テニス ラケット

ストローク

ストロークでラケットを振り切るコツは、「ラケットを振り切ろう」とは思わないこと

試合でストロークが振り切れない人。

モヤモヤして、精神的にも安定しない、結果的に試合で勝てない。

この「振り切れない問題」はどこから生まれてくるのか、について。

今回は、意識を置くポイントについて。

みなさん、「ラケットを振り切る」ことばかりに意識、がいっていませんか?

 

ストロークでラケットを振り切るコツは、「ラケットを振り切ろう」とは思わないこと

 


 

1.ラケットは、結果的に「振り切れる」もの

私はこう考えるようにしています。

ラケットは、結果的に振り切れる。

つまり、ラケットを自分で大きく振り切っている意識、なんてない。

だって、それって大変じゃないですか?試合で。

毎回毎回、必死でラケットを動かす、それも自分の背中に当たるくらいまで、しっかり振り切る。

そして振り切ったと思ったら、また次の構え。

こんなの、続かないです、実際。

自分がどこに意識を置くのか、集中力を使うのか。

私は、自分の腕のフィニッシュポイントだけ、意識しています。

 

2.どこに腕を収めるのか、だけ意識する

私は、ストロークでこれを意識しています。

利き腕でラケットを持っているなら、その腕が、最後にどこに来るのか。

私の場合、右肘が顔の前、手首が左肩の下あたり。

そこまで動かせば、ラケットは自然に「振り切れている」状態。

ダラーンと、左腕近くに垂れているのが、私の中での「フォアハンドを振り切れた状態」です。

腕のフィニッシュポイントだけ意識して、「ここまで動かすんだ」と考えておく。

ラケットは、その腕につられて動くだけ。

こう考えると、すごくストロークも振り切りやすいですよ。

 

3.ラケットを動かそうとすると、力が入ってばかり

グリップを強く握って、強く動かそうとしても・・・難しい。

ストロークの切れ味、増すどころか減っていきます。

もっと、腕だけを動かしてラケットは自然に任せる。

その方が、ラケットやガットの性能を発揮してくれて、良いストロークが打てるようになるでしょう。

まさに、鞭、みたいな感じですね。

腕をしっかり速く動かせば、ラケットは自然についてくる。

もっとこの動きを、信頼して任せてみると良いでしょう。

力も使わない、良いストロークになるはずです。

 



 

4.緊張した場面でも、腕をフィニッシュまで動かすだけに集中する

やることは変わらない、です。

試合の中で緊張した場面でも、腕をしっかり、決まった場所まで動かすだけ。

打点を意識し過ぎない、そのスウィングの中に自然にボールが入って来る。

そう考えると、緊張するのもバカらしくなりますよ。

ラケットを動かそうと思うと、「しっかり当てなきゃ・・・」となって、ビビッてしまう。

振り切れないで、モヤモヤして終わりじゃないですか?

大事な場面こそ、腕のフィニッシュポイントを意識する。

ぜひ、素振りで自分自身で、確認してみて下さい。

 

一人でも出来る素振り、この確認が大事ですよ。

ストロークで、フィニッシュポイントを作る。

その軌道の中に、ボールを入れる為にフットワークがある。

収まる場所、を作るから、打ち初めと打ち終わり、の間で切れ味が生まれるんです。

ストロークの安定感と切れ味、もっともっと、磨いていきましょう!

ピックアップ記事

  1. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  2. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  3. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  4. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  5. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    ストローク戦で相手のボールに押されていると感じるのは、「自分の打つ場所と打点がギリギリまで決まらない…

    ストロークの打ち合いの中で、自信が持てない、相手のボールに押されてしま…

  2. ストローク

    「ビビった時は・・・」テニスの試合で緊張する場面のストロークで意識することとは?

    ドリル練習を行う時、ディフェンスで繋ぐストロークと、チャンスボールを打…

  3. ストローク

    「守りから攻撃、切り替え要注意ポイント」テニスの試合では常に自分の軸足をチェックすること

    テニスの試合を何度も経験していると、勝つためにはまず何が必要か見えて来…

  4. テニス ストローク
  5. テニス ストローク

    ストローク

    フォアハンドの回り込みストロークは、「しっかり高い起動」で大きく打つと相手を押し込める!

    フォアハンドストロークの回り込み、を武器にしている選手は多い。…

  6. テニス メンタル

    ストローク

    ネットミス、アウトミスを減らすストロークの大原則

    シングルスでもダブルスでも、試合で熱くなるとつい忘れがちなこと。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 序盤

    ストローク

    試合で緊張してプレーが堅くなる人は、「ネットミスから減らすこと」に最善を尽くそう…
  2. ストローク

    スライスが苦手な人は、「ボールが当たる場所、解放していく」場所を作ってみよう
  3. 戦術

    チャンスをいかに決めるか、の前にチャンスを数多く作ろう
  4. テニス メンタル

    メンタル

    一緒にテニスをしていて、「この人、ちょっとやりにくいな‥」と思う人こそ大事にした…
  5. テニス メンタル

    ダブルス

    「サーバーにプレッシャーをかけようとして」味方のリターンの邪魔になる動きは無意味…
PAGE TOP