば難しくはない
PAGE TOP